エコフューチャー株式会社


 

避難時の心得


 

避難の心得

自然災害はいつ発生するのかといった予測が非常に難しく、唐突に事態を変化させる影響力をもちます。災害に対応するためには、避難時における正しい行動や心構えを「知識」として身につけておくことが肝心となります。

目次

 
避難時の心得

状況に応じた心構え

緊急時はパニックを起こしやすく適格な判断を下すことが困難となるため、普段からの訓練や情報収集を怠らないように注意が必要です。災害に対する心構えは大切ですが、それぞれの状況に応じたものであることが求められます。状況は刻一刻と変化していくため、最適な行動をとれるように備えておきましょう。

普段から気を付けておくべき4つの心得

普段から気を付けておくべき4つの心得

 

天気予報や河川情報に注意

日頃から異常気象の発生および予測がないかといった点を確認し、注意報や警報が出た際には安全面に配慮することが肝心です。特に、梅雨や台風の季節は水害が起こりやすいため、テレビやインターネットなどの天気情報・河川情報に注意します。

 

身の回りの災害の危険性を確認

身近なところでは、「ハザードマップ」や「氾濫シミュレーション」などで自宅付近の被災種類や地盤の高さなどを確認し、災害が発生したときの危険性を知っておきましょう。地理的要因と災害の関連性について知識を身に付けておくことも重要です。

 

避難場所やルートの確認

避難先の場所やそこに到達するまでの安全な道順をハザードマップで確認したり、実際に歩いて覚えておくと避難時に役立ちます。慣れない土地の場合は、事前に避難標識やマップを確認しておくことが大切です。

 

非常食・持ち出し品の準備を万端に

非常食・飲料水・懐中電灯・携帯ラジオ・乾電池などの持ち出し品を事前に準備しておきましょう。避難所での供給にも限りはあるため、最低3日分の水と食料は自分で用意しておくことが大切です。

↑このページの先頭へ

避難のときの4つの注意点

避難のときの4つの注意点

 

避難の前には火の元・戸締りを確認

避難所への移動や避難行動で家を空ける時は、二次災害および空き巣などの犯罪を予防することが大切です。ガスの元栓、電気器具の電源、戸締りをしっかりとチェックします。なお、緊急時はこの限りでなく、身の安全を最優先に考えて行動してください。

 

靴は長靴よりも、動きやすい運動靴を選択

靴は、長靴よりもひもで締められる動きやすい運動靴を選択しましょう。靴擦れを予防するため、履き慣れたものが良いと考えられます。また、屋外の危険に備えてヘルメットか防災ずきんをかぶり、手袋も付けると安全性が高まります。

 

お年寄りや妊婦さん、子供たちの安全を第一に

避難するときは、まず、お年寄りや子ども、体の不自由な人などの安全を第一に考えて動きましょう。困ったときはお互い様という精神で、ご近所や地域の人々と共に助け合って行動することが大切です。

 

川沿いは強風に注意し、危険の恐れのある場所は避ける

川沿いを歩いて避難するときは、できるだけ川から離れた場所を歩き、川付近には近寄らないよう心がけます。また、塀やガケの近くなど、倒れたり崩れたりする恐れのあるポイントはできるだけ避けて通ります。

↑このページの先頭へ

震災発生時の心得

震災発生時の心得

 

わが身の安全を確保に

地震が起きたらテーブルなどの下にもぐり、頭上から物が落ちてくる危険に備えます。まず第一に身の安全を確保し、頭を隠して揺れが収まるまで待機しましょう。

 

戸を開けて出口を確保

特に中高層住宅では震災により建物が歪んで戸が開かなくなる恐れがあります。揺れが収まったら、避難のための出口を確保しましょう。

 

あわてて外に飛び出さない

あわてて外に飛び出すと、落下物などにより負傷する危険があります。周囲の状況を確かめてから落ち着いて行動しましょう。

 

火が出たらすぐ初期消火

火が出たら隣近所にも協力を求め、すぐに初期消火に努めます。火の手が広がらないように、小火の段階で落ち着いて対処するよう心掛けます。

 

狭い路地やブロック塀には近づかない
狭い路地は、落下物やブロック塀の倒壊といった恐れがあります。危険が予測できる建物の付近にはできるだけ近寄らないようにしましょう。

 

車の運転中

車内で被災した場合、揺れを感じたら徐々に減速し、道路の左側に寄せて止まります。急な行動は危険ですので、落ち着いて動きましょう。停車後もあわてて外へ飛び出さず、まずはカーラジオやインターネットで情報を入手することが大切です。車を離れる場合は、ドアをロックせず、キーは付けたままにしておきましょう。

 

地下街・デパートなど

大勢の人がいる中での勝手な行動はパニックを引き起こすため、必ず従業員の指示に従うことを心掛けます。地下は、地上より揺れが小さいと言われています。停電しても非常灯が点くので、慌てないで行動しましょう。暫く時間が経っても明かりがつかない場合は、壁伝いに歩いて外に出るようにします。

 

電車・バスなどの車内

車内が混雑している場合は、将棋倒しや棚からの落下物に注意します。交通が麻痺することが予測されるため、勝手に車外へ出るのは危険です。駅のホームにいる際はカバンなどで頭を保護し、柱や壁、ホーム中央に身を寄せます。

 

住宅街

落下物や建物の倒壊といった事故があるため、住宅街は危険です。公園などのなるべく広い場所に避難しましょう。ブロック塀、自動販売機、古い建物からはなるべく離れてください。行動する際は、ガラスの破片や屋根瓦などの落下物に十分に注意しましょう。

 

高層ビル

窓ガラスが破損する危険があるため、窓際から離れ、まずは身の安全を確保します。エレベーターに閉じ込められた際は、非常ボタンを押し続け、非常電話で救助を求めます。ドアをこじ開けるなどの行為は大変危険ですので、最優先で救助を求めましょう。

↑このページの先頭へ
避難先での心得

避難先の心得

 

避難所利用者同士の協力

避難所では、自治会や自主防災組織などの運営組織をつくり、責任者の指示に従ってお互い協力し合うことが大切です。病気やケガなど、早急に対応しなければならない人がいる場合は関係自治体に連絡し指示を受けます。

 

正しい情報の取得

ラジオや係員からの情報を聞き、デマや誤った情報をむやみに信用しないようにしましょう。避難勧告または指示が解除されるまで無理に帰宅せず、避難所で待機します。

↑このページの先頭へ
避難時の心得 - まとめ

- 避難時における4つの心得 -

上記のように、避難時の心得には「日常」「避難時」「災害発生時」「避難先」と4つの項目があります。災害が発生してからの事態は刻々と移り変わりますが、落ち着いて行動するためには、こうしたフェーズ別の心得を知っておくと役に立ちます。

- 避難所での生活 -

避難所での生活が長引くケースでは、避難所の機能と生活実態について把握し、事前の準備を進めておくことが大切となります。(※詳細は、避難所の機能と被災生活をご参照ください)

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED避難標識

 

避難時の心得に関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ