エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページ防災ラボ ≫ 誘導標識の見方

防災用ピクトグラムのデザインと意味

防災用ピクトグラムのデザインと意味

目次

JIS規格 防災関連ピクトグラム レイアウト
 
ピクトグラムや記号の意味

防災用のサインに描かれるピクトグラムや記号には種類によって様々な意味があり、JIS規格によって標準化されています。ここでは、防災サインの代表的なデザインをご紹介するとともに、設置時のルールについても記載しています。

JIS規格と防災用ピクトグラムの種類

避難誘導標識に求められるデザイン

 

街中で見かける防災用サインには様々な種類がありますが、基本的に「ピクトグラム」と言われる図記号が記載されています。ピクトグラムとは、情報や注意を示すための記号をいいます。文字による表現の代わりに視覚的な図や記号で表現し、言語の違いによる制約を受けずに避難誘導における情報の伝達を行うことを目的としています。


また、外国人観光客が増加している昨今、避難誘導に関する案内は大地震といった緊急時に誰もが必要とする情報であるため、ユニバーサルデザイン化されています。
※詳細は標識・看板におけるユニバーサルデザインをご参照ください


これらのピクトグラムは日本工業規格(通称JIS規格)によって指針が示されています。記号を統一することで、誰もが内容を判断できるようにするという配慮がなされているためです。従って、防災サインを製作するときにはJIS規格に沿ったデザインが多く用いられます。
※詳細は避難誘導標識におけるJIS規格をご参照ください
↑このページの先頭へ

防災関連ピクトグラムの意味

JIS Z8210 広域避難場所
JIS Z8210 広域避難場所

指定された広域避難場所を示します。広域避難場所とは、地震等による延焼火災のために用意された、おおむね10ヘクタール以上の広さの場所をいいます。地域特性に応じて自治体が地域防災計画に基づき選定しています。

 
JIS Z8210 避難所(建物)
JIS Z8210 避難所(建物)

災害時の仮の生活を支えるための避難所を示しています。

 
JIS Z8210 洪水
JIS Z8210 洪水

その地域が洪水の影響を受ける可能性があるという意味を示しています。想定浸水深や実績浸水深をはじめ、洪水時に利用できる避難所など、洪水に関連する各種情報を発信するために使用されます。

 
JIS Z8210 堤防
JIS Z8210 堤防

その地域が堤防によって洪水の影響から守られている旨を示します。

 
JIS 未設定 津波
JIS 未設定 津波

津波に関する情報全般を表示する際に使用されます。

 
JIS Z8210 津波注意
JIS Z8210 津波注意

地震が起きた場合、津波が来襲する危険のある地域を示しています。

 
JIS未設定 津波避難喚起
JIS未設定 津波避難喚起

津波が来たときの避難を喚起します。

 
JIS Z8210 津波避難場所
JIS Z8210 津波避難場所

津波に対しての安全な避難場所(高台など)の情報を示しています。

 
JIS Z8210 津波避難ビル
JIS Z8210 津波避難ビル

津波に対しての安全な避難場所(津波避難ビル)の情報を示します。

 
JIS Z8210 洪水 / 内水氾濫
洪水 / 内水氾濫

洪水又は内水氾濫に対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 土石流
土石流

災災害のうち、土石流に対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 津波 / 高潮
津波 / 高潮

災害のうち、津波又は高潮に対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 崖崩れ・地滑り
崖崩れ・地滑り

災害のうち、崖崩れ及び地滑りに対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 大規模な火事
大規模な火事

災害のうち、大規模な火事に対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 土石流注意
土石流注意

土石流が発生する危険のある地域を表示しています。

 
JIS Z8210 崖崩れ・地滑り注意
崖崩れ・地滑り注意

崖崩れ・地滑りの発生する危険のある地域を表示しています。

 

↑このページの先頭へ

防災サインのレイアウトとJIS規格

避難誘導標識のレイアウト

従来、上でみたように、避難誘導標識ではJIS規格によるピクトグラムの図記号を定めていましたが、ピクトグラム単独の表示では、避難場所にたどりつくために必要な情報を得ることが困難となってしまう恐れがあります。


そこで、現在地の海抜や避難場所までの道順・距離についての情報を含んだ誘導案内を、避難場所に至るまでの道のりに「一連の標識」として設置する場合に考慮すべき事項について規定したJIS規格が制定されました。これが「津波避難誘導標識システム」です。


このJIS規格は、津波注意標識や津波避難情報標識、津波避難誘導標識、津波避難場所標識および津波避難ビル標識といった案内に含まれるべき情報についての規定です。
※詳細は防災サインの設置ルールをご参照ください
 
レイアウト

津波避難情報標識

出典:経済産業省「津波避難誘導標識システムのJISを制定」平成26年9月22日

 

レイアウトとして、津波災害警戒区域の範囲や避難場所・津波避難ビルの位置、推奨する避難方向などを併せて記載します。このとき、地図や矢印、ピクトサインなどのデザイン組み合わせることで、言語が異なる人々にも十分に内容を伝達できるよう注意します。(詳細は避難誘導標識システムの英語表記をご参照ください)
↑このページの先頭へ

防災ラボ:メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED避難標識

 

防災用ピクトグラムに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ