エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

屋外におけるデータ収集

屋外データ収集

目次

DSPとセンサー 屋外データ収集 DSPの活用 ソリューション
 
デザインソーラーパネルと屋外データ収集

太陽電池内蔵型表示板「デザインソーラーパネル(DSP)」が発電した電力を利用して、屋外に存在する各種データを収集するための「センサー」およびネットワークと接続するための「通信機器」の消費電力を賄います。表示板にセンシング機能を付加し、入手した情報をマーケティング・業務改善などに生かすことが可能です。

 

お見積り・資料のご請求

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネルとセンサーの組み合わせ

デザインソーラーパネルとセンサーの組み合わせ

デザインソーラーパネルは、看板や標識といった街中でよく見られる表示板に太陽電池を内蔵した独自構造を備えており、「電力の供給源」として活用できます。生成したエネルギーでセンサーや通信機器を動作させ、データ収集に役立てます。

 

デザインソーラーパネルを活用した屋外データ収集のメリット
↑このページの先頭へ

屋外データ収集用ツール

屋外データ収集用ツール

 

「モノのインターネット」と呼ばれるIoT・M2Mの成長により、身の回りにある家電や不動産、自動車、インフラ設備などあらゆる製品にセンサーが備え付けられ、新しい価値をもつ商品が生み出されています。特に、インターネットを介してのデータ解析・管理や各種サービスの自動化・合理化が進められています。


データの収集から運用まで、一連のシステムを構築するためには「センサー」「通信」「管理」が必要です。センサーにより一次情報を取得し、インターネットを介して入手した情報を送付し、商品やサービスとして運用するための分析・管理を行います。


今後普及するセンサーの数は1兆個以上になると言われており、あらゆる分野でビッグデータの活用が一般的になると考えられます。一方で、屋外の場合に問題となるのが「電源」です。センサー自体は低消費電力のものが多く、小型の電池で動作しますが、収集したデータをネットワークに送るための通信機器などに電力が必要となります。
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネルを用いた屋外データの収集

デザインソーラーパネルを用いた屋外データの収集

市街地から郊外、観光地、道路、工事現場、公共交通機関、各種施設に至るまで、どこにでも設置されている「表示板」を利用して電力確保を行うことで、屋外におけるあらゆる種類のデータ収集が可能となります。

 

屋外データ収集の使用用途例

センサーは自動車・鉄道・船舶などの「交通システム」、機械・化学・農業・土木・エネルギーなどの「工業」、医療・防災・住宅・防犯などの「生活環境」といった多様な分野で活用されています。このうち、屋外表示板と組み合わせた使用用途としては以下のような例が挙げられます。


↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル ソリューションのご提案

無線LAN
無線LANスポット
セキュリティカメラ
セキュリティカメラ
見守りシステム
見守りシステム
情報発信
情報発信
遭難防止システム
遭難防止システム
データ収集
データ収集
人感センサー
人感センサー
感震センサー
感震センサー

デザインソーラーパネル屋外データ収集に関するお問い合わせ

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

 

↑このページの先頭へ