ソーラーパネル内蔵のLED工事看板デザインソーラーパネル工事看板

デザインソーラーパネル工事看板

表示面の内部にソーラーパネルを搭載した「コードレスで光る工事看板」です。

独自の発電システムにより夜間にライトアップします。

外部電源が不要であり、取付け作業のみでご使用いただけます。

交通誘導、指示案内、仮囲いのブランディングなどで役立ちます。

また、再生可能エネルギーによるCO2排出削減で工事現場の脱炭素化にも貢献します。

設置事例

  • ソーラー内蔵型スタンド工事看板
  • LEDスタンド工事看板
  • 仮囲い用ソーラー内蔵型看板
  • 光る仮囲い看板
  • 工事用仮囲いの埋め込み看板
  • 工事用仮囲いのLED埋め込み看板

工事看板の問題を解決

このような問題はありませんか?

夜間の視認性

夜間の視認性が悪い

夜間における工事現場には危険が伴います。事故のリスクを回避し安全性を確保するためには、視認性が高く気付かれやすい情報の提供が欠かせません。

脱炭素化の取り組み

脱炭素化の取り組み

脱炭素化を推進する中、工事現場においても温室効果ガス削減の取り組みは必須となっています。重機や車両だけでなく資機材でも環境性が重視されています。

配線問題

配線が複雑化してしまう

配線は作業員や歩行者にとって安全を阻害する要因のひとつです。また、絡み合った配線類はショートや発火のおそれもあるため安全管理の工数が増加します。

デザインソーラーパネル工事看板のソリューション

独自の発電機能により夜間にライトアップする工事看板です。

【コードレス仕様】
看板を点灯表示するための電源設備や配線類が一切不要となっています。取付け作業だけで簡単にご導入いただけます。

【視認性の向上】
注意、案内、指示といった情報の視認性を引き上げ、間における工事現場の安全性を向上します。

【CO2の削減】
動力源には再生可能エネルギーを活用。CO2排出量の削減によって脱炭素化の取り組みにも貢献します。

2分でわかる!デザインソーラーパネル

デザインソーラーパネルの概要を上記の動画よりご覧いただけます。

日光を受けて電力を生成する発電システムを備えており、電源不要で夜間にライトアップ。「日中に発電 ~ バッテリーに蓄電 ~ 夜間に発光」というサイクルを自動的に繰り返します。

注意、案内、指示などを示す看板の点灯により、夜間においても工事現場や周辺地域の安全性を向上します。

資料のダウンロード
詳細資料

詳細資料

別タブで開く

お問い合わせ

お見積り/資料請求など

お問い合わせ

デザインソーラーパネル工事看板の特徴

工事看板の構造

太陽電池を看板に内蔵した構造をもち「機能性」と「外観性」を両立しています。工事現場で邪魔になりがちな配線類を除去し、利便性を高めています。

デザインソーラーパネル工事看板の構造

消費する電力を自ら生成

太陽光発電にて生み出した電力で照明の消費電力を賄います。「日中に発電 ~ バッテリーに蓄電 ~ 夜間に発光」というサイクルを自動的に繰り返します。

消費電力を自ら生成する工事看板

使用条件(日照環境)

太陽光発電により動作するため、日照環境の確保が必要となります。「晴天日におよそ2~3時間以上の直射日光が当たる場所(推奨条件)」へお取付けください。

デザインソーラーパネル工事看板の使用条件

二酸化炭素排出量の削減

クリーンエネルギーの活用によりCO2の排出量を抑えています。通常のコンセント電源を用いる電飾看板と比較して、工事看板1台あたり「スギの木22本が1年間で吸収するCO2量」の削減を実現します。(※看板サイズ:1027×447mm)

二酸化炭素排出量を削減する工事看板

バッテリーは市販の単三充電池

バッテリーには市販の単三充電池を採用。電池交換の作業や管理を簡略化しています。メンテナンスに要する時間およびコストを最小限に抑えます。

市販バッテリーによるメンテナンス

LEDのON-OFFを自動制御

日没後、本体底面のセンサーが感知して自動的にLEDを点灯します。その後、設定時間(標準:6時間)を経過すると消灯します。人手を介する必要がない自動管理を実現しています。

LEDのON-OFFを自動制御

A脚スタンドへの組込み

運搬や設置が簡単なA脚スタンドへの組込みにも対応しています。サイズや形状などお客様のご要望に沿って製作することも可能です。詳細につきましてはお問い合わせください。

A脚スタンドへの組込み工事看板

推奨使用条件

デザインソーラーパネルの推奨使用条件
点灯時間 3~15時間/日(任意設定可)
無日照対応日数 ~5日間(6時間発光/日の場合)
推奨受光時間 晴天日に2~3時間以上

日照条件として「晴天日に2~3時間以上の直射日光が当たること」を推奨しています。バッテリー残量が0の状態となっても、2~3日程度晴天の日があればバッテリー満充電の状態まで回復することが可能です。

※設置環境や天候にて異なる場合がありますのでご注意ください
※設置場所に関するご相談につきましてはお気軽にお問合せください

資料のダウンロード
詳細資料

詳細資料

別タブで開く

お問い合わせ

お見積り/資料請求など

お問い合わせ

工事用仮囲い看板として

仮囲いとは

工事現場の外周に設けられる「仮設壁」のことをいいます。工事現場と一般道の境界となる壁であり、交通遮断・安全確保・防犯対策などを主な目的としています。

工事用仮囲いとは

仮囲いの意匠性

従来は仮囲いに意匠性が求めらることはありませんでした。しかし、近年では工事現場における環境性の向上や景観への配慮が必要とされており、仮囲いにも様々なデザインや美しい装飾が施されるようになりました。

仮囲いの意匠性

看板によるイメージアップ

仮囲いに看板を付けることで工事現場の美観向上を図れます。また、企業ロゴをPRして社会的責任の所在を示したり、建設物の宣伝や工事案内を行うこともできます。

デザインソーラーパネル仮囲い看板によるイメージアップ

照明用途としても

工事現場の周囲を明るく照らす照明器具として活用することも可能です。地域の安全・防犯対策にも役立ちます。

デザインソーラーパネル仮囲い看板の照明用途

仮囲いへの取付け方法例

通常、取付けには「L型フランジ」などの専用治具を用います。看板のサイズに沿って仮囲いをくり抜き、背面から治具を用いて本体を固定します。取付け方法の詳細につきましては別途ご案内をさせていただきます。

仮囲いへの取付け方法例

工事看板の導入事例

NECネッツエスアイ様

トンネル内の工事を行うにあたり、車両および歩行者に対して注意を促す看板としてご導入いただきました。ケーブルレスである点と環境対策を重視した工事内容に合致する点が評価対象となりました。実際に設置する際、置いておくだけで機能し運搬作業も手間を取らなかったとの声を頂いています。

NECネッツエスアイ様

西松建設株式会社様

建設現場における仮囲い(仮設壁)に本体を組込む形でご導入いただきました。企業名およびロゴマークを表示し、ブランディングツールのひとつとして企業価値の向上に貢献しています。電源からコード類を引かずに使用でき、簡単に設置可能である点を評価いただきました。

西松建設株式会社様

ホンジュラス共和国様

ホンジュラス共和国内の地滑り災害を予防する工事において、周囲への注意喚起として看板をご導入いただきました。「HOMBRES TRABAJANDO」はスペイン語で「工事中」の意味を示します。付近に電力源が無い場所でも問題なく活用することができ、長期の工事にも適していると評価をいただきました。

ホンジュラス共和国様

ラインナップ

SBDN-S04

SBDN-S04

SBDN-S6036

SBDN-S6036

SBDN-S10040

SBDN-S10040

製品モデルとサイズ
SBDN-S04 W387 × H387 × D40(mm)
SBDN-S6036 W634 × H379 × D40(mm)
SBDN-S10040 W1027 × H447 × D40(mm)
スペックリスト
点灯時間 標準6時間/日(3~15時間で任意設定可)
バッテリー 充電式ニッケル水素電池(※製品仕様により異なる)
設置条件 日照条件として「晴天日に2~3時間以上の直射日光が当たること」を推奨
無日照対応日数 3~5日間(※サイズ、使用条件により異なる)
防雨対応 IPX3~5相当(※製品仕様により異なる)
メーカー保証期間 1年間(日本国内のみ対応可)