エコフューチャー株式会社


 

ソーラー内蔵型LED標識

※画像をクリックしていただくと、動画が再生されます

 

目次

 
太陽電池内蔵型LED標識「デザインソーラーパネル」とは

彫刻面板
印刷面板
  • 表示面の内部にソーラーパネルを搭載した独自の発電構造をもつ「コードレス仕様の光る標識」です

  • 太陽光発電により生み出した電力を用いて、夜間に標識をライトアップします

  • 「発電機能」「意匠性」の両立により、周囲の景観に与える影響を最小限に抑えています

 

デザインソーラーパネルとは
 
夜間における標識の視認性を向上

 

夜間の情報発信をより効果的に

  • 日光を受けて標識自体が電力を生成し、内部バッテリーに蓄電します

  • 日没後、センサーが周囲の暗さを感知してLED照明を点灯します(※自動点灯/消灯機能付き)

  • 夜間帯における標識の視認性を向上し、ユーザーの利便性を高めます

 

設置事例のご紹介
 

詳細情報と資料のダウンロード

メリット一覧
資料のダウンロード
お問い合わせ
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

ソーラーLED標識のメリット

ソーラーLED標識5つのポイント

 
電気工事・配線設備が一切不要
彫刻面板
印刷面板
 
全ての部材を一体化した構造
太陽電池を内蔵したオールインワン構造
  • ソーラーパネルを組込みながら発電を行う構造をもちます

  • 標識の設置場所における景観に配慮できます

 
地域の脱炭素化に貢献
地域の脱炭素化に貢献
  • 二酸化炭素の排出を抑えたクリーンエネルギーの活用で、地域や施設の省エネ化を促進します

  • スマートシティやエコタウンなどのエコロジーな街づくりとも相性が良く、環境に配慮した設置が可能です

 
導入・維持費用を削減
導入・維持費用を削減
  • 日々の電気代が一切掛かりません

  • ランニングコストを最小限に抑えて運用効率を高めています

導入・維持費用を削減
  • バッテリーには「市販のニッケル水素単三蓄電池」を使用しています(※使用寿命:約5〜6年程度)

  • 簡単且つ安価なメンテナンスを実現しています

↑このページの先頭へ

ソーラーLED標識の詳細

 

  • 全ての部材を一体化した構造により製品本体の薄型化を実現しています

  • 小型から大型まで複数のラインナップを取り揃えており、スペースが限られた場所にもお取付けいただけます

  • サインスタンドへの組込みといった独自筐体の設計も承っています

 
特許・実用新案を取得した新しい発電構造

ソーラーLED標識による課題の解決

  • 太陽電池の受光面に「彫刻アクリル板」や「インクジェット印刷」などのデザイン面板を重ね合わせています

  • ソーラーパネルの黒く機械的な外観が露出せず、周囲の景観に与える影響を最小限に抑えています

  • ピクトグラム、注意喚起、指示、案内、マップなど様々なデザインを表現することが可能です

 
次のようなお悩みにデザインソーラーパネル標識をおすすめします
 

お見積り・資料のご請求

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

製品の開発背景

夜間に光るLED標識の役割

夜間に光るLED標識の役割

  • 標識は、道路交通・安全対策・指示案内などをはじめとした様々な用途に用いられます

  • 特に、事故防止といった安全が求められる場面においては夜間でも高い視認性を保つ必要があります

  • 外国人に対する案内についても、標識内容の理解促進など不安感や不便さを無くすための配慮が注目されています

 
既存の標識や案内板が抱える課題

既存の標識や案内板が抱える課題

  • 現在、各方面で夜間も視認可能な標識が求められていますが、既存品にはライティングに関する課題がありました

  • 従来は外部電源に接続した「スポット式の照明」が多く採用されてきました

  • しかし、この方法では電気工事や配線設備が必要となるため、工事・施工コストが高くなり普及が阻害されてしまいます

 
ソーラーLED標識による課題の解決

ソーラーLED標識による課題の解決

  • 当社では、太陽電池の長所である「発電能力」と短所である「外観性」の両立を実現したLED標識の開発を行いました

  • 都市の文化や景観にマッチしながらも夜間における視認性の確保が可能となっています

  • 観光立国化および安全安心な街づくりを後押しする、太陽電池内蔵型コードレスLED標識『デザインソーラーパネル』です

↑このページの先頭へ

ソーラーLED標識の特徴

ソーラーLED標識の特徴

 
高輝度の照明で明るさを持続
  • 光源には「高輝度且つ低消耗のLED」を使用し、明るい発光を行います

  • 輝度の減衰がなく標識の視認性を維持できます

設置コストを大幅削減
経費削減のメリット
  • 照明器具や配線コードなどの設備費および電気工事費が一切不要です

  • 導入に掛かるコストを抑えることができます

  • 日々の電気代も掛からないため維持コストの削減に繋がります

再生可能エネルギーの活用
再生可能エネルギーの活用
  • 動力源には、自然エネルギーである「太陽光」を活用しています

  • 二酸化炭素の排出量を抑えて環境保護の取り組みを進めることが可能です

メンテナンスの簡易化と維持コストの削減
メンテナンスの簡易化と維持コストの削減
  • バッテリーには、1本200円程度の「市販充電池(ニッケル水素単三電池)」を採用しています

  • 簡単な調達や取り換えが可能です

  • 1度の交換で連続して約5〜6年程度ご使用いただけます

設置場所の景観に配慮
設置場所周囲の景観に配慮
  • 太陽電池の露出によって景観を損ねてしまう心配がありません

  • 様々な形状の筐体と組み合わせることも可能です

  • 観光地や住宅街など、周囲の景観に配慮すべき場所にも適しています

場所を選ばず自由な導入が可能
省スペース化により、場所を選ばず自由な導入が可能
  • 直射日光の当たる場所であれば配線距離などの制限がありません

  • サインシステムやスタンド筐体への組込みも容易となっています

多様な標識サイズをラインナップ
多様なサイズをラインナップ
  • 標準で3種類の規格サイズをご用意しています

  • 規格品以外に特注サイズのご要望も承っています

AC電源仕様(※オプション)
AC電源仕様(オプション)
  • 日照条件が満たせない場合は、「AC電源仕様」に電力機能を代替できます

  • 製品から電源コードを延ばして電源(コンセントなど)への接続を行います

北面設置セパレート仕様(※オプション)
北面設置(オプション)
  • 設置方角が北面となる場合、南面(標識背面)にソーラーパネルを分離して取付けることも可能です

  • 独立した発電機能を確保し、コードレス仕様を実現します

 

高性能マルチコントローラーを搭載

高性能マルチコントローラーを搭載

↑このページの先頭へ
標識の用途例
用途例
バス停
バス停
喫煙所
喫煙所
AED
AED
不法投棄
不法投棄
セキュリティ
監視カメラ
車止め
車止め
パーキング
パーキング
鉄道
鉄道
マップ・案内板
マップ・案内板
トイレ
トイレ
緊急連絡
緊急連絡
ゴミ箱
ゴミ箱
 
設置事例
長崎市様

長崎市様

日本三大夜景として有名な長崎市の景色を一望できる「展望台へのロープウェイ乗り場」を示す案内板です。夜景を見に来られる観光客の方々のために案内マップが必要でしたが、付近に電源設備がなく肝心の夜間帯に視認できない状況がありました。そうした問題を太陽光発電による電力確保により解決しています。

水巻町様

水巻町様

水巻町は石炭を中心とする鉱工業で栄え、現在は美しい田園風景に囲まれた市街地を形成する町です。福岡県北部に位置しており、新幹線などの整備によって観光で訪れる方も増加しています。同町の歴史・芸術・自然などを知ることができる水巻町歴史資料館への誘導案内を行う看板として、当社のデザインソーラーパネルをご導入いただきました。

水巻町様

豊中市様

豊中市春日町の「ヒメボタル」は絶滅危惧種に指定されている希少なホタルであり、同市での保護活動が行われています。一般に公開されているヒメボタル生息地の案内板としてデザインソーラーパネルをご導入いただきました。夜間観測のために「光る案内」が不可欠となっており、工事が困難であるという特性上、太陽電池による自家発電機能が役立ちます。昼夜の見え方も綺麗であると評価をいただきました。

京阪電気鉄道株式会社様

京阪電気鉄道株式会社様

京阪電車「伏見稲荷駅」の案内標識としてご導入いただきました。伏見稲荷大社は外国人観光客の訪問が日本で最も多い場所とも言われており、毎日大勢の人々で賑わっています。当標識は、伏見稲荷駅で下車した観光客の方々に対する道案内の役割を担っています。夜間点灯のために大掛かりな工事を施す必要がなく、環境に配慮した設計である点を評価いただきました。

京阪電気鉄道株式会社様

東京地下鉄株式会社様

「東京メトロ」の愛称で親しまれている首都圏の地下鉄です。この度は、東京都中央区の駅出入口の標識としてご導入いただきました。当標識は、夜間帯の発光により視認性を高め、利用者の注意を促す機能をもちます。住民の他にも、旅行客やビジターが非常に多い都内の土地柄であるため、分かり易い情報発信が欠かせません。動力源に再生可能エネルギーを用いており、クリーンな都市開発に役立つ点にも評価をいただきました。

↑このページの先頭へ

推奨使用条件

 
DSP標識 発電シミュレーション
グラフの説明
黒色の横ライン バッテリー満充電位置
青色の縦ライン バッテリー残量
黄色の縦ライン 1日の発電量
グレーの縦ライン 1日の消費電力量
 

点灯時間

3〜15時間/日(任意設定)

無日照対応日数

〜5日間(満充電・12時間発光/日)

推奨受光時間

晴れ日に2〜3時間以上

設置の方角

東西南 ※北面設置の場合は別途ご相談ください

 

※できるだけ建物や木などの影に入らない(日照時間が長い)場所をお選びください
※使用条件を満たすことができない場合、「AC電源仕様」のオプションも承っております
※北向きで推奨受光時間を満たすことができない場合、ソーラーパネルを別途設置する「セパレート仕様」のオプションも承っております

 

5日間の無日照(雨や雪など)期間が続いたとしても、2〜3日程度晴れの日があればバッテリーを満充電付近の状態まで回復することが可能です。設置につきましては、推奨受光時間を満たす場所へお取付けください。
※設置環境や天候、機能設定にて異なりますので、ご注意ください
※設置場所に関するご相談につきましては、お気軽にお問合せください

 

↑このページの先頭へ

製品スペック

型番  
SLB-S04/C
SLB-S6306/C
SLB-S10040/C
本体サイズ(mm)  

387W × 387H × 40D

634W(H) × 379H(W) × 40D

1027W(H) × 447H(W) × 40D

本体重量(kg)  

約2.8

約4.5

約9.0

ソーラーパネル 最大出力(W)
16
24
48
タイプ

単結晶

セル効率

〜 20%

LEDライト

ホワイト

点灯

センサーによる自動点灯

消灯

タイマー設定による自動消灯

点灯時間

3〜15時間/日 (任意設定・インバーター付き)

バッテリー  

充電式ニッケル水素電池

コントローラー  

自動過充電・過放電防止機能付

発光体  

アクリルエッチング導光板

フレーム  

アルマイトアルミニウム

無日照対応日数  

〜5日間
※満充電後、1日12時間点灯する場合の利用可能日数です
※製品種類、天候条件、充電状況により異なります

動作温度  

-10℃〜+40℃

防雨対応  

IPX5相当

付属部品  

壁取付け部品一式、取り扱い説明書、保証書

メーカー保証期間  

1年間(日本国内のみ対応可能)

注意事項  

※製品が汚れた場合は、柔らかい布でお拭きください
※シンナーやベンジンなどの有機性揮発溶剤の使用はお避けください

特許  

第4819971号

実用新案@  

第3172292号

実用新案A  

申請中

 

※上記は、標準規格品の製品スペックです
※上記以外のサイズ・仕様をご希望の際は、別途ご相談ください
※型番に「C」の表記があるものは、面板に印刷フィルムをご選択いただけます

 
パンフレット・資料のダウンロード
パンフレット名
形式とサイズ
ダウンロード

DSP標識パンフレット

PDF形式 1.86MB

ダウンロード

DSP防犯標識パンフレット

PDF形式 659KB

ダウンロード

DSPバス停標識パンフレット

PDF形式 597KB

ダウンロード

 

↑このページの先頭へ

メニュー

デザインソーラーパネル標識
に関するお問い合わせ
無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

↑このページの先頭へ