エコフューチャー株式会社  

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページニュースリリース ≫ 東京都港区ちぃばす様のバス停にDSP標識をご導入いただきました

【2019年04月01日】東京都港区へのバス停標識設置情報

ニュースリリースに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。
製品の販売状況や仕様、価格などが変更している可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
 
東京都港区ちぃばす様のバス停にDSP標識をご導入いただきました

2019年03月31日

 

エコフューチャー株式会社(宝塚市)は、東京都港区コミュニティバス「ちぃばす」のバス停留所に、太陽電池内蔵型コードレスLED標識「デザインソーラーパネル(以下、DSP)」をご導入いただきました。

バス停

港区コミュニティバス「ちぃばす」は、芝浦地区と赤坂地区を結ぶルートを走行している、地域住民・ビジターの重要な移動手段です。地域に根差した交通インフラであり、ロゴマークのデザインには、地球にやさしいバスを象徴する「空と雲と緑」を象徴した色遣いが表現されています。


今回ご導入いただいた当社のバス停標識は、自然エネルギーである太陽光を受けて夜間照明用の電力を賄う機能を備えており、ちぃばすがもつコンセプトに適応しているという点にも評価をいただきました。

バス停標識のリニューアル

バス停が抱える問題のひとつに、「電力確保」が挙げられます。利便性を向上する設備である照明器具やデジタルサービスの提供には、電力が必要となります。しかし、各地点にスポットとして点在する停留所は、電源工事が困難となりがちです。そのため、現在では複数の補助金などが用意され、夜間対策や安全対策の費用が賄われています。


当社のデザインソーラーパネルは、電源工事類を全て排除し、取付け作業のみでバス停のリニューアルを実現しています。太陽電池を用いながら周囲の景色や都市景観に悪影響を与えない点も大きなメリットとなっています。

 

関連ページへのリンク

ニュースリリースに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ