エコフューチャー株式会社


 

防災と減災


 

災害対策

 
目次

 
防災と減災の違いについて

「防災」と「減災」というと、どちらも災害から身を守るテーマでよく耳にする言葉です。よく似た言葉ではありますが、防災と減災は厳密に意味合いが異なっており、正しい知識を身に付けておくことによって災害予防への理解が一層深まります。このページでは、防災と減災の違いについて詳しくご紹介しています。

防災と減災の違い

防災と減災の違い

 

防災とは

「防災」とは、災害による被害を出さないようにする対策のことをいいます。意味合いとしては、言葉の通り災害からの被害を「ゼロ」に近付ける取り組みを指します。


従来、災害への対策を施す際は「防災」の考え方がメインとされていました。この場合、あらかじめ被害を想定し、それに対する防御・保険のような形で総合的な取り組みが行われます。


また、防災は広い意味で「被災から復旧まで」を含めるケースもあります。具体的には、過去の災害データを基にした建物の耐震化や河川の改修、災害マニュアルの作成から警報システムの開発まで、被害抑止に関わることが行われます。

 
防災の問題点

一方で、東日本大震災でも見られたように、巨大地震などの被害を想定して防災対策を行っていても、それを「超越する力」が発生した際には防災の備えが機能しなくなるリスクを抱えてしまいます。


また、災害を事前に予知する防災の研究はかねてより進められてきましたが、現在の科学において、自然災害の前兆を完全に予測することは困難だとされています。

 
減災とは
そうした中で生まれた考え方が「減災」です。減災とは、災害による被害を最小限に抑えるための対策をいいます。災害による被害が生じてしまうことを許容しつつ、人的・物的な損害を減らそうとする考え方です。

1995年に発生した阪神・淡路大震災による甚大な被害を受けて、災害を未然に防ぐことが困難であるとの認識が広まり、被害を減らしていく取り組みが活発になりました。

現在では、より合理的な考え方として「減災」を災害予防のベースに位置付けることも多くなっています。防災と減災は内容が重なる部分も多岐に渡って存在するため、基本的には両方を推進していくことが求められます。

↑このページの先頭へ

個人で可能な減災対策のポイント

個人で可能な減災対策のポイント

減災には、堤防や避難所の建設といったハード面の公共策だけでなく、市民一人ひとりが防災意識をもち、取り組みに参加するためのソフト面の対策も含まれます。内閣府の発表によると、個人や地域の単位でできる「減災のポイント」として、以下の7つがあるとされています。

 

自助と共助

 

地域の危険を知る

 

地震に強い家づくり

 

家具の固定

 

日ごろからの備え

 

家族で防災会議

 

地域とのつながり
↑このページの先頭へ

防災と減災 - まとめ

上述のように、防災と減災は異なる意味合いをもち、対策の方法もそれぞれ違っています。現在では、減災の考え方を根底に置いた防災対策が広がっており、従来とは違った視点でのアイデアが出てきています。防災および減災の取り組みは、過去の経験から発案されることが多く、防災技術の革新と相まって、今後の更なる発展が期待されています。

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED避難標識

 

防災と減災に関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ