エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページIoTラボ ≫ 可視光通信

可視光通信

可視光通信

目次

市場 課題と将来性 メニュー
 
可視光通信とは

可視光通信とは「可視光線帯域」の電磁波を用いた無線通信の一種です。光を通信に用いるため生体に影響がなく安全であり、通信範囲が一目で分かるといった長所があります。また、室内灯や街灯などを通信媒体として応用できるようになれば、インターネットにアクセスできる環境が豊富になり、水中や宇宙船内など今まで通信が困難だった場所でも情報のやり取りができるようになります。

可視光通信の市場

可視光通信の市場

可視光通信は現在も研究開発が進められていますが、その用途としては次のようなものが計画されています。


 

今まで実現が難しかった用途やエリアにおける通信が可能となれば、一般ユーザーの利便性向上だけでなく、製品の研究開発や学術検証などにとっても大きく影響を及ぼすことが期待されます。
↑このページの先頭へ

可視光通信の課題と将来性

可視光通信の課題としては、自然・人工物のノイズ干渉を多く受けてしまうことが挙げられます。屋外であれば太陽光、室内においては他の照明や表示装置などです。また、公共の場で使用されるケースが考えられるため、セキュリティに関しても一定以上の高さが求められます。


可視光通信は通信が使用できる物理的な場所(水中や電波使用禁止区域など)を拡大することが可能であり、今まで困難だった情報収集を進めるための解決策として期待されています。
↑このページの先頭へ

メニュー:IoTラボ

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

可視光通信に関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ