エコフューチャー株式会社  

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページニュースリリース ≫ デザインソーラーパネル銘板に新サイズを追加しました

【2018年2月21日】DSP銘板に新サイズを追加

ニュースリリースに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。
製品の販売状況や仕様、価格などが変更している可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
 
デザインソーラーパネル銘板に新サイズを追加しました

2018年2月21日

 

エコフューチャー株式会社(大阪市)は、コードレスLED銘板シリーズ「デザインソーラーパネル(以下、DSP)」に「450W×100H×37D」の新サイズを追加しました。DSPとは、太陽電池の受光面に彫刻アクリル板を重ね合わせた「太陽電池内蔵のコードレスLED銘板」です。DSPには、以下のような特徴があります。


@変圧器や電気工事なしで夜間にライトアップする銘板を設置できる
A製品外部に太陽電池の機械的なデザインが露出しない
B再生可能エネルギーの利用により電力を生成し二酸化炭素の排出を抑制する
C市販の充電式単三蓄電池をバッテリーに採用しており安価かつ容易に交換できる


DSPは太陽電池の長所である「自己発電能力」と弱点であった「デザイン性」を両立させた全く新しい製品です。会社事務所や工場、店舗などの名称を示すネームプレートとして、エントランスの装飾および機能性の向上に貢献します。

光る銘板の開発背景

光る銘板の開発背景

建物の顔とも称される「エントランス」はお客様や訪問者を招き入れる大切な空間であり、様々な工夫や演出が凝らされています。中でも、暗くなりがちな夜間帯であっても、美麗さを保ち機能面でも活躍する「照明によるライトアップ」は注目度の高い重要な設備だとされています。


銘板はエントランスの一部ですが、建物の名称を外部にPRするという大切な役割をもっており、ライトアップの効果が特に高いツールです。建物の名称が判別できないと、訪問者に対して不安感や不信感を与えてしまう可能性があるためです。


しかし、エントランス部分は電力確保や工事費用の問題から、電気機器が使用できないケースも少なくありません。その場合、設置に掛かるコストや手間を理由として、銘板のライトアップを諦めることを余儀なくされてしまいます。


こうしたユーザーのニーズを満たす製品を弊社の技術であれば解決できるのではないか、といった気付きからDSPは開発されました。

デザインソーラーパネルの製品特徴

太陽電池内蔵のコードレスLED館銘板

DSPとは、表示板に内蔵された太陽電池が日中の太陽光を浴びて発電し、バッテリーに蓄えた電力で夜間に照明を発光させる「コードレスLED銘板」です。特許および実用新案を取得した独自の特殊構造で、下記のようなメリットを備えています。

 

導入コストと維持費用を削減
LEDの点灯に要するすべての電力を、銘板に内蔵した「太陽電池」で賄っています。そのため、照明器具の使用に必要な電気工事や配線設備が不要となり、導入費用を大幅に抑えることができます。また、太陽光発電を利用するため日々の電気代が0円となり、ランニングコストも削減可能です。

 

二酸化炭素排出量を抑え、地球環境の保護に貢献
電力の発電に自然エネルギーを利用しており、外部電力供給に依存しないシステムを備えています。クリーンな発電で二酸化炭素の排出量を抑えることができ、環境保護の推進が可能です。企業のCSRとも相性が良く、効果的なPRに役立ちます。

 

簡単なバッテリー交換
バッテリーには市販のニッケル式単三蓄電池を用いています。交換頻度はおよそ5〜6年に1度のみであり、長期の使用を実現しています。一般的な電池交換の要領で作業を行っていただけますので、専門知識や特殊工具などが一切不要です。

 

製品仕様

会社・工場・店舗の名称を表示するプレート

【製品仕様】


・型番:SBDN-S02
・本体外寸:450W×100H×37D mm
・発光体:アクリルエッチング板
・光色:白色
・フレーム材出:アルミニウム

・フレーム色:マットブラックもしくはホワイトシルバー
・太陽電池:単結晶(8W)
・バッテリー:ニッケル水素蓄電池
・本体価格:オープン価格

 

関連ページへのリンク

ニュースリリースに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ