エコフューチャー株式会社


↑このページの先頭へ
 

表札の購入方法

表札の購入方法

目次

 
購入方法による商品の違い

 

「表札」は日常的に見かける機会が多くあるものの、頻繁に購入することのない商品です。いざ商品選びの際に、どこで買えばよいのか、どんな選び方をすればよいのかといった疑問が生まれることも少なくありません。このページでは、表札のご購入に関するお店の特徴やチョイスの方法について詳しくご紹介しています。

表札購入方法の種類と特徴

表札購入方法の種類と特徴

 
オンラインストア・WEBショップ

表札以外の買い物でも大変便利な「インターネットの店舗」です。大きく分けて、@WEBモール(楽天市場、Yahoo!ショップ、アマゾンなど)に出展している店舗 A大手表札メーカー・エクステリア商社のWEB直営店 B工房が直営しているWEB店舗(ECサイト)の3つに分けられます。


インターネットで表札を購入するメリットは、何といってもその品揃えです。 楽天市場の場合、「表札」というワードで検索すると15万件以上の商品がヒットします。現実の店舗ではとてもこれだけの品揃えを実現することはできません。好みの商品をじっくりと選ぶことができる点が最も大きな長所だと考えられます。


また、表札メーカーの直営店を覗いてみると、「ガラス表札専門店」「アイアン表札専門店」「LED表札専門店」などこだわりを持った製品づくりをしているショップを見つけることもできます。

 

カタログ通販

ディノスやセシールといった総合カタログ通販のエクステリア用ページには、数多くの表札商品が掲載されています。また、エクステリア専門の通販雑誌から探すという方法もあります。新築やリフォームの際には工務店やハウスメーカーが持ってきてくれることも多いと思います。


ただし、インターネットが普及した昨今、掲載されている商品数や注文の手軽さを考慮すると紙カタログのメリットは少なくなりつつあります。なによりもインターネットのショップでは普通に行われているデザイン校正ができないデメリットもあります。


この場合、製品が届いてみないと完成品のデザインがどんな見た目なのかが分からないリスクがあります。表札は高価で思い入れが強い買い物であるだけに、事前に確認しておきたいところです。

 

ホームセンター

インターネットと並んで手軽に表札を選べる販路としては「ホームセンター」があります。全国には約45,000もの店舗があり、皆様のご自宅付近にもあるのではないでしょうか?ホームセンターで表札を購入するメリットは何といっても現物を確認できることです。


ホームセンターの店舗内を見てみると、表札のサンプルを掲げたコーナーが設営されています。様々なメーカーのサンプル表札が陳列されていますので、購入の前に実物の製品を確認できます。表札メーカーのカタログも陳列されている場合がありますので、持ち帰って検討の材料とすることも可能です。


また、別のメリットとして工具の貸出しサービスがあります。例えば、ご自身で表札を取り付ける際には、壁面に穴を空けるための電動ドリルが必要になるケースが多々あります。しかし、電動ドリルをお持ちでない場合は表札を取り付けるために用意しなければなりません。


そんなとき、ホームセンターであれば取付けに必要な工具を無料で貸してくれるサービスがあります。購入される際には販売担当者に工具の貸出しの有無を確認しておくとよいでしょう。

 

バラエティショップ

東急ハンズやドンキホーテなどの「バラエティショップ」でも表札が取り扱われています。これらの店舗で取り扱われている表札は個性的でおしゃれだったり一風変わったものが多い傾向にあります。若者が多く来店するという特徴に合わせた品揃えがラインナップされていますので、オリジナリティを重視される方は一度足を運んでみてもよいかもしれません。

まとめ

商品の販路が拡大したことにより、表札の購入場所も様々となりました。表札にも多種多様な製品が登場しており、取扱店によって品揃えに差が出るようになってきています。こうした変化は新しい形態の店舗の出店とインターネットによる販売が台頭した点が大きく影響していると言われています。それぞれの購入場所により異なる特徴やメリット/デメリットがあるため、消費者の立場からは自分に適した購入方法を重視して検討することが大切です。

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表札

 

表札の購入方法に関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム