エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページIoTラボ ≫ 看板とIoT

看板とIoT

看板とIoT

目次

無線LANスポット化 マーケティングリサーチ メニュー
 
看板が果たす役割の変化

モノのインターネット」の潮流は、これまで静的な情報発信ツールであった看板・サイン分野でも大きく進められています。特に、デジタルサイネージの出現以降、看板が果たす役割は、単なる「広告宣伝媒体」から「動的なコミュニケーションツール」へと変化を遂げつつあります。

看板・サインの無線LANスポット化

看板・サインの無線LANスポット化

小型化した基地局装置を看板やサイネージに組込むことで、小規模エリアの無線LANスポットを作り出します。特に、屋外の場合は電源確保が困難なケースがあるため、看板や電灯に使用されている電力を利用できるという利点があります。

 

無線LANスポットの環境整備
現在、外国人観光客の増加に伴って無線LANスポットの環境整備が進められています。こうした点から、通信だけの利便性向上だけでなく、集客を利用した宣伝広告も相乗効果として期待されています。

 

カメラ・センサーの搭載
看板にカメラを搭載することにより、視聴ユーザーの属性や人数、顔の表情、視聴時間といった様々な顧客データを収集することが可能となります。こうした情報を分析することで、費用対効果を数値で示した広告料金の設定やターゲット毎に広告内容を変化させるといった新しい形のマーケティングの可能性が生まれています。

 

看板から発信する電子情報
Beaconや可視光通信を利用して、看板や表示板から特定の電子データを発信する通信システムを構築することができます。例えば、スマートフォンを受信機として使用した場合、興味のある看板にスマートフォンをかざすだけで、PRされている商品やサービスの詳細情報を入手することができるようになります。この技術は防災用途や観光用途など、様々な分野での展開が予想されます。
↑このページの先頭へ

看板・サインによるマーケティングリサーチ

看板・サインによるマーケティングリサーチ

看板が自らの機能として誘導した見込み客や動員した顧客の数を把握できるようになれば、人々がどのような商品やサービスに関心を示すのか、または、どのようなPR方法が効果的なのかといった情報を得られるため、マーケティングに繋げていくことが可能となります。

 

情報の提供とデータ収集
看板は本来、広告などの宣伝情報を提供する役目をもったツールですが、同時に看板を見た人々(見込み客)のデータを収集できれば、インターネットと同じようにとても有効な顧客解析が実現できます。例えば、看板を実際の店舗へと誘導する導線として位置付けた場合、販売する商品のターゲット層が多く集まる地域への出稿といった効率的なアプローチが可能です。
↑このページの先頭へ

メニュー:IoTラボ

「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板

 

看板とIoTに関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ