エコフューチャー株式会社

DSP避難標識導入ストーリー[和歌山県御坊市様]

 
デザインソーラーパネル(DSP)避難標識設置の目的
 
DSP避難標識設置の目的
 
目的
  • 夜間に標識の表示面をむらなく発光させて視認性を向上させること
  • 災害による停電時にも光りつづけることで避難誘導を促進すること
  • 設置コストを抑えること
 
事業内容
  • デザインソーラーパネル本体:SLB-S6036C(607H×352W×37D)×27台
  • 取り付け方法:支柱建て込みおよびフェンス共架、壁面取り付け
 
お客様背景
 
防災標識導入のお客様背景

和歌山県は災害に見舞われることが多い地域です。台風が和歌山県西側を通過して南寄りの風が吹く場合には河川の氾濫や土砂災害の恐れがあります。また、南海トラフ地震の場合、震源域が和歌山県の内陸にまで達しているため、強い揺れが観測されることが多く、津波による被害も想定されます。

 

和歌山県で最大規模の南海トラフ地震が発生すると、最大マグニチュード9、最大津波高16m、津波到達時間13分という驚異的な数値が発表されています。巨大地震においては、地震発生直後に、できるだけ高い場所へ緊急的に避難することの必要性が改めて示されています。

 

御坊市では、災害の発生を常に想定し、発生した場合における被害の最小化および迅速な回復のための対策が実施されてきました。避難場所について言えば、施設の指定だけではなく、災害種別ごとに対応する避難施設を指定したり、施設ごとの安全性の評価を3段階で行ったりと、他自治体に先駆けた取り組みが実施されています。

 

その結果、風水害避難所45箇所、地震避難所45箇所、津波避難所等64箇所が避難場所として指定されています。こうして指定・整備された避難施設ですが、実際に活用してもらうためにはなにが必要なのでしょうか?

 

最も基本的かつ重要なのは、住民への周知です。どの施設がどの災害時に安全なのかを住民があらかじめ認識していてはじめて、有事の際に速やかな避難が可能となります。そのためには、各避難所の入り口などに防災看板を掲げて、必要な防災情報を記載することが初歩的な対応となります。

 

デザインソーラーパネルによるソリューション

 
ソーラーLED避難標識の構造図

御坊市様では、標識に簡易ソーラーライトを組み付けたサインを設置してきました。ソーラーライトですので、太陽光があれば点灯します。そのため、電源を確保できない場所や災害による停電時にも発光し、サインの表示内容を夜間でも確認できます。

 

価格が比較的安価で電気工事なしで取り付けられる簡易ソーラーライトですが、弱点もあります。それは表示面の明るさや明るさの均一性にあります。

 

標識を照明で照らすタイプは外照式と呼ばれます。外照式の場合、光源から距離が離れれば離れるほど、表示面は暗くなります。そのため、夜間に照明が発光した際に、標識や看板の底部の表示内容を認識しづらいことがあります。

 

そこで、弊社は御坊市様にデザインソーラーパネルをご提案しました。デザインソーラーパネルとは、内蔵の太陽電池が日中の太陽光で発電し、バッテリーに蓄電した電力で夜間に表示面を点灯させるコードレスLEDサインです。

 

簡易ソーラーライトと標識の組み合わせである外照式とデザインソーラーパネルの最大の違いは、内照式で表示面全体が均一に発光する点です。

 

デザインソーラーパネルは光源であるLEDの光を導光板と呼ばれる板で表示面全体に拡散させています。そのため、表示面全体が発光しますので、外照式とは異なり、照明の点灯時にもサインの下部まで表示内容をはっきりと識別できます。

 

また、弊社のデザインソーラーパネルの場合、太陽電池が発電した電力を蓄えるバッテリーに市販の充電式単三蓄電池を使用しています。そのため、交換時の本体コストおよび交換手間を抑えることができます。

 

こうした表示面の明るさと維持コストの低さを評価いただき、従来の外照式のソーラーライトとサインの組み合わせではなく、デザインソーラーパネルをご採用頂きました。

 

デザインソーラーパネル設置による効果

 
避難場所への誘導標識
 
避難場所への誘導標識

コストを抑えるために既存のフェンス支柱や駐輪場の支柱にデザインソーラーパネルを共架しています。

 
避難場所への誘導標識

最も多いのは、上の写真のように、基礎工事を行って支柱を建て込み、その支柱に標識を取り付けるケースです。ただしこの場合には、基礎工事や支柱建て込みにかかる工事が必要となり、事業費が大きくなりがちです。

 

そのため、御坊市様では事業費を抑えるために、周囲に標識を取り付けられそうな設備がある場合には、それを利用して標識を取り付けていらっしゃいます。このように柔軟な取り付け方法をご提案できるのも、全ての部材を標識に内蔵したオールインワン構造を採用するデザインソーラーパネルだからこその特徴です。

 
避難場所の標識
 
避難場所の標識

御坊市様の場合、災害種別ごとに避難所を指定されています。したがって、それぞれの避難所ごとにどの災害に対応しているのかを明記したデザインを採用しました。デザインソーラーパネルは表示面をインクジェットプリントで出力しますので、任意のデザインを表現できます。もちろん、デザイン面からオーダーメイドで作成させていただきます。

 
避難場所の標識

デザインソーラーパネルは壁面に取り付けることもできます。取り付ける面に金具を固定するための穴をあける必要がございますが、大がかりな工事を必要とせず、コストを抑えた設置が可能です。

 

御坊市様には、避難場所標識および避難誘導標識として、合計で27台のデザインソーラーパネルを設置頂きました。

 
お問い合わせフォーム WEBでのお問い合わせ
↑このページの先頭へ
 
トップページ 製品ラインナップ   DSPソリューション 会社概要 お問い合わせ
設置事例 デザインソーラーパネル(DSP)   無線LANアクセスポイント 企業コンセプト 資料請求
動画一覧 表札 銘板 避難標識 セキュリティカメラ アクセス  
  標識 公園看板 工事看板 見守りシステム 採用  
  街灯 時計 LEDブロック 情報発信 ニュースリリース  
        遭難防止システム メディア掲載  
  CDSP ライトパネル LEDボード データ収集    
 
エコフューチャー株式会社 エコフューチャー株式会社
Copyright (C) 2010 EcoFuture Co., Ltd. All Rights Reserved.