エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページサインラボ ≫ 多言語サイン

多言語サイン

多言語サイン

 
目次

規定ルール 適応の範囲 メニュー
 
訪日外国人に向けたガイドライン

多言語サインとは、外国人旅行者の方々が安心して日本観光を楽しめるよう、わかりやすい案内板の普及を図り策定された「観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」に基づいたサインデザインです。公共施設・自然公園・観光地および道路・公共交通機関など、幅広い分野で共通する指針とされています。

多言語サインの規定ルール

多言語サインの表記

 

多言語対応を行う対象・範囲等

基本的に「禁止・注意を促す内容」および 「名称・案内・誘導・位置を示す内容」のサインでは、訪日外国人旅行者にとって利用価値が低い場合を除き、英語併記を行うことが求められます。中国語や韓国語などを表記する必要性が高い施設については、視認性や美観に問題がない限り、表記を行うことが望ましいとされています。

 

非常時対応としての多言語化

日本語でのコミュニケーションが困難な外国人旅行者に対しては、最低限の情報として、災害・事故・火災などの非常時における人的な多言語対応が求められます。しかし、現状においては非常・緊急時における多言語対応が十分に実施されているとは言い難い状況にあり、サインや案内板の多言語化が急務となっています。

 

ピクトグラムの活用

ピクトグラムは、一目で情報の意味を理解できるよう構築された図記号であり、「標準案内用図記号ガイドライン」で125種類が示されています。 そのうち116種類がJIS化され、「JIS Z 8210」として制定されています。これらのピクトグラムを使用することが、統一性の観点から望ましいとされています。

 

サインデザインと設置方法

多言語サインの新設・改修を行う際には、周辺の自然環境や空間との調和を図ること、誰にでも分かりやすい内容であること、デザインの統一感を持たせること、といった3要素が必要となります。また、設置場所に関しては、移動や景観鑑賞の妨げにならない位置を検討することが求められます。

↑このページの先頭へ

多言語サインの適用範囲

多言語サイン

 

部分適応と全体適応

サインを多言語化するにあたっては、その適用範囲をどう定めるのかといった問題があります。これには様々な解釈が存在しますが、一般的には「部分適用」と「全体適用」の2種類があります。


部分適用では、「見出し」などの重要な個所のみを多言語化し、詳細個所は日本語のみの表記を行います。ピクトグラム(図記号)などを中心にデザインを構成するケースも多く見られますが、説明が無くとも意味が理解できる内容となっている点が条件です。


全体適用は、全ての掲載文章を多言語化したサイン表記です。細かい説明文まで外国語に翻訳するため、作成が複雑化しますが、与える情報量が大幅に増加します。主に、観光資源の説明や交通マップなどで用いられます。

 

防災・緊急避難への活用

サインの中で、特に重要性が高いものが、「災害・事件・事故などの緊急事態」が発生した際の避難方法を示す内容です。人命に関わる情報となるため、優先度が高く設定されており、専用のガイドラインなども存在します。(※詳細については、防災サインの外国語表記をご参照ください)

↑このページの先頭へ

多言語サイン - まとめ

観光立国としての事業を推進するうえで、現地での情報発信源である「サイン」を多言語化する取り組みは必要不可欠となっています。交通の拠点や観光地では、大部分のサインが多言語対応となっており、利用者の利便性も向上しています。一方、予算上の都合や設置台数が膨大なことから取り替えが進められていないケースも多くあります。その場合は、優先順位を決定した上で徐々に整備を進めていくことが望ましいとされています。

↑このページの先頭へ

メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

多言語サインに関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ