エコフューチャー株式会社


 

充電式LEDライトパネルの設置事例

充電式LEDライトパネル

 
目次

 
充電式LEDライトパネルの導入背景

店舗の移転に伴い、新しくお客様を誘導するための看板が必要になったA薬局様。移転先の店舗が建物の奥まった位置にあるため、お客様を誘導するためには看板を発光して目立たせる必要がありました。しかし、入居先の施設管理者との打ち合わせの結果、電気工事や配線ができないという事態に陥っていました。そこで、電源接続不要の内照式看板を設置できないかとお悩みの際に、弊社までご相談をいただき「充電式LEDライトパネル」の製作がスタートしました。

看板設置場所における問題

設置場所の現状

↑このページの先頭へ

充電式LEDライトパネルとは

LEDライトパネルとは

 
光るポスターパネル

設置場所の条件と環境を下見させていただき、コードレスタイプのLEDライトパネルをご提案しました。LEDライトパネルは電飾看板の一種であり、印刷物を背面から照らし出す機能をもちます。印刷物の誘目性を高めることができ、広告効果の向上に役立ちます。


しかし、今回の案件では既存品を使用することができませんでした。通常、LEDライトパネルは照明を点灯する際に家庭用電源を必要としますが、設置場所における電気工事や配線工事が困難となっていたためです。いかに電力を確保するかという課題に対して、弊社では充電式バッテリーで駆動するLEDライトパネルを製作し、コードレス仕様で点灯する仕組みをご提案しました。

 
「充電式」のLEDライトパネル

充電式LEDライトパネルの基本的な機能は、バッテリーに蓄電した電力を用いてLEDライトパネルを点灯する、というシンプルなものです。最も重要なのは、バッテリーの種類です。様々な種類のバッテリーが開発・販売されていますが、それぞれが異なった特徴を有しており、用途や目的に応じて使い分ける必要があります。


今回は、バッテリーに「リチウムイオン蓄電池」を採用しました。リチウムイオン蓄電池は、鉛蓄電池やニッケル水素電池と比べると、同じ体積・重量で数倍のエネルギー密度が得られます。つまり、小型で軽く済むため携帯用機器の電源に多く採用されています。また、継ぎ足し充電に強く自己放電も少ないため、保存性能が高い点も特徴です。


今回、リチウムイオン蓄電池を採用した理由はその厚みです。LEDライトパネルが壁面に取り付けられる予定であったため、鉛蓄電池のように厚みがあるバッテリーだと壁面から飛び出してしまい不格好です。


ただし、リチウムイオン蓄電池の場合、品質は向上してきているとはいえ、使用方法を誤れば発火などの恐れがあります。半屋外で使用される今回のLEDライトパネルの場合、より一層の安全性が求められます。そこで、安全性能が十分で過充電や過放電に対する安全回路を有する国産のリチウムイオン蓄電池を採用しました。

↑このページの先頭へ

充電式LEDライトパネルの設置について

充電式LEDライトパネルの設置

 

充電式LEDライトパネルの設置

↑このページの先頭へ

充電式LEDライトパネルの導入による効果

A薬局様のケースでは、LEDライトパネルをコードレス化することにより、電源確保が困難であった店舗通路への「光る案内」の設置を実現しました。ライティングによる目立ちやすい案内で、お客様の誘導を行っています。また、店舗のイメージを向上する役割も担っており、多様な価値をもつ看板となっています。屋内外を問わず、電源確保に関する問題には様々なケースが見られます。バッテリーシステムを構築することにより問題解決が可能となることも多くありますので、お悩みの際はお気軽にご相談ください。

↑このページの先頭へ

メニュー

充電式LEDライトパネルに関するお問い合わせ
無料お見積りはこちら
スペックと価格の閲覧

 

WEBでのお問い合わせ

↑このページの先頭へ