エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページサインラボ ≫ 情報収集

看板からの情報収集

看板からの情報収集

目次

情報収集 集めたデータを利用したソリューション メニュー
 
次世代の看板に求められる機能やサービス

通常、看板・標識は、情報や広告を「発信」するツールとして用いられます。しかし、センサーや通信環境の整備などが進んだ現在では、看板は単なる宣伝だけの用途に留まらなくなっています。このページでは、次世代の看板やデジタルサイネージに求められる機能やサービスについてご紹介しています。

看板による情報収集の方法

看板による情報収集の方法

看板による情報収集の大きな目的は「広告宣伝の効率化」です。看板を掲げるにあたっての大きな目的は、より多くの人に商品・サービスを認知してもらうことです。例えば、人通りが少ない場所や看板が見えにくい場所への導入では効果が小さくなってしまうため、交通量などの把握は費用対効果算出の面でも重宝されます。

 

センサーを用いた情報収集
小型のセンサーを看板に埋め込み、「設置場所の情報収集」を行います。看板用途の情報として最も重要なものは人通りの数(ターゲット数)であるとされており、人数をカウントするセンサーは、人の存在を捉えて数値化します。

 

電子看板の利用
定期的な調査を実施し、季節や天候、時間帯などと紐づけたデータを得てマーケティングに繋げます。現状では、デジタルサイネージといった電子看板を中心にセンサーが備えられ、利用客や設置環境のデータ収集が進められています。

 

カメラを用いた情報収集
カメラを看板に組み込み、「設置場所の情報収集」を行うことも可能です。最近では、ディスプレイを見ている人の顔を認識し(年齢層や性別など)、ターゲットに応じた広告を瞬時に映し出す「最先端の看板」が話題となりました。

 

映像データの運用
カメラは「映像」という情報を取得できるため、撮影した画像や動画の解析により、センサー以上に詳細な情報の収集を行えます。ターゲット層を細かく絞り込み、具体的で適格な宣伝企画を実施するための重要なデータを集めることが可能です。
↑このページの先頭へ

集めた情報を利用したソリューション

集めた情報を利用したソリューション

看板から収集した膨大なデータをどのように新しい商品開発やサービスに導いていくか、という課題が次のステップとなります。顧客の抱える問題および潜在的なニーズを解決するソリューションにデータを有効活用できれば、より高い付加価値を生み出すことが可能です。

 

看板の費用対効果を数値で裏付け
一般的に、屋外の広告看板は「想定される通行人の数」によって費用を算出します。しかし、全ての場所で交通量調査を実施することはできないため、予測により価格を設定しているケースも少なくありません。データ収集により入手した交通量の数値があれば価格の裏付けが可能となり、広告出稿主である顧客への提案に役立ちます。

 

デジタル情報の発信
高機能の看板に多大なコストを掛けることなく効率的なPRを行うために、電子情報を発信する動きが広がっています。データ解析により顧客の把握が進んでも、広告内容を適宜変更できなければ効果は限定的となってしまうためです。例えば、通勤時間帯や夕食の買い物の時間帯といった形で、宣伝物を細かく切り替えることができます。

 

電子情報の発信機器
電子看板であれば、デジタルデータを変更することにより、自由に表示内容の変更ができます。一方で、印刷用紙などを用いた看板の場合は、ビーコンや可視光通信といったデータの発信機器を搭載できれば、受け手側のスマートフォンなどへ向けた電子情報の発信が容易となり、ターゲット毎に最適な情報を提供することが可能となります。
↑このページの先頭へ

メニュー:サインラボ

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

看板からの情報収集に関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ