エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページサインラボ ≫ デジタルサイネージ

デジタルサイネージ

デジタルサイネージ

目次

看板のデジタル化 従来の看板との違い 普及と課題 メニュー
 
新しい広告媒体

デジタルサイネージは電子看板とも呼ばれ、デジタル技術を活用してディスプレイに情報を映し出す広告媒体です。商業施設や公共空間、交通機関など様々な場所で用いられており、広告の放映をはじめ、リアルタイム情報の発信やITシステムとの連携が可能です。今までになかった「サイン」の活用方法が広がっています。

看板のデジタル化

デジタルデータを用いることにより、従来の広告媒体にみられるような「不特定多数に同一内容をPRする」という方法とは異なり、特定のターゲットに対し焦点を絞った情報の提供ができるようになりました。


例えば、近年では「訪日外国人」にターゲットを絞ったインバウンド用途が具体化されつつあり、言葉の壁を払拭させる多言語看板サービスが次々とリリースされています。


また、センサーやカメラなど外部電子機器との連携および IT化も進められています。看板を見る人の「顔」をセンサーが認証し、制御システムにて識別したターゲットに対する最適な情報をディスプレイに表示するといった使い方も可能となります。


柔軟かつ瞬時に表示内容を変化することができるデジタルサイネージの機能は、看板業界に非常に大きな影響をもたらしています。

↑このページの先頭へ

従来の看板との違い

従来の看板との違い

 

デジタルデータを用いた広告の表示

 

動画の訴求力

 

広告以外の用途
↑このページの先頭へ

デジタルサイネージの普及と課題

デジタルサイネージの普及と課題

 

普及のポイント

デジタルサイネージは急速に普及が進んでおり、2020年には1,600億円程の市場に成長すると見込まれています。従来の看板と比較して機能が大幅に増加したため、単なる表示板としてではなく、コミュニケーションツールや新しい顧客アプローチとしての使い方が可能となりました。


インターネット広告では費用対効果の算出方法がいくつも確立されており、広告主はそのデータや数値を参考に広告出稿を検討します。一方、デジタルサイネージは公共スペースのような不特定多数の人が閲覧できる場所に設置されるため、アクセス数を見極めることは困難です。


しかし、通信を利用できるという点は同じであるため、現在ではユーザーが持つモバイル機器との連携を行い、実際のアクセス人数などを調査するなどの新しいマーケティング方法が模索されています。

 
デジタルサイネージの使用に掛かる費用

デジタルサイネージは従来の看板と異なり、ハードとソフト(コンテンツ)が分かれている点に「価格の特徴」があります。デジタルサイネージの導入および維持に掛かる費用が複雑となる原因はここにあると言えます。


例えば、静止画の広告を数ページ作成して順番に放映するコンテンツと編集した広告動画を流すコンテンツでは、費用に大きな差が生まれます。また、その他にもタッチパネルによる操作や通信装置など高度な機能を加えていくと、価格は大幅に上昇します。


最も低予算で導入できるのは、デジタルフォトフレーム式の小型サイネージです。USBやSDカードに画像や動画を保存しておき、その内容をディスプレイに表示させる機能をもちます。価格帯は本体分でおよそ5000円〜2万円程度となっており、手軽に導入しやすくなっています。


49インチディスプレイ程の一般的・標準機能のデジタルサイネージの場合は、30〜50万円ほどの価格帯が多く、更に大型化・多機能化となると100万円以上のものも珍しくなくなります。

↑このページの先頭へ

メニュー:サインラボ

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

デジタルサイネージに関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ