エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページサインラボ ≫ 看板の種類

看板の種類

看板の種類 看板の価格 屋外サインの防水

 

看板の種類

目次

種類と目的 種類 選び方 メニュー
 
用途や場所により選択される看板

看板には、用途や設置環境によって様々な種類があります。大きく分けても、店名や社名を示すものから商品やサービスのPR、広告、メニューなど多岐に渡り、ターゲットごとに看板を使い分け、効率的な集客を行うことが重要です。宣伝のために屋外で使用する場合は、防水対策を施した看板を用いる必要があります。

看板の種類と目的

看板の種類
主な目的
野立て看板
広告・誘導
壁面看板
店舗・企業名
袖看板
店舗・企業名
懸垂幕
キャンペーン・サービス
ファサード看板
店舗・企業名
スタンド看板
メニュー・誘導

 

看板の価格

主な看板の種類

 
野立て看板(ロードサイン)
野外に支柱を立て掛けて掲示する屋外看板です。主にロードサイド(道路脇)に設置され、道を通る車や人に対して、店舗・施設などの場所や商品・サービスなどの広告を周知させる目的で使用されます。夜間は見えなくなってしまうため、視認性を高めるには電源を引き照明を取り付ける必要があります。

 

壁面看板
建物の壁面に設置する看板です。主に店舗・施設の商品情報やサービス、イメージなどを伝える目的で使用されます。建物の外観にマッチした看板デザインであるほど集客効果が高いとされており、センスやデザイン性が求められます。

 

袖看板
主に、ビルなどの壁面から突き出して設置される看板です。ビルのテナントとして入居している会社の名称などが表示されています。企業名やロゴだけが描かれるケースが多く、あまりデザイン性は意識されません。遠方からでも確認しやすく、来客者への目印となります。

 

懸垂幕
デパートなどの大型商業施設で、屋上や窓辺から垂れ幕でキャンペーンの告知などを行う際に用いられます。トロマットやターポリンを材質として用いることが多く、一般的にはサイズで価格が決定されます。

 

ファサード看板
建物の出入り口上部に設置される大型の看板です。店舗や企業、ビルの名称を表示するために用いられます。夜間帯の使用のため、看板外部に照明を取り付ける「外照タイプ」と、看板内側から照明を点灯させる「内照タイプ」があります。

 

スタンド看板
店舗や商業施設の前に置く自立式の看板です。メニューやサービスといった情報を通行人に対してPRし、顧客を誘導するために用いられます。許可されたスペース内であれば、自由に移動させることができます。通行人の目に留まりやすい場所に設置できれば、看板効果の向上が可能となります。
↑このページの先頭へ

看板の選び方

既製品
既製品は、サイズ・素材・形状などが販売時に既定されている看板です。価格が比較的安価であり、看板店やWEBショップなどで手軽に入手することが可能です。看板のカスタマイズは困難であり、柔軟性が低いと言えます。普遍性の高い製品が多いため、個性は無いものの使い勝手が良く、多くの分野で広く普及しています。

 

専門品
専門品は、垂れ幕や提灯のように、サイズ・素材などは規定的であるものの、形状が特殊な看板をいいます。看板としての使用に歴史のあるものが多く、文化・伝統的な側面をもつ一方、使いどころが限定的であるという特徴があります。価格は安価〜高価まで様々であり、専門店で販売されています。

 

特殊品(オーダーメイド)
特殊品は、顧客からのオーダーメイドにより作成される看板です。要望を受けて作成するため、カスタマイズが自由であり、柔軟性が非常に高いと言えます。看板の職人によって製作されることが多く、一点物となるため、価格は比較的高価となります。以前は、手書き看板が主流でしたが、近年では、3Dクラフトなど看板の幅が広まってきています。
↑このページの先頭へ

メニュー:サインラボ

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

看板の種類に関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ