エコフューチャー株式会社

ネットワークカメラ

 
ネットワークカメラ
 
目次

ネットワークへの接続 ツールとの連携 メニュー
 
ネットワークカメラとは

ネットワークカメラとは、映像の撮影や配信またはレンズコントロールなどの動作をネットワークに対応させたカメラのことをいいます。従来のカメラと異なり、外部のPCやモバイル機器、管理サーバーとの「インターネットを介した通信」に対応しており、遠隔地での映像チェックやデータ分析・解析処理を行うために用いられます。

 

ネットワークへの接続

 
ネットワークへの接続
 

カメラに固有のIPアドレスが割り当てられるため、ネットワークに直接接続することができます。ネットワークカメラは基本的に通信環境があれば単独で運営ができ、屋内だけでなく屋外でも使用可能です。形状は筒型やドーム型、箱型などがあり、サイズや撮影範囲、画質、消費電力などスペックは製品により異なります。

 
ネットワークカメラの用途例
 
  • 家庭用住宅やマンションの防犯対策

  • 子供やペットの様子撮影

  • 火山や河川などの自然災害監視、モニター

  • 動物園や水族館などの生態監視、モニター

  • 盗難や万引き防止のための店舗防犯対策

 
↑このページの先頭へ
 

センサーや解析ツールとの連携

 
センサーや解析ツールとの連携
 
自動での情報収集
 

ネットワークカメラはセンサー機器や解析ツールと組み合わせることにより、撮影した動画や撮影場所の環境を分析したり、解析結果に対応したレスポンスを返すなど、監視用途だけでなく情報収集ツールとして用いることも可能です。

 

例えば、交通環境の調査を実施する場合、従来では交通調査員などを派遣して手作業で調査を行っていましたが、ネットワークカメラと解析ツールを使用することで、撮影した映像から交通量を割り出して調査を自動化することができるようになりました。人手によるミスやコスト削減といったメリットの他、これまで困難だった場所や用途への適応も可能です。

 

このように、各種データの収集を普遍化させていくことで、屋内外を問わず情報の有効活用や合理化を進めていくことができます。

 
屋外での使用と課題
 

セキュリティや情報収集など、カメラが屋外に設置されているケースは多々あり、今後IoTサービスの普及が進むことでそのニーズはより高まると予想されます。一方、屋外への導入で障壁となりやすい点が「電源確保」に関する問題です。

 

室内と異なり、電源の範囲が限定される屋外環境で「カメラ」および「通信機器」の消費電力を確保するには、電気工事や発電機が必要となるケースが少なくありません。これには大きなコストが掛かりがちであり、多数の設置を施す場合には障壁となります。

 

屋外でも電柱付近など電力を確保しやすい場所もありますが、この場合には設置場所が限られてしまうといった課題があります。

 

また、現在多くなっているのがソーラーパネルによる発電を利用したシステムの導入ですが、この方法も動作が不安定になるリスクや設置場所の景観を阻害するといった技術面での問題を抱えています。

 
↑このページの先頭へ
 

IoTラボ メニュー

 
「電力の供給源」となるソーラーパネル内蔵型表示板
 
無線LAN   ネットワークカメラ   センサー
 
ビーコン   可視光通信   電子ペーパー
 
看板   公園   標識
 

ネットワークカメラに関するお悩みやご相談はこちら

 
お問い合わせフォーム WEBでのお問い合わせ
↑このページの先頭へ
 
トップページ 製品ラインナップ   DSPソリューション 会社概要 お問い合わせ
設置事例 デザインソーラーパネル(DSP)   無線LANアクセスポイント 企業コンセプト 資料請求
動画一覧 表札 銘板 避難標識 セキュリティカメラ アクセス  
  標識 公園看板 工事看板 見守りシステム 採用  
  街灯 時計 LEDブロック 情報発信 ニュースリリース  
        遭難防止システム メディア掲載  
  CDSP ライトパネル LEDボード データ収集    
 
エコフューチャー株式会社 エコフューチャー株式会社
Copyright (C) 2010 EcoFuture Co., Ltd. All Rights Reserved.