エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページサインラボ ≫ スポーツイベント

スポーツイベント

スポーツイベント

目次

各種整備 役立つサイン 防災設備や避難場所の設定 メニュー
 
スポーツイベントの開催

日本では、2020年の東京オリンピック・パラリンピックや2019年のラグビーワールドカップなど、大規模なスポーツイベントが開催されます。出場選手をはじめとして、海外から外国人観光客が多数訪日することが予想され、現在そのための整備が進められています。

宿泊施設や交通機関、競技施設などの整備

観光客の宿泊施設不足

現在、アジア圏を中心とした外国人観光客の急増に伴い、「宿泊施設の不足」が問題となっています。ホテルなどの宿泊施設だけでなく、民泊など法改正が進められた分野もあり、受け入れの体制整備が進んでいます。WEBサービスの発展によって、宿泊関連は「新たな宿泊環境」を築き上げており、新規市場の開拓が期待されています。

 

民泊とその問題

民泊は「一般の建物」や「マンション」を宿泊施設として利用するため、外観から判断することができず、その分かり難さが課題となっていました。こうした点で、統一された民泊のマークやロゴが一般的に普及するようになれば、「表示板の設置」により利便性が向上します。

 

インフラ整備

今後、更に訪日客数が増加することを考えると、宿泊施設だけでなく交通手段や観光地などのインフラ整備も必要となってきます。また、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、国立競技場をはじめとする競技会場の建設が進められており、周辺施設の施工と併せて大規模な工事が行われています。

 

屋外用の通信設備(無線LANアクセスポイント)の普及

駅や空港、商業施設、コンビニ、飲食店といった屋内施設に関しては、無料Wi-Fiスポットの整備が着々と進められています。情報の取得といった面で、海外ユーザーでもインターネットを自由に利用できるよう「通信インフラ」の普及が重視されています。

 

屋外用通信設備の課題

一方で、屋外の観光施設や街中などは電源の確保が困難なこともあり、無料Wi-Fiスポットの設置が困難となるケースも少なくありません。無料接続できるWi-Fi環境はセキュリティ面から煩雑な手続きを要する場合がありますが、外国人観光客の利便性を高めるため、導入課題のクリアが期待されています。

↑このページの先頭へ

スポーツイベントに役立つサイン

スポーツイベントに関するサイン整備

大規模なイベントが開催される際は、通常、競技場(スタジアム)や周辺地域の整備・再開発が行われます。利用者の利便性を向上し、地域や技術の魅力を発信する場として、各々のテーマに沿った整備が施されますが、サイン類は「付随物」として施設整備の補助的な役割を果たすために必ず設置されます。

 

規律やルールを示すためのサイン

 

用途や目的を示すためのサイン

 

安全や注意を示すためのサイン
↑このページの先頭へ

スポーツイベントにおける防災設備や避難場所の設定

防災設備や避難場所の設定

地震や風水害などの自然災害に対し、外国人観光客やビジターでも素早く避難ができるよう、各自治体で防災プランが策定されています。防災プランは人々の安心・安全を第一に考え、誰にでもわかりやすい避難計画や避難方法を提示することが求められます。


特に、外国人観光客は日本語での意思疎通が困難となるため、災害弱者になりやすいと言えます。外国人向けの避難計画や避難場所情報は、観光情報と併せて供給することが理想です。多くの人の目に触れやすいパンフレットなどの媒体が有効です。


緊急時の指示・案内をより多くの人に伝達するため、日本語のみならず外国語の表記が必要となります。高齢者や障害者も含め、こうした災害弱者が緊急時にいかに安全に避難できるかという点が今後の防災計画における大きなテーマとなります。

メニュー:サインラボ

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板

 

スポーツイベントに関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ