エコフューチャー株式会社

DSP避難標識導入ストーリー[奈良県広陵町様]

 
DSP避難標識設置の目的
 
目次

設置の目的 お客様背景 問題解決 効果 導入ストーリー メニュー
 

デザインソーラーパネル(DSP)避難標識設置の目的

 
目的
 
  • 避難場所であることを示す標識・看板・サインを設置するため

  • 避難場所が対応する災害種別の表記を掲示するため

  • 防災マップを掲示するため

  • 災害時には誘導灯の役割も果たすため

 
事業内容
 
  • SLB-S04C-ST(H2165×W476×D54mm)×1台

 
↑このページの先頭へ
 

お客様背景

 

広陵町は関西地方の奈良県西部に位置し、橿原市や香芝市、大和高田市などに隣接する町です。町の西部には香芝市にまたがって真美が丘ニュータウンが形成されています。

 

 

真美が丘ニュータウンは1970年ごろより住宅地として開発され、大阪市の鶴橋駅まで急行で25分と、交通便のよさから人口の流入が進みました。そのため、同地域には転入者が多く、町の地理に疎い人も多くいます。

 

 

この考えに基づき、野田村では以下のポイントから防災サイン・看板・標識の設置が検討されました。

 

 

そこで、住民が日ごろから防災情報に触れる機会を創出するための取り組みとして、避難所への防災サインの設置が検討されました。住民の生活圏に設置されたサインを目にしてもらうことで、災害時に避難すべき場所といった防災情報についての意識を高めてもらうためです。

 

 

実際の防災サイン・看板・標識の設置に関しては、以下の点から機材の検討が行われました。

 
  1. 掲出すべき情報についてコンサルティング可能なこと

  2. 夜間に災害が発生したときにも表示内容を視認できるサインであること

  3. 夜間の災害時には誘導灯の役割も果たす機能があること

  4. 設置コストおよび維持コストをなるべく低く抑えられる機材であること

 
↑このページの先頭へ
 

デザインソーラーパネルによる解決策のご提案

 
ソーラーLED避難標識の構造図
点灯の様子1
 
点灯の様子2
 
 
DSPとは
 

広陵町の状況をヒアリングした上で、弊社のDSPであれば以下の点で課題を解決できるのではないかと考えました。

 
任意のデザインでサインを作成できること
 

サインに掲出する意匠面は、これまで数々の自治体向け防災サインをデザインしてきた担当者がお客様のご意向を確認しながらオーダーメイドで作成させていただきます。広陵町の場合、避難所であることを示すピクトサインや避難所の方向指示のほかに、周辺地域の安全性や災害リスクを示す防災マップの掲出を実施しました。

 
災害時にもサインと足元を照らし出すこと
 

DSPは太陽電池を電力源とする、光源にLEDを用いた内照式サインです。太陽電池が日中に発電した電力を用いて点灯するため、停電による外部電力の供給が遮断されてもサインは点灯し続けます。また、内照式ですのでフィルムに印刷されたデザインが全面点灯します。そのため、夜間においても掲出したデザインをはっきりと認識できます。

 

加えて、夜間にはサインの足元を照らし出す明かりも欲しい、とのご要望を受けてサインにソーラー式のフットライトも取り付けています。弊社ではお客様のご要望に応じた仕様の変更にも柔軟に対応させていただきます。

 
コストの低さ
 

DSPがLEDを点灯させるために使用する電力は100%が太陽電池で発電されたものです。外部電力には一切頼っていません。そのため、設置工事においても電気工事や配線工事が不要であるため、工事費用を削減できます。

 

また、工事費用以上に配慮しなければならないのがランニングコストです。太陽電池製品の場合、電力を蓄積しておくためのバッテリーが必要不可欠です。バッテリーは定期的に交換される必要があり、そのコストは決して小さくありません。

 

その点でDSPはバッテリーに市販の単三蓄電池を使用しています。そのため、交換用バッテリーは量販店で安価に購入できる上、単三電池を換える要領でバッテリー交換可能であるため、専門業者に依頼する必要もありません。

 
↑このページの先頭へ
 

デザインソーラーパネル設置による効果

 
夜間の視認性を向上
 
避難所の存在をPRできる

DSPは避難所からすぐの交差点に設置いただきました。サインには避難所であることを示すピクトサインをはじめ、避難所入り口の方向とその距離、避難所名称が記載されています。夜間になるとこれらの情報がLEDで明るく照らし出されるため、付近を通行する住民の方の誘目性を高め、平時からの防災情報の発信に貢献しています。

 
誘導灯の機能も併せ持つ

広陵町に設置させていただいたDSPにはソーラーLED足元灯も設置されています。そのため、災害による停電によって街灯が消えてしまった場合にでも、DSPの周りは明るく光り続けています。災害時にも避難路を明るく照らすことで安全な避難行動を実現します。

 
多国語表記

DSPのデザインは任意ですので日本語以外の表示も可能です。今後、東京オリンピックやラグビーワールドカップの開催に向けて訪日外国人観光客がますます増大すると予測される中、防災サインの多国語表記は必須といえます。

 
災害種別対応の表記

内閣府より通達されている災害種別に応じた表示にももちろん対応いたします。住民ひとりひとりが避難所の安全性を判断し、自発的かつ効果的な避難活動を実施するために対応が求められる表示です。

 
↑このページの先頭へ
 

DSP避難標識 導入ストーリー

 
千葉県匝瑳市様
 
千葉県九十九里町様
 
大阪市中央区様
千葉県匝瑳市様   千葉県九十九里町様   大阪市中央区様
 
和歌山県御坊市様
 
愛知県飛島村様
 
静岡県下田市様
和歌山県御坊市様   愛知県飛島村様   静岡県下田市様
 
広島県東広島市様
 
岩手県野田村様
 
奈良県広陵町様
広島県東広島市様   岩手県野田村様   奈良県広陵町様
 
↑このページの先頭へ
 

ラインナップ:避難標識

 
大きさから選ぶ(彫刻面板)
SLB-S04
 
SLB-S6036
 
SLB-S10040
SLB-S04   SLB-S6036   SLB-S10040
W360*H360*D37mm
 
W607*H352*D37mm
 
W1000*H420*D37mm
 
大きさから選ぶ(印刷面板)
SLB-S04C
 
SLB-S6036C
 
SLB-S10040C
SLB-S04C   SLB-S6036C   SLB-S10040C
W360*H360*D37mm
 
W607*H352*D37mm
 
W1000*H420*D37mm
 
サイン・看板への組み込み
SLB-S01/C-KU
 
SLB-S04/C-KU
 
SLB-S6306/C-KU
SLB-S01C-KU   SLB-S04C-KU   SLB-S6306C-KU
 
各種機能付加
フットライト機能付きDSP避難標識
フットライト機能付きDSP避難標識
 
メニュー:避難標識
 
DSP避難標識   ラインナップ
 
設置事例   従来型屋外用避難標識との比較
 
デザイン   取付け
 
Q&A   安心保証とお客様サポート
 
デザインソーラーパネル避難標識に関するお問い合わせ
 
無料お見積りはこちら   資料のご請求はこちら
 
お問い合わせフォーム WEBでのお問い合わせ
↑このページの先頭へ
 
トップページ 製品ラインナップ   DSPソリューション 会社概要 お問い合わせ
設置事例 デザインソーラーパネル(DSP)   無線LANアクセスポイント 企業コンセプト 資料請求
動画一覧 表札 銘板 避難標識 セキュリティカメラ アクセス  
  標識 公園看板 工事看板 見守りシステム 採用  
  街灯 時計 LEDブロック 情報発信 ニュースリリース  
        遭難防止システム メディア掲載  
  CDSP ライトパネル LEDボード データ収集    
 
エコフューチャー株式会社 エコフューチャー株式会社
Copyright (C) 2010 EcoFuture Co., Ltd. All Rights Reserved.