エコフューチャー株式会社


↑このページの先頭へ
 

ESG

ESG

目次

 
ESGとは

 

ESGとは、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の頭文字から作られた言葉です。今日における企業活動や産業成長のためにはこの3つの観点が必要不可欠とされ、投資や融資などの資金調達においても重視される事柄となってきています。

ESGの意味

ESGの意味

ESGは2006年に国連が提唱した概念です。今日における企業活動に重要な3要因(環境・社会・ガバナンス)をまとめており、投資活動に関する指標のひとつとして重要度が高まっています。環境・社会・ガバナンスとは具体的に以下のようなことを意味します。

 

環境(Environment)

 

社会(Social)

 

ガバナンス(Governance)

ESGの必要性

ESGの必要性

 

ESGは何故生まれたのか

ESGは投資の指標として、中長期的な成長に注目した「将来性」「リスクマネジメント」といった企業活動の能力を測る目的で誕生しました。社会貢献の取り組みと混同されがちですが、投資側の最終的な目的はより高い利益を得ることという事実を捉えておくことが大切です。

 

ESGが重視される理由

以前より、地球環境や社会問題に対する企業活動は慈善事業やイメージアップなどのPRとして捉えられてきました。しかし、十数年前からそうした地球環境や社会問題に対する取り組みは企業の存続・成長に必須の要因となりました。


問題を解決するソリューションを打ち出せない企業は活動に対する信用を得ることができず、投資による資金調達のチャンスを逃してしまうリスクを抱えることになるためです。

 

ESGのこれから

2020年においては新型コロナウィルスの流行から企業活動が大きく変化し、サステナビリティやガバナンスがより一層重視されるようになりました。企業の業績も二極化が進む中、今後の投資を呼び込むためにESGを意識し活動の変革を起こすことは当然とされるため、従来に増して注目される要因となっています。

ESGと似た言葉

ESGと似た言葉

 

CSR

CSR(コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ)は企業が利潤を追求するだけでなく、社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダーに対して適切な意思決定を行うための「企業の社会的責任」をいいます。


理念としてはESGと内容が重なっている点も多いといえます。企業活動としての取り組みというポイントでは同じですが、CSRが企業から発信する視点であるのに対してESGは外部(投資家など)から評価されるという視座の違いがあります。

 

SDGs

SDGs(サステイナブル・ディベロップメント・ゴールズ)は、持続可能な開発目標と訳されている言葉です。2015年9月のサミットで採択された17つの目標を国連加盟の193か国が達成することを目的としています。


17の目標とは、貧困格差・教育・食料・ジェンダー、環境、気候変動など世界中で社会問題となっている項目であり、ひとつひとつに目標が定められています。


SDGsの内容はESGと重なる点も多くありますが、国際的なアジェンダとして設定されているため規模が大きく、民間企業の取り組みとしては適さない項目もあります。

日本での取り組み

日本での取り組み

 

EGS投資はヨーロッパを中心に進められてきました。現在はアメリカ市場でも急拡大しており、欧米で30兆ドルを超える巨大な金額が投資されているとされています。そうした中、日本では2018年にEGS投資が2兆ドルを突破したといわれています。


2010年代初め頃には0に近い金額であったことを考慮すると、この数年で急速に展開したと考えられます。新型コロナウィルスの蔓延によりサステナビリティやガバナンスが一層重視された背景もあり、今後においてもEGS投資は増加を継続していくといわれています。

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

ESGに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム