*

「 自治体における防災対策の実施例 」 一覧

デザインソーラーパネルが総務省の調査にて紹介されました

エコフューチャー株式会社(大阪市)が開発・製造・販売する、太陽電池内蔵のコードレスLED内照式防災標識・サイン・看板である「デザインソーラーパネル(DSP)」が、2017年12月25日に総務省近畿管区

続きを見る

防災サイン設置事例 東広島市様

防災サインの設置目的 避難場所であることを示す標識・看板・サインを設置すること 避難場所が対応する災害種別の表記を掲示すること 夜間にも表示内容を視認できる標識・看板・サイン

続きを見る

夜間の避難対策に遅れ 光る標識や看板の整備が急務

こんにちは、エコフューチャーです。本日は、総務省中部管区行政評価局が実施した津波避難対策の実態調査についてご紹介します。 調査の結果、約6割の回答者(有識者)が夜間の津波避難対策について不十分で

続きを見る

防災看板のデザインとJIS規格

防災看板のデザイン 防災用の看板に描かれるピクトデザインには種類によって様々な意味があり、JIS規格によって標準化されています。ピクトサインとは情報や注意を示すために表示されるデザインのこと

続きを見る

避難誘導看板 導入ストーリー(千葉県匝瑳市様)

千葉県匝瑳市様が避難誘導看板を導入するに至ったきっかけ 千葉県の沿岸部に位置するS市様。平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、住家・非住家併せて全壊家屋が約10棟、半壊家屋が約30棟、

続きを見る

  • 避難時の心得
PAGE TOP ↑