エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページサインラボ ≫ ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

 
目次

対象と整備方法 原則 歴史とこれから メニュー
 
ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインとは、文化・言語・国籍・年齢・性別といった差異を問わずに利用できる施設や製品、情報発信の設計(デザイン)のことをいいます。ユニバーサルデザイン化を進めるためには、いくつかの条件を備えた環境整備が必要となります。このページでは、標識・看板といった「サイン類」に関するユニバーサルデザインと今後の整備について詳細にご紹介しています。

サイン分野におけるユニバーサルデザインの対象と整備方法

対象となる方
整備方法
目の不自由な人
触知情報や音声案内
高齢者
大きな文字の採用
高齢者
サインや周囲の明るさを保つ
高齢者
適切な色の組み合わせ
耳の不自由な人
電光掲示板の採用
車いす使用者
サインの設置位置
外国人
英文や図記号の採用

 

サイン分野におけるユニバーサルデザインとして、誰もが表示内容を正しく理解できるような創りが求められます。デザインには、JIS規格で定められた「ピクトグラム」を積極的に活用し、見やすいレイアウトや文字フォントの採用を行います。また、サイン自体の機能設計や周囲の環境整備が必要となる場合もあります。

 
バリアフリーとユニバーサルデザインの違い

バリアフリーとユニバーサルデザインの違い

「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」は、よく混同される事象です。その違いは、対象者の範囲にあります。バリアフリーは、一般的に障害者・高齢者といった社会生活に補助が必要となる方々のために設定されます。一方で、ユニバーサルデザインは国籍や性別といった区分までを想定した全ての人が対象となります。

↑このページの先頭へ

ユニバーサルデザインの原則

原則

ユニバーサルデザインには、あらゆる差異に拘わらずどんな人でも使いやすく理解ができるよう、以下のような原則が定められています。

  • 誰でも公平に利用することができる

  • 自由度が高く柔軟性がある

  • 使い方が簡単でわかりやすい

  • 必要な情報がすぐに分かる

  • ミスリードや危険につながらないデザインである

  • 身体的な負担が少なく、楽に利用できる

  • 接近や利用のためのサイズが適切である

看板や案内板といった表示ツールは、言葉がわからない外国人にとって重要な情報源となります。多言語表記だけでなく、ユニバーサルデザインを使用し、どんな人でも理解ができ、且つ適切な判断を下すことができるようにサポートが求められています。

 
ユニバーサルデザインの例

 

図記号で意味を捉えやすい「ピクトサイン」に加えて、各国の主要言語が記されています。日本では、併記される代表的な言語として使用頻度の高い「英語・中国語・韓国語」があり、日本語がわからない外国人へのフォローとして役立ちます。

↑このページの先頭へ

ユニバーサルデザインの歴史とこれから

ユニバーサルデザインは、障がい者の生活や権利を保証するべきとする「ノーマライゼーション」の概念をもつ社会的な取り組みとして誕生しました。1990年、アメリカでADA法(障害を持つアメリカ人法)が法制化されると、公共・商業サービスなどを中心として、建築物や商品といったハード面で対策が活発化しました。


例えば、バリアフリーの設備であるスロープや自動開閉門の設置はもちろんのこと、ランプメッセージ、音声案内、娯楽施設の座椅子の高さまで様々な場所に適応され、今でもその適用範囲は広がっています。


ハード面への対策が普及すると、次は人的サポートの促進が重視され、現在ではスタッフの教育・育成やコミュニケーションの活性化といったソフト面への適応が進められています。


日本では、観光事業の推進に向けた取り組みが加速しています。安全で安心な都市づくりを行っていくうえでユニバーサルデザインの幅広い導入は欠かすことができません。誰もが快適に過ごせる環境を整備し、その取り組みを日本中に広げていくことが求められています。

↑このページの先頭へ

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

ユニバーサルデザインに関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ