*

デザインソーラーパネル導入事例の紹介

公開日: : 最終更新日:2018/12/21 会社紹介, 看板ニュース


クリニック看板


長野県にある、い内科クリニック様の看板に太陽電池内蔵コードレスLED表示板「デザインソーラーパネル」をご導入いただきました。

以前に使用していた看板のリニューアルを行うにあたって、夜間帯にも看板を確認することができるように内照式看板の採用をご検討頂いていました。病院や診療所は公共性が高く、日頃からその所在地を住民の方々に知っておいてもらうことが地域医療には欠かせません。

デザインソーラーパネルは太陽光発電により自ら電力を生成するため、電気工事を新たに施すことなく内照式看板の導入が可能という特徴をもちます。電気設備の整備が困難な場所でも簡単に設置でき、煩雑な工事手続きや作業も一切不要です。

 
ソーラーパネルが看板に内蔵された独自構造となっています。日中に太陽光を浴びて電力を発電し、夜間に照明を照らし出します。表示板を大型看板に組み込む形で、クリニック様の名称を夜間に発光させています。こうすることで製品サイズを抑えてコストを削減しながら、効率良く視認性の向上を実現できます。

スタンド型避難標識

 
奈良県北葛城郡の南東部に位置する広陵町は、奈良県下の町のなかで最も人口が多く、巣山古墳や讃岐神社があることでも有名です。歴史的な建造物と閑静な街並みが融和した、美しい景観が特徴的です。

地理上、内陸部のため津波の心配はありませんが、地震や二次災害(火災など)による被害から住民や観光客の方々を守るための「避難所」へ誘導する案内として、スタンド型のデザインソーラーパネルを導入いただきました。

日中、太陽光による発電した電力を蓄えて、夜間に照明を点灯します。ピクトサインと案内板用のライトが発光し、分かりやすく適切な避難情報の発信が可能です。夜間帯に停電が発生した際にも活躍します。

避難標識1

55
東広島市は広島県の中央部に位置しており、日本酒の生産地としても有名な学園都市です。 広島県は花崗岩が広く分布しているため、風化が進んだ地盤では豪雨・台風の発生時に土砂災害へと繋がる危険性があり、早期避難が重要となります。

56
大雨による浸水や土石流、がけ崩れといった災害時における広域避難場所を示すサインとしてデザインソーラーパネル避難標識を導入いただきました。広域避難場所は自治体が指定している避難場所であり、学校や公園など大人数の収容が可能なスペースとなっています。

57
デザインソーラーパネルは、日中の太陽光を受けることで発電し、夜間に標識を発光させるという特徴があります。広域避難場所であることを標識情報として発信し、昼夜を問わず平常時からの防災意識を高めます。

58
大雨による災害では停電や漏電が発生しやすくなります。電力供給がストップした場合は街灯なども点灯せず、夜間の避難行動は危険を伴います。そうした中で、外部電源を要することなく光る標識の存在は避難場所を分かりやすく示し、円滑な行動をサポートします。

避難標識2

20161107-%e9%81%bf%e9%9b%a3%e6%a8%99%e8%ad%98
千葉県にある匝瑳市は、植木の産地としても非常に有名であり、田園が広がる美しい風景をもつ町です。沿岸部に位置していることから、この度、住民やビジターの方々の安全を考慮し「津波避難タワー」の建設が行われました。当標識は、津波避難タワーへと誘導するための案内であり、矢印の方向に従って移動していただくことで迅速な避難活動を後押しします。

20161107-%e9%81%bf%e9%9b%a3%e6%a8%99%e8%ad%982
今回設置された標識は、津波避難タワーへと誘導するための案内板です。矢印の方向に従って移動していただくことで迅速な避難活動を後押しします。デザインソーラーパネルは、日中の太陽光を受けることで発電し、夜間に標識を発光させるという特徴があります。太陽電池を内蔵しているため、周囲の田園風景を損なうことなく、自然な設置が可能です。

避難標識3

IMG_3879
津波発生の危険がある場所であるため、避難場所や海抜の情報を示した標識となっています。夜間になると自動的に点灯する内照式タイプとなっており、写真のように晴れた日があれば太陽光発電の発電量も大きく、安定した照明の稼動が可能です。また、車道に面した位置に設置されるため、車での移動中や旅行者などにも避難場所が分かり易く、注意を喚起することができます。

避難標識4

IMG_0748
大阪府にある防災機能をもった公園に、避難標識を設置しました。

IMG_0929
夜間の様子です。日中の太陽光エネルギーを充電し、照明を点灯します。

DSP避難標識
避難タワーまでの道のりを表示し、誘導案内を行います。

避難誘導
当製品は夜間点灯用の電力を生成するためにソーラーパネルを使用していますが、ソーラーパネルは標識内部に組み込まれた構造となっているため、外部に露出することがありません。オールインワン構造のすっきりとした外観で、設置場所の景観を壊すことがないよう配慮しています。デザイン性を高めることにより街づくり・整備に貢献し、また住民の皆様の安全を守る役割を果たします。

銘板

IMG_0407
文字が書かれていている後ろの黒い面がソーラーパネルとなっています。日中に発電した電力は、写真のように「夜間の照明」に利用します。独立した発電方法となり、電気工事不要で導入いただけます。

20130729_153456  20130731_200125

S04立誠実業 無灯  S04立誠実業 点灯
環境に配慮しながらも単に電力を落とすのではなく、見る人の印象に残り、気持ちを前向きにさせるようなサイン創りを心掛けています。

スタンド付銘板

gunbe

太陽光を利用して自家発電を行い、夜間に灯すライトの動力を蓄えます。自然エネルギーを使用することで二酸化炭素の排出を制限する、地球環境に優しい銘板です。

関連記事

不動産看板(夜間発光時)

太陽電池内蔵コードレスLED表示板「デザインソーラーパネル」で、夜間帯の不動産看板の見え難さを改善

看板が夜に見えなくなってしまう 不動産看板とは、複合住宅の建設予定地や売物件、売地などの情報を発信す

記事を読む

防災サインスタンド(発光時)

デザインソーラーパネル アクリル彫刻と導光板の光り方の違い

電飾看板は街を歩いているだけで至る所に散見されますが、その構造はどのようになっているのでしょうか。商

記事を読む

津波避難場所案内図

災害・停電時に役立つ避難標識のご紹介

QRコード付きの避難標識 出典:東京新聞 館山市は、津波避難場所を知らせるQRコード表示付きの案

記事を読む

津波避難タワーまでの誘導案内

避難誘導看板 導入ストーリー(千葉県匝瑳市様)

千葉県匝瑳市様が避難誘導看板を導入するに至ったきっかけ 千葉県の沿岸部に位置するS市様。平成23年

記事を読む

LED表札(電源不要)

太陽電池内蔵の「コードレスLED表札」に新サイズが登場

エコフューチャー株式会社は、コードレスLED表札シリーズ「デザインソーラーパネル(以下、DSP)

記事を読む

水巻町様の施設誘導案内板としてデザインソーラーパネルを設置いただきました

エコフューチャー株式会社(宝塚市)は、福岡県水巻町様に、町内歴史資料館へと誘導を行う案

記事を読む

ソーラーパネルを内蔵したコードレスLED避難標識

避難標識を設置しました。

こんにちは、エコフューチャーです。 8月に入り日本各地で猛暑日が続いていますが、一方で関東や東北で

記事を読む

展示会の様子

危機管理産業展(RISCON)2017に出展します

エコフューチャー株式会社は、2017年10月11日(水)~13日(金)に、東京ビッグサイトにて開催さ

記事を読む

【2014年】防災・避難場所の設備とニュース

京都市、観光客向け避難場所の標識設置 京都市では、観光客向けに「避難場所の標識」を清水・祇園と嵯峨・

記事を読む

広域避難所の防災サイン

【防災サイン設置事例】 東広島市様のケース

防災サインの設置目的 避難場所であることを示す標識・看板・サインを設置すること 避難場所

記事を読む

  • DSPとは

    LEDライトパネル

    DSP避難標識
PAGE TOP ↑