エコフューチャー株式会社

DSP避難標識導入ストーリー[静岡県下田市様]

 
デザインソーラーパネル(DSP)避難標識設置の目的
 
DSP避難標識設置の目的
 
目的
  • 津波避難場所への経路を示すため
  • 夜間における標識の視認性を向上させるため
 
事業内容
  • デザインソーラーパネル本体:SLB-S6036C(607H×352W×37D)×11台
  • 取り付け方法:支柱建て込みおよび電柱共架、壁面
 
お客様背景
 
防災標識導入のお客様背景

下田市は静岡県の東南部、伊豆半島の南部に位置しています。幕末にペリーが来航して開国を迫った地として有名です。市の南側は太平洋に面しており、海水浴やイベント等を目的とした観光客で賑わっています。

 

また、伊豆地方は地震や津波の被害にたびたび見舞われていることでも知られています。近年では1944年の東南海地震、1974年の伊豆半島沖地震、1978年の伊豆大島近海地震などがあります。また、東海地震や神奈川県西部地震による被害も想定されています。

 

そこで、下田市では、避難地の収容能力の増強や避難路の整備を図ることによる防災都市化を推進しています。併せて、学校教育やハザードマップの配布、講演会の開催などを通じて災害と防災に関する市民の理解向上に努めています。

 

一方、上記キャンペーンだけでは、観光客などの災害弱者が十分な防災情報を入手できない可能性があります。上記以外の方法でも防災情報を伝達する必要があります。対策の一つとしてあげられるのが、日常生活の中で自然と目に入る看板の設置です。

 

例えば、避難所の入り口にその建物が災害時に安全が確保されていることを示す表示を掲げたり、道路上に最寄りの避難所までの方角や距離を記載した標識を設置する方法が挙げられます。

 

ただし、通常の看板であれば夜間になると表示内容を視認できなくなります。約50%の確率で夜間に災害が発生することを考慮すれば、夜間の視認性をいかに確保できるかが課題です。特に、大規模災害時には停電を伴うことが多いため、外部電源に頼らずとも発光する看板が求められています。

 

デザインソーラーパネルによるソリューション

 
ソーラーLED避難標識の構造図

下田市内には看板の上部に太陽電池式の照明が搭載されている標識が設置されてきました。夜間になると照明が点灯し、看板が照らし出されます。太陽電池式ですので、災害による停電時にも発光する点で防災機能が備わっていると言えます。

 

看板を外部の照明で照らす「外照式」が一般的ですが、その課題は照度の均一性です。光源から近い部分は十分に明るく表示内容を視認できますが、光源から離れれば離れるほど表示内容の視認性は低下します。

 

また、太陽電池で標識自体が発光するものも設置されています。表示物を内側から全体的に発光させるタイプを「内照式」と言います。こちらは標識全面が内側から点灯するため、表示内容全体を識別できます。

 

一方で、太陽電池で駆動する照明や標識の場合、バッテリーの交換コストが課題となりがちです。太陽電池には発電した電力を蓄える機能がないためバッテリーが必要です。バッテリーは使用していく中で徐々に消耗するため、種類にもよりますが、5~10年ほどで交換される必要があります。バッテリーには鉛やリチウムといった種類の専用バッテリーが使用されることが多く、交換の際にはバッテリー本体はもちろん、交換に伴う工賃が発生します。

 

防災対策を率先して進める中で、数百機ものソーラー照明を設置した自治体の中には、数百万~数千万円にものぼるバッテリー交換費用に悩まされているところもあります。

 

デザインソーラーパネル設置による効果

 
夜間の視認性を向上
 
夜間の視認性を向上

太陽電池式の照明とは異なり「内照式」であるため、表示面全体が発光し、夜間の視認性が高い点が特徴です。特に、太陽電池が標識内部の全面に敷設されているため発電容量が大きく、明るく安定的に光ります。

 
バッテリーには市販の充電式単三蓄電池を採用
 
バッテリーには市販の充電式単三蓄電池を採用

バッテリーには市販の充電式単三蓄電池を使用しています。メーカー期待寿命は5年間で、量販店などで安価に購入可能です。また、単三電池を換える要領でバッテリーを交換できますので、自治体の職員の方でも交換できます。材料および手間の双方でコストダウンが可能です。

 
単独柱の建て込み
 
単独柱の建て込み

基礎を設置するだけの場所を確保できれば、任意の場所にサインを設置できます。デザインソーラーパネルは太陽電池が発電した電力で発光しますので、電気工事や配線工事は不要です。

 
電柱への共架
 
電柱への共架

建柱の場合、市街地などでは基礎を設置するだけのスペースを確保できなかったり、また工事費用がかかるといった問題があります。そこで、既存の電柱にデザインソーラーパネルを取り付けることで、場所とコストの問題をクリアしています。

 
壁面への取り付け
 
壁面への取り付け

デザインソーラーパネルは設置の際に電気工事や配線工事が不要であるため、既存の建物の壁面に取り付ける際にも穴をあけるだけで工事が完了します。

 

デザインソーラーパネルは太陽電池やバッテリーなどのすべての部品が標識に内蔵されたオールインワン設計です。そのため、デザインソーラーパネル以外の部品を取り付ける必要がない点も施工を容易にしています。

 

また、写真のデザインソーラーパネルは、アルミ看板との組み合わせ仕様です。点灯している部分のみがデザインソーラーパネルで、周りの枠はアルミ看板にインクジェットシートを貼り合わせたものです。看板サイズを大きくしながらもコストを抑えたい場合に効果的です。

 

以上で紹介した設置方法で、合計11台のデザインソーラーパネルを導入いただきました。従来製品よりも夜間の視認性が高い点を高く評価いただいております。

 
お問い合わせフォーム WEBでのお問い合わせ
↑このページの先頭へ
 
トップページ 製品ラインナップ   DSPソリューション 会社概要 お問い合わせ
設置事例 デザインソーラーパネル(DSP)   無線LANアクセスポイント 企業コンセプト 資料請求
動画一覧 表札 銘板 避難標識 セキュリティカメラ アクセス  
  標識 公園看板 工事看板 見守りシステム 採用  
  街灯 時計 LEDブロック 情報発信 ニュースリリース  
        遭難防止システム メディア掲載  
  CDSP ライトパネル LEDボード データ収集    
 
エコフューチャー株式会社 エコフューチャー株式会社
Copyright (C) 2010 EcoFuture Co., Ltd. All Rights Reserved.