*

知っているようで知らない看板 ~ファサードサイン~

公開日: : 看板ニュース


ファサードサインとは、建築物の名称を記した看板のことをいいます。「ファサード」とは、建築物の正面部分のことを指し、建物の入り口で最も目に付く場所です。

ファサードに取り付けるサインは建物の顔であるとも言われ、建造物の空間設計や周囲との景観調和においても重要な役割をもちます。

ファサードサインの種類

カルプ文字

ウレタン樹脂でできたボードを文字の形に切り抜いた、立体型のサインです。着色などの加工が行い易く、金属素材と比較して安価に導入することができます。ポップさがあり、商業施設などで多く用いられます。

チャンネル文字

ステンレスや銅などの金属を文字の形に切り抜いた、立体型のサインです。金属素材特有の重厚感があり、少し形式的な固い表現となります。企業オフィスや公共施設などの建物に多く用いられます。

アクリル看板

透明度の高いアクリル製のボードに印刷用紙を挟み込んだ看板です。安価で導入することができ、印刷物の内容を変えるだけでデザインを調整・修正できる手軽さがあります。

腐食加工

腐食とは、金属板に施すエッチング加工のことをいいます。古くからある手法で、比較的高価格ですが、高級感を演出することが可能です。

価格とデザイン

ファサードサインの価格は、安くて数千円~高級なもので数十万円の値段となっています。価格差の要因は、素材および加工料が最も大きく、サインの機能に大きな差がないことを考慮すると、外観・意匠性の料金だと言えます。

デザインは、建物名・企業名・店舗名といった「名称」がほとんどです。その他、ロゴマークや住所/電話番号などが付加される場合もあります。

関連記事

充電式LEDライトパネル

充電式コードレスLEDライトパネル

LEDライトパネル LEDライトパネルとは、バックライトにより広告物を鮮明且つ目立たせて表示する内

記事を読む

津波避難場所案内図

災害・停電時に役立つ避難標識のご紹介

QRコード付きの避難標識 出典:東京新聞 館山市は、津波避難場所を知らせるQRコード表示付きの案

記事を読む

no image

個性的で特徴がある表札のご紹介

ディズニーや江戸硝子を採用した表札 LEXILが人気キャラクターであるディズニーキャラを使用した新し

記事を読む

【2014年】防災・避難場所の設備とニュース

京都市、観光客向け避難場所の標識設置 京都市では、観光客向けに「避難場所の標識」を清水・祇園と嵯峨・

記事を読む

ノート

新しいディスプレイとその活用

シャープから透明液晶が登場 シャープが発表した新型液晶とは、透明の液晶ディスプレーです。実用化に向け

記事を読む

避難場所(夜発光時の様子)

夜間の避難対策に遅れ 光る標識や看板の整備が急務

こんにちは、エコフューチャーです。本日は、総務省中部管区行政評価局が実施した津波避難対策の実態調査に

記事を読む

【2014年】看板に関する時事ニュース

目玉写真で不法投棄防止に効果 不法投棄防止のため北海道士幌町が設置した看板が物議を醸しているとのこと

記事を読む

景観とサインデザイン

こんにちは、エコフューチャーです。 今回は、サインデザインと景観保護という観点からサイン業界の今後

記事を読む

JIS防災デザイン

防災看板のデザインとJIS規格

防災看板のデザイン 防災用の看板に描かれる「ピクトグラム」には、種類によって様々な意味があり、J

記事を読む

自己発電型バス停標識

バス停のリニューアル

現在、国をあげた観光事業の推進もあり、観光客数は過去最高となっています。豊富な観光資源や食文化など

記事を読む

  • DSPとは

    LEDライトパネル

    DSP避難標識
PAGE TOP ↑