*

企業のCSR

公開日: : 環境問題


CSRとは

CSRは、「企業の社会的責任」とも言われ、企業活動における倫理的な行動や社会貢献を行う「責任」のことを指します。

企業活動の第一の目的は「利潤の追求」であるとされますが、利益を出すためには様々なステークホルダー(利害関係者)に影響を与えます。影響は全てが良好なものではなく、中には悪影響とされるものも含みます。

悪影響のうち、一番有名なものが「公害」です。日本では、経済成長を続ける1970年代に公害問題が多発し、社会や人々に大きなダメージを与えました。公害の原因が企業活動に起因することが明らかにされると、地域や共同体を中心として、悪影響を伴う企業活動を制限させるために、公害の責任を問う「CSRの議論」が活発化されました。

その後、CSRが注目を集め、企業活動において大きな影響を持つようになり、公害の発生件数は急速に減少していきました。過去の過ちを改善することで、企業活動における意思決定の再起化が繰り返されることとなりました。

現在、CSR活動の中核を担うのは、「インベスター・リレーションズ」と「環境対策」、そして「コンプライアンス」であるとされています。

インベスター・リレーションズ

「IR」とも言われ、利害関係者に対する「説明責任」を指します。IRは、一般的に、投資家に向けて経営・財務状況を報告する活動とされていますが、そうした金融面での要因だけでなく、施設の案内やWEBでの活動報告、各種説明会の実施など他分野のディスクロージャー(情報開示)を含んでいます。

環境対策

環境対策は、元々のところ公害問題への対応が主流でしたが、昨今の大気汚染や環境負荷の傾向から、大切な地球資源を将来世代に残すことが注視されるようになりました。環境対策には、企業活動の制約が必須となり、長期に渡って関連団体などの反発も見られていましたが、現在では、環境問題に取り組む姿勢そのものが社会から好意的に映るようになり、イメージアップの戦略にも組み込まれています。

コンプライアンス

企業が法律や内規などの基本的なルールに従って活動する「法令順守」のことを言います。法令違反などの不祥事により、長年に渡って積み上げてきた信頼は一瞬で崩れ去ってしまいます。そうした巨大なリスクを排除するため、厳格なルールを作成し、またルールに従って行動する規律・仕組みづくりが求められています。

企業の取り組み

一般的なCSRの活動内容としては、「環境に配慮した製品やエコロジーシステムの開発」「ボランティア・地域貢献への取り組み」「適切な企業統治と情報開示」といったものが挙げられます。

企業側からすると、奉仕意識や地域貢献などの思いがあるのは当然ですが、一方で、ステークホルダーとの関係を良好に保ち、信頼を勝ち取ることでビジネスを行い易くするといった思惑が存在するのも事実です。

CSRは、もはや企業活動の根底とも言える重要性を担っているため、企業規模に関わりなく積極的な取り組みが求められています。そうした中、様々な視点からユニークな活動が生まれており、社会の関心や注目を惹き付けています。

例えば、米国の眼鏡販売会社Warby Parkerでは、メガネが国内で1つ売れると、途上国へ1つを格安販売する、という活動を行っています。途上国に向けて販売の研修なども実施しており、眼鏡販売というビジネスを根付かせようと努力しています。

また、日本の事務機器大手Cannonでは、プリンタの使用済みトナーカートリッジを回収し、その量を公開することにより、リサイクルを実施できた具体的な数値を示しています。

CSRとイメージ効果

仮設壁の装飾や様々なデザイン

企業にとって、CSRの最も大きなメリットは「ブランドイメージの向上」です。CSRは慈善的な性質をもった取り組みが多いため、周囲から見て非常にポジティブな行いとして映ります。

企業の好感度を引き上げ、信頼を獲得する戦略をブランディングといいます。ブランディングが功を奏すると、販売しやすい環境の整備や資金調達の信用強化、優秀な人材の確保など、様々な効果を得ることが可能となります。

今後、経済至上の成長力が鈍化するに伴い、ブランドイメージの重要性は益々高まると考えられています。CSRはブランドイメージの確立と密接な関係があり、より一層の進展・発展が期待されます。

関連記事

公園禁煙看板

公園の資源保持と運用

なぜ公園が必要なのか

記事を読む

屋外無線LAN

屋外におけるIoT/M2Mの活用と関連ニュース【2017年】

日々、急速に発展しているIoT分野ですが、現在のところそのほとんどは消費電力や通信が確保されている場

記事を読む

PV

太陽電池とデザイン 

こんにちは、エコフューチャーです。 今回は、急速に普及が進んでいる「太陽電池」と、その「デザイン性」

記事を読む

no image

南海トラフ地震に関する被害想定(2018年12月編集)

南海トラフ地震 南海トラフと呼ばれる、浅い海溝沿いで起きる巨大地震の被害想定を政府が公表した。最悪の

記事を読む

震源地

巨大地震と減災対策について ~太陽電池と防災標識による犠牲者の低減に向けた取り組み~

巨大地震と減災対策 1. 巨大地震は近い将来に身の周りで発生します 2011年に発生した東日本大

記事を読む

  • DSPとは

    LEDライトパネル

    DSP避難標識
PAGE TOP ↑