エコフューチャー株式会社


 

防災用ピクトグラム

防災用ピクトグラムのデザインと意味

 
目次

 
防災用ピクトグラムとデザインの意味

防災関連のサイン・標識などに用いられる「ピクトグラム」は、種類別に様々な意味があり、JIS規格によって標準化されています。ここでは、防災用ピクトグラムおよび防災サインの代表的なデザインをご紹介するとともに、設置時のルールについても解説しています。

JIS規格と防災用ピクトグラム

JIS規格と防災用ピクトグラム

 

JIS規格とは

JIS規格は「日本産業規格(Japanese Industrial Standards)」の略であり、日本の産業製品に関する規格や測定法などを定めた国家規格のことをいいます。

  • 規格での標準化により、経済・社会活動における利便性の確保が保たれます

  • 防災表示の規格には「JISZ8210」「JISZ9098」などの種類があります

  • 詳細は、JIS規格の災害避難誘導デザインをご参照ください

 
ピクトグラムとは

街中で見かける防災サインには様々な種類がありますが、基本的には「ピクトグラム」と呼ばれる図記号を用いて表示内容が構成されています。

  • 情報や注意を示すための「図記号」を総称しています

  • ピクトグラムは、JIS規格によって指針が示されています

  • 文字による表現の代わりに視覚的な図や記号で表現し、言語の違いによる制約を受けずに避難情報の伝達を行うことを目的としています

 
防災サインのデザイン

外国人観光客が増加している昨今、避難誘導に関する案内は緊急時に誰もが必要とする情報であるため、ユニバーサルデザイン化が図られています。

  • ユニバーサルデザインを意識して表示内容を選択することで、「誰もが内容を判断できる」という配慮が可能です

  • 防災サインを製作する際には、JIS規格に沿ったレイアウトが多く用いられます

  • 詳細は、標識・看板におけるユニバーサルデザインをご参照ください

↑このページの先頭へ

防災関連ピクトグラムの意味

JIS Z8210 広域避難場所
JIS Z8210 広域避難場所

指定された「広域避難場所」を示します。広域避難場所とは、地震等による延焼火災のために用意された、おおむね10ヘクタール以上の広さの場所をいいます。地域特性に応じて自治体が地域防災計画に基づき選定しています。

 
JIS Z8210 避難所(建物)
JIS Z8210 避難所(建物)

災害時の仮の生活を支えるための避難所を示しています。

 
JIS Z8210 洪水
JIS Z8210 洪水

該当の地域が「洪水の影響を受ける可能性がある」という意味を示しています。想定浸水深や実績浸水深をはじめ、洪水時に利用できる避難所など、洪水に関連する各種情報を発信するために使用されます。

 
JIS Z8210 堤防
JIS Z8210 堤防

該当の地域が「堤防によって洪水の影響から守られている」旨を示しています。

 
JIS 未設定 津波
JIS 未設定 津波

津波に関する情報全般を表示する際に使用されます。

 
JIS Z8210 津波注意
JIS Z8210 津波注意

地震が起きた場合、津波が来襲する危険のある地域を示しています。

 
JIS未設定 津波避難喚起
JIS未設定 津波避難喚起

津波が来たときの避難を喚起します。

 
JIS Z8210 津波避難場所
JIS Z8210 津波避難場所

津波に対しての安全な避難場所(高台など)の情報を示しています。

 
JIS Z8210 津波避難ビル
JIS Z8210 津波避難ビル

津波に対しての安全な避難場所(津波避難ビルなどの建物)の情報を示しています。

 
JIS Z8210 洪水 / 内水氾濫
洪水 / 内水氾濫

洪水又は内水氾濫に対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 土石流
土石流

災害のうち、土石流に対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 津波 / 高潮
津波 / 高潮

災害のうち、津波又は高潮に対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 崖崩れ・地滑り
崖崩れ・地滑り

災害のうち、崖崩れ及び地滑りに対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 大規模な火事
大規模な火事

災害のうち、大規模な火事に対しての情報を示します。

 
JIS Z8210 土石流注意
土石流注意

土石流の発生が予測される危険地域を表示しています。

 
JIS Z8210 崖崩れ・地滑り注意
崖崩れ・地滑り注意

崖崩れ・地滑りの発生が予測される危地域を表示しています。

 

↑このページの先頭へ

防災サインのJIS規格とレイアウト

避難誘導標識のレイアウト

 

津波避難誘導標識システム

JISZ9098 災害避難誘導標識システム

避難誘導におけるピクトグラム図記号(JIS規格)は、従来より詳しく定められていました。しかし、ピクトグラム単独の表示では、避難場所に辿り着くための情報として不十分となってしまう恐れがありました。


そこで、現在地の海抜や避難場所までの道順・距離などに関する複合情報を含んだ誘導案内を、避難経路に「一連のサイン」として設置するために規定したJIS規格が制定されました。これが「津波避難誘導標識システム」です。


このJIS規格は、津波注意標識・津波避難情報標識・津波避難誘導標識・津波避難場所標識・津波避難ビル標識といった案内に含まれるべき情報についての規定です。(※詳細は、防災サインの設置ルールをご参照ください)

 
レイアウト

津波避難誘導標識システム

出典:経済産業省「津波避難誘導標識システムのJISを制定」平成26年9月22日

 

レイアウトとして、津波災害警戒区域の範囲、避難場所/津波避難ビルの位置、推奨する避難方向などを併せて記載します。このとき、地図・矢印・ピクトグラムなどのデザインを組み合わせることで、言語が異なる人々にも内容を伝達できるよう注意します。(※詳細は、避難誘導標識システムの英語表記をご参照ください)

↑このページの先頭へ
避難誘導ピクトグラム(非常口)の用途

避避難誘導ピクトグラムの用途

 

誘導灯

屋内施設では、避難案内として「誘導灯」が用いられます。誘導灯は、建物から安全に避難できる場所(出入口/非常口)を表示する役割を担っています。通常、常時点灯を行い、停電時は非常用電源などを利用して視認性を維持します。


誘導灯の詳細な仕様やデザインについては消防法にて規定されています。一般的には、室内でよく目にする「非常口」を意味するピクトグラムが用いられます。通常、A〜C級に区分され、それぞれ誘導灯の有効範囲が決められています。

 
誘導標識

誘導標識は、誘導灯の有効範囲外の場所で用いられます。例えば、建物内の廊下・階段・通路など、避難口に通じる経路に設置されます。デザインやピクトグラムについては厳密に定められておらず、進路方向やマークを示すものでも許可されています。


主に、素材にはリン光などによって発光する蓄光材が用いられます。蓄光材は周囲が暗くなると光を放ち、時間の経過と共に照度が低下していきます。照度200lxの外光を20分間照射し、その後20分経過した後の照度が「24mcd/u以上100mcd/u未満」のものを中輝度蓄光式と呼び、「100mcd/u以上」のものを高輝度蓄光式と呼びます。

↑このページの先頭へ

まとめ

- 防災用ピクトグラムの種類 -

防災用ピクトグラムには10種類を超える多様なデザインが用意されており、屋内/屋外・誘導・指示・案内など、あらゆる情報提供を想定した内容が規格化されています。近年では、JIS規格に災害の種類別ピクトグラムが追加され、より詳細な防災・避難情報を発信することができるようになっています。

- デザインの更新 -

ピクトグラムのデザインが大幅にリニューアルされることは滅多にありませんが、識別性などを意識したマイナーチェンジや防災環境に則した更新が行われるケースもあるため、サインの表示内容を最新の状態に保つよう注意することが必要です。

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED避難標識

 

防災用ピクトグラムに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ