エコフューチャー株式会社


 

【広島県東広島市様】避難標識の導入ストーリー

※画像をクリックしていただくと、動画が再生されます

 

目次

避難標識の設置目的

避難標識の設置目的

 

設置目的
 
内容
↑このページの先頭へ

広島県東広島市様の導入背景

避難サイン   発光式看板   防災案内
 
東広島市の地域ぐるみでの防災体制

東広島市は中国地方の広島県中央部に位置し、広島市や呉市、三原市、竹原市、呉市などに隣接する街です。人口動態をみると、昭和45年以降から増加傾向が継続しており、過去40年間で同市の人口は2倍にまで増加しています。また、東広島市は日本酒の製造でも兵庫県の灘や京都府の伏見と並び称されるほど有名です。毎年10月上旬には、20万人を超える人出でにぎわう日本酒のイベントも開催されています。


これらの点からみれば、地理的な理解度が低い転入者や観光客への災害対応の必要性があるといえます。しかし、必要な対策すべてを自治体、すなわち「公助」で実施することは財政面でも実行面でも現実的ではありません。


東広島市では、市民が「自らの安全は自らが守る」という自覚を持ち、平時から災害に対する備えを心がけるとともに、過去の災害から得られた教訓の伝承に努めることが重要との認識をもたれています。その結果として、災害時には自らの身を守るような行動を取ることができ、さらには防災活動への参加といった地域ぐるみでの安全対策が実現可能となります。

 

避難標識の整備

そうした中、自主的な避難活動を促進する取り組みの一環として、指定避難所への避難標識の設置が検討されました。防災情報に基づき、ひとりひとりの判断で避難行動を実行してもらうためです。また、避難標識の設置に関しては、以下の点から機材の検討が行われました。

 

製品の検討条件
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル避難標識による課題解決

デザインソーラーパネルとは

ソーラーLED避難標識の構造図

デザインソーラーパネルは、太陽電池を内部に搭載した「内照式の避難標識」です。電気工事や配線設備を施すことなく表示内容のライトアップが可能であり、夜間の視認性確保に役立ちます。東広島市様の状況をヒアリングした上で、当製品をご提案しました。市が抱える防災面の課題改善に貢献できると考えたのは以下の理由からです。

DSPとは
 
機能と構造
点灯の様子
 
照明により表示内容が発光
 
停電時でも発光し続ける機能
 
表示内容はオーダーメイドで制作
 
電池交換の簡易さ
↑このページの先頭へ

導入による効果

夜間の視認性を向上

 

指定避難場所であることがわかる
 
短期での導入を完了
 
多国語の表記
 
災害種別対応の表記
↑このページの先頭へ
避難標識の導入ストーリー
千葉県匝瑳市様
千葉県匝瑳市様
千葉県九十九里町様
千葉県九十九里町様
大阪市中央区様
大阪市中央区様
奈良県広陵町様
奈良県広陵町様
広島県東広島市様
広島県東広島市様
和歌山県御坊市様
和歌山県御坊市様
愛知県飛島村様
愛知県飛島村様
静岡県下田市様
静岡県下田市様
岩手県野田村様
岩手県野田村様
埼玉県狭山市様
埼玉県狭山市様
福岡県久留米市様
福岡県久留米市様
埼玉県川口市様
埼玉県川口市様
↑このページの先頭へ

メニュー

デザインソーラーパネル避難標識
に関するお問い合わせ
無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

↑このページの先頭へ