ハイブリッド電源の電飾看板

ハイブリッド電源の電飾看板

「太陽光発電」と「コンセント給電」を組み合わせた電源システムをもつ電飾看板です。

悪天候などが続きバッテリー残量が少なくなるとコンセントからの給電に切り替わります。

電飾看板の機能をストップすることなく継続した運用が可能です。

ハイブリッド電源の電飾看板

ハイブリッド電源
ハイブリッド電源の電飾看板

「ソーラーパネルによる発電」と「AC電源(コンセント)からの給電」を組み合わせた電源システムです。主電源として、ソーラーパネルによる発電で電飾看板の消費電力を賄います。自ら電力を生成するため電気代が掛かりません。維持費用の削減に繋がります。

電源の切り替え

悪天候などが続きバッテリー残量が少なくなると、補助電源であるコンセントからの給電に切り替わります。電飾看板の機能をストップすることなく継続した運用が可能です。

電飾看板

当社では、光源にLEDを採用した「内照式看板」を取り扱っています。

側面からの照明照射により本体の薄型化を実現。高い視認性を有する全面発光の仕組みを構築しています。また、ソーラーパネルは看板フレームに搭載しており、一体化の構造となっています。

看板のラインナップ

製品のラインナップには、壁面や支柱に取付ける「看板」と自立式の「スタンド看板」の2種類があります。(※上記の看板製品にハイブリッド電源を付加する形となります)

従来の問題点とソリューション

こんなお悩みはありませんか?

省エネ性を高めたい

省エネ性を高めたい

再生可能エネルギーの活用により二酸化炭素の排出量を削減したい。また、取り組みをPRする方法に悩んでいる。

電力不足のリスクがある

電力不足のリスクがある

太陽光発電は天候で発電量が左右される。バッテリー残量が無くなると電飾看板の機能がストップしてしまう。

電気代が高い

電気代が高い

燃料費・電気料金の高騰によりコストが上昇している。運用面におけるコストカットの方法を模索している。

ハイブリッド電源の電飾看板によるソリューション

環境面では、自然エネルギーを用いた発電により二酸化炭素の排出量を削減できます。また、看板を通して脱炭素化の取り組みを発信できます。

システム面では、バッテリー残量が少なくなるとコンセント給電に切り替わります。電力不足による機能停止のリスクを排除しています。コストに関しては、ソーラーパネルによる自家発電システムにより電気代を削減することが可能です。

コードレスで使用したい場合

設置環境の制限により配線を這わすことができない場合は、電力不足時のみコンセント給電を行うことも可能です。具体的には、以下のような手順となります。

  1. 通常は、ソーラーパネルによる太陽光発電により動作を行います
  2. 悪天候などが続きバッテリー残量が僅かになると電飾看板の機能が自動停止します
  3. 看板を電源(コンセント)の付近へ移動し、配線プラグを接続します
  4. コンセントから充電が開始されます
  5. 充電が完了したら配線プラグを外し、看板を再び設置します

よくあるご質問

設置場所について教えてください。
「晴天日、1日においておよそ2~3時間の直射日光がソーラーパネルに対して当たる場所」を設置環境として推奨しています。北面や日陰になってしまう場所はできるだけお避けください。バッテリーの充電が一定以下になると、コンセントからの給電に切り替わります。
表示内容の交換は可能ですか?
表示面板を取り換えることは可能です。電飾看板の専用フィルムに印刷を施し、面板を製作する必要があります。当社でも面板のみの製作サービスを承っていますので、お気軽にお申し付けください。
バッテリーの交換頻度はどのくらいですか?
標準でおよそ3~5年に1度の交換となります。システムの構成によりバッテリー種類が異なる場合がありますので、詳細につきましては別途お問い合わせください。