エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページサインラボ ≫ 標識

標識

標識

目次

種類 使われる場面 メニュー
 
標識とは

標識とは、情報を示すための記号が記された表示板のことをいいます。道路、鉄道、航路をはじめとして、主に交通ルールや安全対策のための情報提供に使用されます。ここでは、人々の生活の身近にあり、古くから用いられてきた情報発信ツールである「標識」の役割と特徴について詳しく紹介しています。

日本にある標識の種類

日本にある標識の種類

 

標識の中でも最も見かける頻度が高いものが道路交通に関わるものです。道路標識には様々な種類が存在しますが、「案内標識」「警戒標識」「規制標識」「指示標識」「補助標識」といったいわゆる道路標識のみで約250もの数があります。


全国の設置数は1000万を超えるとされており、日本における交通道路の整備と標識の普及の広さが伺えます。


また、一般的なものではありませんが、鉄道の路線に設置される鉄道標識や航路に設置される航路標識、海上標識など用途により様々な専門のサインが存在しています。


各種施設で見かける、トイレやエレベーターの所在を示す記号なども標識の一種です。こうした記号は、言語の違いを超えて全国共通の認識を持てるよう「ユニバーサルデザイン」という概念が用いられます。

↑このページの先頭へ

標識が使われる場面

標識が使われる場面

 

標識がもつ記号の特徴

「標識」は「看板」と異なり、記号(ピクトグラム)を表示のメインに据えています。つまり、言葉による説明は補助的な役割であり、一瞬見ただけでどういう意味なのか判別できるという仕組みとなっています。


例えば、道路における付属物として多数の標識が用いられていますが、これを「どういった道路なのか」「何に対して注意すべきなのか」といった言語情報にて表示していると、その判別に時間を要してしまい、かえって交通事故などを引き起こす原因となりかねません。


視覚的情報から意味を捉えられるため、瞬時の判別が求められる乗り物の運転や移動といった場面において、標識が重宝されています。また、言語表現に依存しないという側面から、言語障壁をクリアするバリアフリー設備としても役立ちます。

 
道路標識の設置基準

基本的に、道路標識を設置する主体は都道府県の公安委員会と道路管理者であり、管理も同様の組織が所轄しています。設置基準は「道路法」および「道路交通法」によって法整備が整えられており、独自の判断や基準で設置することは禁止されています。


標識の設置においては、視認性を損なわないようにする点が求められます。木の枝や葉、他の障害物などによって隠れてしまう場所は設置に適しておらず、判読所要距離から識別できるようにしなければなりません。


また、寸法にも標識令における規定があります。それぞれ、警戒標識(一辺45 cm)、円形の本標識(直径60 cm)、三角形の標識(一辺80 cm)、正方形の標識(一辺60 cm)、補助標識(横40〜60 cm、縦10 cm以上)となっています。


こうしたサイズの規定は、自動車を運転している想定時速状況下にておいて識別を可能とするために設定されています。

 
課題点について

標識は金属やパネルを用いたモノであるため、時間の経過により腐食や損傷といった劣化が見られます。また、道路脇に設置される標識に関しては、事故などを受ける危険もあります。


一方で、全ての道路付属物は安全かつ円滑な交通を保持する役割を担うため、これらの劣化事象に関しては計画的な補修や点検が必要となります。


こうした状況の中、現在では道路標識の点検を行う人員の不足やコスト問題が浮上し、全ての標識において管理が十分に把握できない問題が発生しています。


そのため、必要性のない標識の新設を抑制したり、維持費が節約できるタイプの標識へ切り替えるといった取り組みが進められています。

↑このページの先頭へ

メニュー:サインラボ

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

標識に関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ