エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページIoTラボ ≫ 公園とIoT

公園とIoT

公園

目次

IoTの利用 遊具や植物の管理 防災公園 運動公園 メニュー
 
公園と情報通信

公園と情報通信は関係が薄いように思われますが、センサーなどを公園内に整備することによって効率的なパークマネジメントを行ったり、利用者に対してより便利なサービスを提供することが可能となります。公園は「子供が遊ぶ公共の場所」との認識がある一方で、少子高齢化や自治体の財政難といった問題から、現在では民間への運営委託スポーツ・エンタテイメント機能を取り入れた開発といった新しい試みが増えています。

公園におけるIoTの利用

公園におけるIoTの利用

公園内には「遊具」「ベンチ」「看板」「照明器具」「植物」「ゴミ箱」などをはじめ、数多くの「モノ」が存在します。そうしたモノに、センサーやIoTデバイスといった情報収集ツールを備え付けることで、各種データの入手が可能となります。
↑このページの先頭へ

公園における遊具や植物の管理

遊具や植物の管理

 

公園内の遊具や植物は、安全面や景観への配慮から定期的な維持メンテナンスが必要となります。しかし、公園の規模や機能が拡大するほどメンテナンス業務の幅も広がっていくため、1つの業種では対応が困難となりコスト増の原因となります。


こうした点で、センシング技術の活用により、遊具の老朽状態や植物の育成などを自動的に測定し、管理を一元化することで、適切なタイミングでの効率的なメンテナンスが可能となります。


コストを抑えつつ安心・安全な公園を維持していくことができれば、地域社会に欠かせない場所として公共的な価値の発揮に繋げられます。地域共同体が希薄になりつつある中で、住民が集まる場所や機会の提供は強く求められるサービスのひとつです。
↑このページの先頭へ

防災公園としての利用

防災公園としての利用

防災公園とは、害時における国民の生命・財産を守り、都市の防災構造を強化するために整備される「防災拠点・避難地・避難路」としての役割をもつ都市公園のことをいいます。

 

防災公園に必要な設備・機能

災害発生時、身の安全が確保できると、次に気掛かりなのが家族・親類の安否や被災状況といった情報です。


しかし、大規模な災害が起こると多くの場合は同時に停電が発生してしまうため、一時的に通信や電話が不通になったり回線が大変込み合うなどスムーズな情報収集が困難となります。


防災公園は被災者が集まる避難場所となるため、停電時でも電力が使用できるような環境(自然エネルギー発電や予備電源など)の整備やWi-Fiスポットなどの通信設備の拡充が求められています。
↑このページの先頭へ

運動公園としての利用

運動公園としての利用

運動公園とは、スポーツの促進のために様々な運動機材を備えた施設です。スポーツを通じて人々の繋がりを形成したり健康管理に役立てるなど、運動以外に得られる効用も大きく、IoTのサービスとも深く関連付けられるとされています。

 

運動公園に必要な設備・機能

「運動」公園と名前が付いている通り、スポーツを行うことができる広い敷地や各種機材が備えられていなければなりません。現在では高齢化の問題もあり、健康管理のための施設としても利用されています。


健康管理はIoTの中でも発展が進められている分野で、専用の端末を身に付けて人体の状態を測定しながら各個人に必要な運動量やメニューを提示してくれるなどのサービスが展開されています。PCやスマートフォンの操作が苦手な方でも、公園でのサポートや提携があれば、サービスをより簡単に利用可能です。
↑このページの先頭へ

メニュー:IoTラボ

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

公園とIoTに関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ