エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページIoTラボ ≫ 無線LAN

無線LAN

無線LAN

目次

LANとは? 屋外での敷設 IoTと無線ネットワーク メニュー
 
無線LANとは

「無線LAN」とは、無線通信を利用してデータの送受信を行うシステムのことで、パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器を、ワイヤレスでLANに接続する技術です。

LANとは?

LANとは?

LANとは「Local Area Network」(ローカル・エリア・ネットワーク)の頭の文字を取ったものです。限られたエリア内において、パソコンなどの機器同士を接続しデータのやりとりを行えるネットワーク(通信網)のことをいいます。

プロバイダ

インターネット接続業者のことです。モデムやルータといった機器と電話/光などの回線を通じて、PCをはじめとする電子機器をインターネットに繋げます。

 
通信回線

インターネットに接続するにあたっては、ADSL回線や光回線が使用されます。ADSL回線とは、電話回線(アナログ)を使ってインターネットに接続するサービスです。光回線とは、光ファイバーを使ったインターネット接続回線です。ADSL回線と比較して通信速度が速く、基地局からの距離が遠くても通信速度が低減しません。

 
モデム

モデムとは、電子機器をインターネットにアクセスできるようにしてくれる「アナログ信号」と「デジタル信号」を相互に変換する機械のことです。

 
ルータ

ルータとは、複数台の電子機器が同時にインターネットにアクセスできるようにする機器です。また、ファイアウォールなどのセキュリティ機能も備えています。

 
アクセスポイント(AP)

アクセスポイントとは、無線で接続する電子機器のために、無線LANと有線LANを相互変換してくれるものです。
※機器によっては、モデムがルータやAPの機能を内蔵している場合もあります

↑このページの先頭へ

屋外での無線LAN環境の敷設について

屋外での無線LAN環境の敷設について

近年では、コンビニや地下鉄など公共の場においても、無線LAN環境が敷設されています。しかし、以下のような理由から、屋外における普及が阻害されている地域もあります。



 

外国人旅行客を多く呼び込むための「観光整備」や災害・事故などに対する「緊急時の備え」など、屋外無線LANの需要は非常に高まっています。こうした点から、室内だけでなく屋外でも通信インフラの整備が進められています。

↑このページの先頭へ

IoTと無線ネットワークの通信インフラ

IoTと無線ネットワーク

 

センサーの小型化・省電力化やクラウドを利用した制御技術の発展により、モノをインターネットにつなげるIoTは急速に成長しています。無線ネットワークはモノから得た情報を伝達するための基礎環境であり、IoTの構築に不可欠な要素となっています。


現在、主に使用されている無線ネットワーク技術として、無線LAN・Bluetooth・Wi-SUNおよび携帯電話回線として有名な3Gや広域無線網である4Gなどが挙げられます。こうした技術は距離や速度、安定性などでそれぞれ異なる特徴をもつため、端末や使用用途に応じて使い分けることが可能です。


例えば、3Gとは、主に携帯電話に用いられていた「第3世代」の通信規格です。通信速度は数Mbps程度ですが、カバーできるエリアが広い点が特徴です。4Gとは「LTE」と称されることもある高速な通信規格です。速度は75Mbpsにも及び、スマートフォンのような多機能通信機器に欠かせない規格となっています。


また、近年ではプロバイダ企業などが、SIMカードと呼ばれる「モバイル回線を利用してインターネットや通話を行うためのICカード」を用いて、格安で利用できる通信の提供を始めています。
↑このページの先頭へ

メニュー:IoTラボ

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

無線LANに関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ