エコフューチャー株式会社


↑このページの先頭へ
 

屋外避難標識の比較

コードレスで光るLED避難標識

目次

 
製品特徴(メリット/デメリット)の比較

  • 「デザインソーラーパネル」と「従来より屋外で一般的に用いられている避難標識」との特徴を比較しています

  • このページでは、代表的な4種類の製品に関する長所・短所をまとめています

蓄光標識

 
デザインソーラーパネル
 
蓄光標識
一定の輝度で発光
時間の経過とともに輝度が低下
5〜6年に1度バッテリーの交換が必要
電気を使用しない
部品が故障した際には交換が必要
電子部品がなく故障率が低い
 
蓄光標識とは
 
特徴の比較

再帰反射サイン

デザインソーラーパネル標識
 
再帰反射サイン
 
デザインソーラーパネル
 
再帰反射サイン
LEDで発光する
反射材であり発光しない
およそ5〜6年に1度バッテリーの交換が必要
電気を使用しない
部品が故障した際には交換が必要
電子部品がなく故障率が低い
 
再帰反射サインとは
 
特徴の比較

ソーラー街灯

デザインソーラーパネル標識
 
ソーラー街灯
 
デザインソーラーパネル
 
ソーラー街灯
本体コスト:10万円〜
本体コスト:約50万円〜
施工コスト:約4万円〜
施工コスト:約40万円〜
バッテリー:市販品で数千円
バッテリー:専用品で数万円
誰でもバッテリーの交換が可能
バッテリーの交換は専門業者への依頼が必要
 
ソーラー街灯とは
 
特徴の比較
ソーラー標識
デザインソーラーパネル標識
 
ソーラー標識
 
デザインソーラーパネル
 
ソーラー標識
ソーラーパネル出力:24W
ソーラーパネル出力:4〜5W
バッテリー:市販品
バッテリー:専門品
バッテリー本体:数千円
バッテリー本体:1万円〜
誰でもバッテリーの交換が可能
バッテリーの交換は専門業者への依頼が必要
 
ソーラー標識とは
 
特徴の比較

メニュー

デザインソーラーパネル避難標識
に関するお問い合わせ
無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ