エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページIoTラボ ≫ 標識とIoT

標識とIoT

標識とIoT

目次

標識とデジタルデータ ソリューション メニュー
 
データ収集とソリューションへの活用

標識には、道路標識や警戒標識、案内標識、指示・補助標識といったあらゆる種類が存在します。そのどれもが単独で指示関係を示し、その場だけで完結している情報ですが、「IoT」によってインターネットに接続することで、膨大な量のデータ収集とソリューションへの活用が可能となります。

標識とデジタルデータ

標識とデジタルデータ

標識は情報を発信する役目を担っていますが、一方で、どのくらいの人に認知されているのか、表示内容の意味がきちんと理解されているのかといった疑問があります。現状抱えている多くの問題に関して、デジタル化やデータ収集が進むことにより、新しいソリューションに繋がると期待されています。

 

標識とインターネットの接続
標識をインターネットに接続させることにより、カメラ/センサーによる目線の確認やルール順守の有無を調査することができます。その結果、どういった場所で標識が役立っているのか、またはルールが破られているのかといった事例を数値化し、改善策を施せるようになります。

 

標識のITインフラ化
様々な分野で自動化が進む中で、自動車が道路標識を認識するといった機能も登場してきています。より安全で利便性の高い社会の実現のために、指示・案内用表示板がITインフラとして発展していくことも十分に考えられます。

 

標識のバリアフリー化
標識からの情報認識に関して、人によって差が生じないように気を付けなければなりません。例えば、目の不自由な方のために標識の内容を音声アナウンスで発信したり、日本語が分からない外国人観光客のために多言語情報での翻訳を行うといった取り組みが進められています。
↑このページの先頭へ

標識のソリューション

標識のソリューション

道路や市街地など、全国各地に網羅されている数多の標識から「生の情報」を収集できれば、人々の行動パターンが把握できるようになり、現在抱えている様々な問題の解決に役立てることが可能となります。

 

事故の予防
交通事故の多い道路やスポットを数値化して、事故の発生を抑えられるように現場環境を整備します。また、上の例に挙げたように、高齢ドライバーによる事故や高速道路の逆走などは、誤認の原因となる対象を特定して対策を施すことも可能です。

 

災害時の誘導
災害時にスマートフォンへ情報を発信することで、避難行動にも役立ちます。現在、避難標識は近くの避難所への誘導が主な目的ですが、通信を活用できれば避難所の情報や避難タワーの収容率など、より合理的な判断を下すための材料を提供できます。
↑このページの先頭へ

メニュー:IoTラボ

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

標識とIoTに関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ