エコフューチャー株式会社  

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページニュースリリース ≫ フットライト機能付きコードレスLED防災標識の受注を開始しました

【2017年10月26日】DSP防災標識にフットライト機能を追加

ニュースリリースに記載されている内容は報道発表日時点の情報です。
製品の販売状況や仕様、価格などが変更している可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
 
「フットライト機能」付きコードレスLED防災標識の受注を開始しました

2017年10月26日

 

エコフューチャー株式会社は、電源なしでサインの表示面と路面をLEDで照らし出す【足元灯(フットライト)機能付き】コードレスLED防災サイン「デザインソーラーパネル(以下、DSP)」の受注を、2017年11月1日より開始します。


DSPとは、内蔵の太陽電池が日中の太陽光で発電し、その電力で夜間に自発光する「コードレスLEDサイン」です。主に、@電源なしで夜間に光るサインを設置できる、A太陽電池をサインに内蔵する特殊技術でオールインワン構造を実現、B市販の充電式単三蓄電池がバッテリーであり安価かつ容易に交換できる、という特徴があります。


上記の特徴はそのままに、足元灯・誘導灯の機能も併せ持つ新製品の普及を促進することで、「地域防災力の向上」に貢献します。初年度の販売目標を200台とし、展示会への出展などによって拡販に注力していきます。

フットライト機能付きコードレスLED防災標識 開発背景

フットライト機能付きコードレスLED防災標識

従来、弊社では、内蔵の太陽電池が日光を受けて「独自生成した電力」を用いて夜間に自発光する、コードレスLED防災サイン「DSP」を製造・販売して参りました。事業を展開するなかで、いくつかのお客様より、サインよりもまずは避難誘導灯を設置することで避難路を照らし出したいとのご要望をいただきました。


そうしたニーズに応えるため、路面を照らし出すLEDライトを付加した新しいモデルを追加しました。災害時、避難路の路面を照らし出すとともに、サインに表示された避難経路や避難場所情報を発光することで、より迅速な避難行動の実現に貢献します。

基本機能

ソーラーLED表示板の構造図

太陽光発電により生み出した電力で、日没後にサイン表示面と足元灯(フットライト)の両方を発光させる、フットライト機能付きのコードレスLEDサインです。夜になると内蔵のセンサーが感知して、自動的に照明点灯を開始します。また、点灯開始より、3〜15時間(任意設定)で自動消灯し、無人での制御を行います。

 

電源が不要
LEDの点灯に要する電力を、サインに内蔵した太陽電池で賄っています。そのため、外部電源とDSPを接続させる必要はありません。変圧器や電気工事・配線工事が不要となり、日々の電気代も0円に抑えることができます。

 

災害による停電時にもサインと足元灯(フットライト)が点灯
電力は太陽光から賄いますので、停電時にも点灯します。サインに表示された避難経路や避難場所情報を視認できることで「迅速な避難」を、また足元灯で路面を照らし出すことで「安全な行動」をサポートします。

 

太陽電池を内蔵したデザイン
太陽電池の受光面の上に印刷フィルムを重ね合わせることで、太陽電池の黒くて機械的な外観が露出することを防ぎます。そのため、周囲の景観とマッチしやすく、太陽電池を別途設置する必要もありません。

 

バッテリーは市販の単三蓄電池
生み出した電力を蓄えておくバッテリーには、市販のニッケル式単三蓄電池を使用しています。市販品ですので、量販店などで安価に購入できます。また、交換頻度も約5年に1度だけとなっています。

 

表示面は自由にデザイン可能

表示面はインクジェット印刷により出力されたフィルムですので、任意のデザインでサインを制作できます。避難場所やルート誘導、津波避難タワー・ビル、災害注意喚起、防災マップなど、ご要望に応じたレイアウトを作成いたします。

電源不要で発光する避難誘導標識

 

太陽光パネルを防災サインの内部に収納した、新しい構造の内照式表示板です。

 

関連ページへのリンク

ニュースリリースに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ