エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

ソーラー式屋外見守りシステム

屋外見守りシステム

目次

DSPと見守り 屋外見守りシステム ソリューション
 
デザインソーラーパネルと見守りシステム

太陽電池内蔵型表示板「デザインソーラーパネル(DSP)」が発電した電力を利用して、屋外見守りシステムにおける受信機や通信機器の消費電力を賄います。見守りシステムとは、社会問題となっている認知症高齢者の徘徊や子どもの連れ去り対策として、位置情報をリアルタイムで検知するサービスのことです。

 

お見積り・資料のご請求

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネルと見守りシステムの組み合わせ

デザインソーラーパネルと見守りシステムの組み合わせ

デザインソーラーパネルは、看板や標識といった街中でよく見られる表示板を「電力の供給源」として活用するための独自構造を備えています。蓄電したエネルギーで電子機器や通信システムを稼働させます。また、表示板に太陽電池を内蔵し、黒く機械的な外観を隠して設置場所の景観維持に貢献しています。

 

ソーラー式屋外見守りシステムのメリット
↑このページの先頭へ

屋外見守りシステム

ビーコンによる位置情報の取得
ビーコンによる位置情報の取得
屋外の見守りシステムには、ビーコン(Bluetoothによる通信)を用いた位置情報ソリューションが登場しています。ビーコンには発信機と受信機が必要であり、相互の通信距離(数十〜数百メートル程)の範囲内に入ることで電波をキャッチできます。見守りの対象となる高齢者や子どもがビーコンを所持している状態で町中に設置された受信機の付近を通ると、位置情報がクラウドやサーバーに送付されます。
 
屋外見守りシステムのポイント
屋外見守りシステムのポイント
見守りシステムの範囲を広く網羅するためには、位置情報サービスの受信機を各地に導入していく必要があります。そのため、コストを抑えながら「効率を重視した整備」が求められます。例えば、駅やバス停など公共交通機関を利用する際の出入り口となるスポットに導入することで、遠方へ移動した場合の追跡が可能となります。一方で、田畑の畦道や山林道などは特に電源の確保が困難であるケースが少なくありません。しかし、高齢者が多く住む地域である場合には対応が必要となります。
 
屋外での電源確保
屋外見守りシステムのポイント
屋外でビーコン受信機(通信機器を含む)を使用する場合、稼働のための電力が必要となります。通常は電気の引込みを行うため、施設の敷地内や電柱、街灯といった電源が備わっている場所を中心に設置が進められています。しかし、都市部・住宅街の電柱埋込地域や街灯が少ない田舎道、公園内など既存の方法だけではカバーしきれないエリアが発生しています。また、ビーコンは通信距離が比較的短いため、適切な位置に設置しなければシステムの効率が低下してしまいます。デザインソーラーパネルは太陽光発電を行うことにより単独で電力を確保できるため、ニッチのエリアに対応する見守りシステムの構築に役立ちます。
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル ソリューションのご提案

無線LAN
無線LANスポット
セキュリティカメラ
セキュリティカメラ
見守りシステム
見守りシステム
情報発信
情報発信
遭難防止システム
遭難防止システム
データ収集
データ収集
人感センサー
人感センサー
感震センサー
感震センサー

屋外見守りシステムに関するお問い合わせ

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

 

↑このページの先頭へ