エコフューチャー株式会社

DSP避難標識導入ストーリー[千葉県匝瑳市様]

 
デザインソーラーパネル(DSP)避難標識設置の目的
 
DSP避難標識設置の目的
 
目的
  • 新設した津波避難タワーへの避難経路を示すため
  • 新設した津波避難タワーの存在を啓もうするため
  • 近隣を通行する人々の防災意識の向上を促すため
 
事業内容
  • デザインソーラーパネル本体 : SLB-S6036C(607H×352W×37D)×5台
  • 取り付け方法 : 単独支柱建て込み
  • 設置基準 : 標識設置基準・ケーソン基礎
  • 財源 : 千葉県の交付金(「がんばろう!千葉」市町村復興基金交付金)を活用
 
DSP避難標識設置の効果
  • 夜間に標識が発光するため、標識の面板全面を明るい状態で明け方まで維持できる
  • 太陽電池を内蔵した標識であるため、災害によるインフラ停止時にも明るく発光する
  • 市販の充電式単三蓄電池がバッテリーであり、メンテナンスが容易かつ安価である
 
お客様背景
 
防災標識導入のお客様背景

千葉県の沿岸部に位置する匝瑳市様。平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、住家・非住家併せて全壊家屋が約10棟、半壊家屋が約30棟、床上・床下浸水の家屋が約40棟、一部損壊の家屋は2,100棟以上という大きな被害を受けました。

 

市では、こうした大規模災害の教訓を礎にすると共に、近年の防災をめぐる社会構造の変化なども踏まえて、さまざまな防災事業を実施してきました。特に、平常時から正しい知識を持ち、自らが考え、行動することの重要性を再認識し「自らの命は自ら守る」とする自助の取組みの強化を進めています。

 

この取り組みをさらに進めるために、平成26年度には沿岸部の避難困難地域において津波避難タワーが建設されました。津波発生時に自発的に避難を開始した住民やビジターが、すばやく垂直方向へ避難することを可能としています。

 

ただし、津波避難タワーは建設と共にその存在の周知徹底が必要です。新しく建設された施設であるため、その存在は周辺住民にしか認識されていません。また、住宅地の入り組んだ場所にタワーが建設されたため、避難経路が分かりにくいという課題もありました。

 

そこで、避難誘導標識を設置することで、津波避難タワーの啓もうとタワーへの避難誘導を促進する事業が企画されました。従前より、市は津波対策として、津波避難計画に定められた避難路及び主要地方道の電柱に、海抜標識・避難方向・避難所名などを記載した誘導標識を設置してきました。

 

ただし、これらの避難誘導標識は非発光式であったため夜間には表示内容を視認できませんでした。夜間にも災害が起こり得ることを考慮すれば、発光型の標識、特に災害によるインフラ停止時にも発光する標識が必要不可欠だと考えられました。

 

デザインソーラーパネルによるソリューション

 
デザインソーラーパネルによるソリューション

こうした問題意識を持たれていた匝瑳市の防災ご担当者様が、インターネットにて当社のWEBページをご覧になり、ご相談をいただきました。デザインソーラーパネルの特徴を説明差し上げ、実際にサンプル機をご覧になった上で、特徴と効果をご認識いただきました。主に評価頂いた製品特徴は以下の通りです。

 

1.太陽電池で発電した電力でLEDを点灯させるため、災害時にも標識が点灯する
2.LEDで防災標識を点灯させるため、一定以上の輝度で面板が光り続ける
3.工事が不要であり、私有地に設置する交渉をスムーズに行うことができる
4.バッテリーが市販の充電式単三蓄電池であるため維持コストを削減できる

 

続いて、設置場所の検討が行われました。津波避難タワーが建設されたのは、周囲を住宅地に囲まれた場所です。市道からだと、入り組んだ路地を抜けていかなければタワーに到達できないため、適切な誘導標識が必要不可欠でした。

 

まずは主な避難ルートが、付近の主要市道から津波避難タワーに至るまでの路地と想定されました。その上で、路地の入口および交差点に避難誘導標識を設置することとしました。具体的には、市道から路地への入口に計3カ所、および路地からタワーへと続く路地の交差点に計2カ所、合計5か所にデザインソーラーパネルを設置する計画が立案されました。

 

想定される避難ルートの起点と交差点に誘導標識を設置することで、交通量の最も多い、すなわち多くの避難者が利用すると想定される市道から津波避難タワーまでの導線を、避難者に明示できるようになりました。

 

デザインソーラーパネル設置による効果

 
デザインソーラーパネル設置による効果

実際にデザインソーラーパネルを設置してみると想像以上に明るく点灯しており、夜間の視認性が良いというコメントをいただきました。先進国である日本においても、都市部を除き、夜間には街灯もなく真っ暗になってしまう箇所は数多く存在します。特に、避難のための防災対策が必要とされる沿岸部はその傾向が強いと言われています。

 

太陽電池を使用することで災害時にも機能し、LEDで夜間にも表示内容を視認できるデザインソーラーパネルは、防災対策が必要とされるシーンにおいて、既存製品では実現できなかった防災ソリューションを提供できます。また、平時より点灯することで、付近を通行する人々の防災標識への誘目性が高まり、防災教育の推進にも一定の役割を果たします。

 

匝瑳市様からは、今後の津波避難タワー建設に際してもデザインソーラーパネルを併せて設置したいとの評価をいただきました。

 
↑このページの先頭へ
 
トップページ 製品ラインナップ   DSPソリューション 会社概要 お問い合わせ
設置事例 デザインソーラーパネル(DSP)   無線LANアクセスポイント 企業コンセプト 資料請求
動画一覧 表札 銘板 避難標識 セキュリティカメラ アクセス  
  標識 公園看板 工事看板 見守りシステム 採用  
  街灯 時計 LEDブロック 情報発信 ニュースリリース  
        遭難防止システム メディア掲載  
  CDSP ライトパネル LEDボード データ収集    
 
エコフューチャー株式会社 エコフューチャー株式会社
Copyright (C) 2010 EcoFuture Co., Ltd. All Rights Reserved.