エコフューチャー株式会社


 

防災用グッズ


 

避難アイテム・グッズ

目次

 
個人で準備可能な防災時に役立つグッズ

大規模な自然災害が発生すると、交通インフラや生活の基盤が破壊されてしまう恐れがあります。インフラが作用しなくなると、日常生活で当たり前にできていたことや用意されていたものが無くなり、支援・復旧までの間大きな不便を強いられることとなります。ここでは、災害に備えて個人で準備可能な非常時に役立つグッズについてご紹介しています。(※食料品に関する詳細はこちら

日用品

日用品

水・飲料水

人間が必要とする水は、1日当たりおよそ「3リットル」と言われています。避難物資が到着するまで水はとても大切になりますので、3日分程度の備えが理想です。

その他飲料

水は様々な用途があるので、なるべく飲料水にはしないようジュース等も併せて持ち出せるようにしておきます。

食料

缶詰やレトルト食品など、保存が利くもので、且つなるべく加熱調理の必要の無いものが便利です。賞味期限を見て時々入替えるように注意しましょう。

ガスコンロ

電気が使用できない環境が発生した際は、ガスコンロが役立ちます。お湯を沸かしたり調理用として使用可能ですが、ガスの取扱いには注意が必要となります。

懐中電灯・ラジオ

懐中電灯やラジオは、灯りを確保することおよび正しい情報を入手するために使用します。予備のバッテリーがあれば、より長時間使用できるため安心です。

軍手

作業中のケガなどを予防するための手袋です。冬場においては防寒用としても役立ちますので、いくつか常備しておきましょう。

携帯電話

被災直後は回線が混乱するので使用できない恐れもありますが、貴重な連絡手段のひとつです。充電器も含めて用意しておきましょう。

救急用品・常備薬

包帯やバンドエイドなど、怪我の対策として用意しておくと便利です。また、高血圧やぜんそくなどがある場合は、薬も併せて2、3日分確保しておく必要があります。

ヘルメット・帽子

避難時に頭上を守るための備えとして用意しておきましょう。
また、普通の帽子でも避難所生活時の身だしなみを整える際に役立ちます。

眼鏡・老眼鏡

視力確保のため、常に持ち歩くようにしましょう。
収納しておくケースや予備もあると便利です。

タオル

主に身体や手などを拭くために使用します。
また、雑巾や応急手当の包帯代わりにも活用できます。

工具など

ナイフ、はさみ、カッター、スコップ、バールなどがあると作業時に役立ちます。
工具は危険を伴うため、取り扱いには十分注意をしてください。

マスク

倒壊した建物から出る埃から身を守ったり、避難所での風邪予防として使用できます。花粉対策などにも役立ちますので、複数を用意しておきましょう。

耳栓・アイマスク

避難所は大勢の人が共に寝起きし生活する場所となるため、ストレスなく睡眠や休息を取る目的で使用できます。

↑このページの先頭へ

防災・安全用品

防災・安全用品

携帯トイレ

避難所のトイレは大勢の人で混み合い、使用が困難となる恐れもあります。
万が一に備えて携帯用のトイレ(市販品)を準備しておきましょう。携帯トイレは、バケツにゴミ袋で代用することも可能です。

笛・ホイッスル

声が出ない時、自分の存在を知らせることができます。
身の危険を知らせるために必要となります。

↑このページの先頭へ

貴重品

貴重品

保険証

保険証は、怪我をして治療を受ける時や身分証明書としても使用できます。

通帳・印鑑

被災地では被災者を狙う犯罪が多発する恐れがあります。
自分の貯蓄を守るためにも、しっかりと管理をしましょう。

↑このページの先頭へ

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED避難標識

 

防災用グッズに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ