エコフューチャー株式会社

DSP避難標識導入ストーリー[千葉県九十九里町様]

 
デザインソーラーパネル(DSP)避難標識設置の目的
 
デザインソーラーパネル(DSP)避難標識設置の目的
 
目的
  • 新しく指定された津波避難施設(ビル)を周知するため
  • 夜間帯の災害発生時に津波避難施設(ビル)へと避難者を誘導するため
  • 近隣住民および通行する人々の防災意識の向上を促すため
 
事業内容
  • デザインソーラーパネル本体 : SLB-S6036C(607H×352W×37D)×6台
  • 取り付け方法 : 単独支柱建て込み
  • 設置基準 : 標識設置基準・ケーソン基礎
 
DSP避難標識の効果
  • ソーラーパネルで発電した電力を用いて、日没後にLED照明が自動点灯するため、明け方までしっかりと防災標識・看板の表示内容を視認できる
  • 独立した太陽光発電システムを備え、外部からの電力供給が不要であるため、災害による停電時にも防災標識が発光して避難誘導を促すことができる
  • 市販の充電式単三蓄電池がバッテリーとして採用されており、容易かつ安価に交換可能
 
千葉県九十九里町様 導入背景
 
避難標識の導入背景

千葉県の沿岸部に位置する九十九里町様。同町では、地震・津波等の災害の発生を完全に防ぐことは不可能であるとし、災害時の被害を最小化しながら、被害の迅速な回復を図る「減災」の考え方を防災の基本理念として掲げています。

 

この理念に従い、被災しても人命が失われないこと、社会・経済への影響ができるだけ少なくなるように様々な対策を組み合わせて災害に備えています。特に、大規模災害においては、ハード対策だけでは被害を防ぎきれない場合もあることから、ソフト施策も同時に実施しています。

 

具体的には、最大震度6強の直下型地震および高さ10Mの津波を想定した場合、堤防等の直接的な防護施設で被害を抑えることは困難を伴います。そのため、住民一人ひとりが災害の知識を獲得することで、建物の耐震化や感震ブレーカーなどの設置をはじめ、地域での避難支援体制の構築といった防災環境整備が可能となります。

 

特に津波に対しては、相手が自然である以上、波の高さが整備されている防護施設を超えるなど、危機想定を凌駕する可能性があります。津波による人的被害を軽減するため、住民一人ひとりの迅速かつ主体的な避難行動を促すための施策が重要です。

 

例えば、大規模地震に伴う津波が発生または発生するおそれがある場合には、避難の遅れた地域住民等が緊急的に一時避難する津波避難施設(ビル)が確保されています。その結果「大津波警報」「津波警報」が発令され、避難勧告もしくは避難指示が発令されたときに、緊急的な避難行動ができるようになりました。

 

併せて、津波災害から町民や来訪客を守り、災害発生時における避難誘導を行うための津波避難標識・看板が、町内の主要幹線道路232か所のNTT柱と68か所の公共施設等に設置されています。この標識・看板は蓄光式であり、夜間の視認性を確保しつつ、その地点の海岸からの距離・海抜・避難方向を掲載することで、避難時に必要となる情報を表示しています。

 

このようにハードとソフトの両面から防災対策を進めている同町ですが、いくつか課題を抱えていました。

 

第1に、新しく指定された津波避難施設(ビル)に防災標識・看板が設置されていなかったことです。町のホームページでは津波避難ビルが設けられたことが公表されていましたが、町民の中にはホームページを閲覧されない方も多数存在し、その存在の周知徹底が必要でした。

 

第2に、夜間における標識・看板の視認性です。蓄光式の標識・看板は、日中の太陽光を吸収して夜間に光エネルギーとして放出することで発光する仕組みをもちます。電気工事やメンテナンスなしで設置・運営できる発光型の標識・看板として、全国で普及しています。しかし、発光後、時間の経過とともに輝度が低下し、数時間すると発光当初の数分の一程度の明るさしか保てません。深夜や明け方に襲われるかもしれない大規模災害に対して、夜間の避難誘導という機能を果たせなくなる恐れがありました。

 

デザインソーラーパネルによるソリューション

 
デザインソーラーパネルによるソリューション

こうした問題意識を持たれていた同町の防災ご担当者様に、デザインソーラーパネルの特徴をご紹介差し上げたところ、以下のポイントを評価頂き、設置に向けた企画が進められました。

 

1.外部電源なしで標識が点灯するため、災害による停電時にも情報を伝達できる
2.LEDで標識が発光するため、深夜においても表示内容をしっかりと視認できる
3.太陽電池内蔵であるため、電気工事が不要で、津波避難場所への設置が可能
4.バッテリーが市販の充電式単三蓄電池であるため維持コストを削減できる

 

デザインソーラーパネルが持つ以上の特徴をご理解いただいた結果、新たに指定された津波避難施設(ビル)の入り口に、計6台を設置頂きました。

 

デザインソーラーパネル設置による効果

 
デザインソーラーパネル設置による効果

実際にデザインソーラーパネルを設置してみると、蓄光式と比較して、相当に明るいという点を評価頂いております。また、設置後2年以上が経過していますが、正常に稼働しているとのコメントも頂戴しております。

 

同町と同様に、既存の防災標識では夜間の視認性を確保できないという悩みを抱えている防災ご担当者様は全国にいらっしゃいます。道路標識として主に設置されている再帰反射型標識・看板は、自動車などのヘッドライトがなければ点灯しません。蓄光式の標識・看板は、時間の経過とともに輝度が減衰してしまいます。昨今普及しているソーラー街灯の場合、積雪やごみの堆積によって発電効率が低下してしまうことで十分な発電を行えなかったり、バッテリーの維持メンテナンスに多大な費用を要します。

 

デザインソーラーパネルは、既存の標識が抱える夜間の視認性と、既存のソーラーパネル製品が抱える維持メンテナンスの高さという2つの課題をクリアすることで、避難者の自主的な避難活動を促進できる新しい防災標識・看板です。

 
↑このページの先頭へ
 
トップページ 製品ラインナップ   DSPソリューション 会社概要 お問い合わせ
設置事例 デザインソーラーパネル(DSP)   無線LANアクセスポイント 企業コンセプト 資料請求
動画一覧 表札 銘板 避難標識 セキュリティカメラ アクセス  
  標識 公園看板 工事看板 見守りシステム 採用  
  街灯 時計 LEDブロック 情報発信 ニュースリリース  
        遭難防止システム メディア掲載  
  CDSP ライトパネル LEDボード データ収集    
 
エコフューチャー株式会社 エコフューチャー株式会社
Copyright (C) 2010 EcoFuture Co., Ltd. All Rights Reserved.