エコフューチャー株式会社


↑このページの先頭へ
 

防災公園とは

ソーラーパネル内蔵のLED公園看板

 
目次

 
防災公園とは

  • 防災公園とは、地域の災害避難を目的として設計された都市公園や緩衝緑地をいいます

  • 非常時の防災拠点としての役割を担っており、安全対策を向上するための整備が敷かれています

  • 防災関連施設と連携して被災者を受け入れる体制を構築できる点において、防災公園が果たす役割は大きいと言えます

防災公園の分類と機能

防災公園に求められる機能

防災公園の役割

 

広域避難場所

 

一次避難所

 

緩衝緑地

 

平常時において

防災公園の問題点

防災公園の現状と問題点

防災公園は災害時における実用的な防災拠点として公的な補助金・助成金の対象にもなっており、日本全国に普及が進められています。被災した際には防災公園での避難生活を余儀なくされる状況も考慮される中で、早急に解決すべき問題として以下のようなポイントが挙げられています。

 

トイレ問題

 

電力問題

 

認知不足

問題解決とこれからの防災公園

問題解決とこれからの防災公園

 

防災公園の設備については、インフラ面の強化や機能性の向上が求められています。被災生活における最低限の水準確保はもちろんのこと、外部からのサポートを受け入れるための園内整備など、数多くの項目があります。単体で全ての設備や生活インフラを所有することは困難であるため、設備の拡充と外部との連携の両面を進める必要があります。


外部との連携を図るためには、通信の信頼度を高める「非常用電源」が必須となります。停電時においてもインターネット基地局や固定電話などを使用できれば外部とのコミュニケーションに役立ちます。防災公園が受け入れ過剰を起こす問題については、情報交換を密に行い被災者を分散することで1拠点への集中を解消できます。


防災公園に対する認知不足の問題に関しては、ハザードマップの拡充や適切な場所へ看板・マップ・標識などの情報インフラ整備を行うことにより改善が可能です。


防災公園は地域社会と密接に結び付いた存在になり、日常的な利用が促進され親しまれることが重要です。地域コミュニティが失われつつある現代で、災害発生時にだけ助け合うというのは現実的ではありません。防災公園を利用した地域コミュニティの形成については、各自治体から様々なアイデアが出されています。例えば、祭事やバザーなど自治の催しをはじめ、避難訓練の実施、スポーツイベントといった住民同士が触れ合う機会の提供が進められています。

防災公園の紹介
神栖中央公園

神栖中央公園

茨城県神栖市にある、約19ヘクタールの広大な敷地を誇る神栖中央公園です。防災機能として、食糧・飲料水などを保管している備蓄倉庫、約60基の防災トイレ、炊事が可能なかまどベンチ、発電機、ソーラー照明といった複数の設備を完備しています。遊具の数も豊富であり、非常時以外は楽しく遊べる公園として活用されています。

兵庫県立三木総合防災公園

兵庫県立三木総合防災公園

兵庫県立三木総合防災公園は、兵庫県三木市にある面積約202ヘクタールの広域防災公園です。阪神・淡路大震災における経験を基に整備が行われており、防災センター・兵庫県消防学校も併設されています。災害時における救援物資の集積・配送機能や災害応急活動要員の駐屯・宿営機能も担い、兵庫県の広域防災拠点として指定されています。

東京臨海広域防災公園

東京臨海広域防災公園

東京都江東区有明に位置する東京臨海広域防災公園は、首都圏における災害対策本部として機能するための設備が備えられた防災公園です。避難場所としてではなく、災害時の情報収集・集約・指揮といったヘッドクォーターの役割を担う公園となっています。平常時は、併設の施設にて防災体験学習を受けたり、避難訓練を体験することが可能です。

デザインソーラーパネル公園看板の用途例

地図・マップ
地図・マップ
指示・注意書き
指示・注意書き
観光案内
観光案内
喫煙所
喫煙所
トイレ
トイレ
壁面緑化
壁面緑化
立ち入り禁止
立ち入り禁止
防災・避難
防災・避難

メニュー

デザインソーラーパネル公園看板
に関するお問い合わせ
無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ