エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

【夜間に自動点灯】自発光型のソーラー式工事注意看板

 

ソーラーパネル内蔵のLED工事看板

 

目次

役割と問題 DSP工事注意看板 特徴 使用条件 用途 メニュー
 
デザインソーラーパネル工事注意看板とは

製品内部に搭載した太陽電池により、自ら発電を行う「電源不要のコードレスLED工事注意看板」です。夜間においても、表示内容のライトアップにより、一般通行者に対して「工事に関する注意を促す」役割を果たします。外部電源および配線類が一切不要という特徴をもち、24時間視認性を確保することが可能な工事注意案内を簡単にご導入いただけます。

 
全面発光の工事注意看板で、夜間帯も通行者の安全を確保!

 

デザインソーラーパネルとは
点灯の様子
  • 周囲が暗くなると、センサーが感知して自動的に照明を発光し、表示面を明るく照らし出します

  • 日没後でもはっきりと見やすい誘導案内を行うことで、夜間における通行者の安全に配慮します

  • 太陽電池が看板の内部に内蔵されているため、配線類が無く、運搬や設置が簡単です

 

お見積り・資料のご請求

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

工事注意看板の役割と問題点

反射材を利用した工事注意看板

現在、工事現場の注意を知らせる表示板としては「反射材」を用いた看板が多く使用されています。反射材とは、自動車や自転車のライトから受けた光をそのまま光源にはね返す性質をもった素材であり、表示内容を明るく鮮明に映し出す特徴をもちます。電源の確保が不要であり、設置のみで使用できる手軽さが大きなメリットとなっていますが、照明機器を持たない歩行者は看板を見落としてしまうことも少なくありません。工事現場周囲は危険を伴うことがあるため、案内掲示の改善が求められています。


他方で、工事現場に発電機やバッテリーが備えられている場合は、有線接続にて照明器具が用いられています。照明によるライトアップが可能となれば、コストは掛かるものの、万人に対して看板の視認性を向上することができます。電源の確保が難しい場合は、電池式やソーラー式の照明器具が用いられますが、バッテリー交換の手間や発電量の小ささといった問題を抱えています。

↑このページの先頭へ

外部電源不要・コードレスで点灯する工事注意看板

デザインソーラーパネル(DSP)

デザインソーラーパネル工事注意看板の構造

デザインソーラーパネル(DSP)とは:製品内蔵の太陽電池により、独自のエネルギー生成システムを備えた「コードレスLED工事注意看板」です。蓄えた電力を用いて夜間に照明を点灯することで、1日を通して工事注意喚起の視認性を確保します。

 
デザインソーラーパネル工事注意看板の機能
電源不要で光る工事注意看板の機能
  • 「発電機能」と「意匠性」を共に高めた構造を有する、自己完結型の内照式看板です

  • センサーおよび制御装置により、照明のON/OFFを自動的に管理しています

  • 作業時間外が無人になる工事現場でも活躍します

 
メリット

歩行者が見やすい内照式の工事注意看板

 

歩行者に対して工事の注意を喚起!

  • アクリル導光板の機能により全面を均一の明るさで発光します

  • 遠方からでも確認しやすい仕組みとなっています

設置面積を抑えたコードレス仕様

 

設置面積を抑えたコードレス仕様

通行を阻害せず安全性を確保!

  • 電力発電を行うソーラーパネル、配線コード、照明器具類などがすべて看板内に搭載されています

二酸化炭素の排出を抑制したクリーンエネルギーの活用

 

二酸化炭素の排出を抑制したクリーンエネルギーの活用

自然エネルギーを活用した発電!

  • 再生可能エネルギーである太陽光発電を用いて照明用の消費電力を賄います

  • 二酸化炭素を排出せず、クリーン化を促進することが可能です

 

詳細情報と資料のダウンロード

メリット一覧
資料のダウンロード
お問い合わせ
お電話 : 0797-91-2500 |
 FAX : 050-3737-4651 |
 メール : info@ecofuture.co.jp
 
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル工事注意看板の特徴

案内の見落としを防ぎ、工事現場への誤侵入を防止
工事現場への侵入を防止   夜間に光る工事注意看板   安全保安案内

 

デザインソーラーパネル工事注意看板は、夜間照明用の外部電源を確保する必要がないため、主に歩行者を対象として、工事現場への誤侵入を防止するための注意喚起が可能です。夜間帯における案内の見落としを防ぎ、周辺住民や通行人の安全に貢献します。また、配線類が製品外に出ないので、移動や通行を妨げる心配もありません。

 
照明を持たない歩行者に対する安全な誘導

歩行者の誘導案内

工事現場の周囲は、交通規制や仮設道が敷かれるケースも少なくありません。その場合は工事注意喚起と併せて「誘導案内」を行う必要があります。デザインソーラーパネルはスポット照明と異なり、導光板によって全面が発光する仕様となっているため、遠方からでも表示内容を確認しやすく、事故の防止に繋げることが可能です。

↑このページの先頭へ

設置事例

ホンジュラス共和国様

ホンジュラス共和国様

ホンジュラス共和国内の地滑り災害を予防する工事において、周囲への注意喚起として看板をご導入いただきました。「HOMBRES TRABAJANDO」は、スペイン語で「工事中」の意味を示します。付近に電力源が無い場所でも問題なく活用することができ、長期の工事にも適していると評価をいただきました。

↑このページの先頭へ
新しい用途での工事注意看板活用
新しい用途での工事注意看板活用

デザインソーラーパネルが発電した電力を電子機器へ供給することで、工事注意看板に機能性を加えられます。従来とは異なる「電源を備えた看板」の利用により、安全・保安サービスなどの提供が可能となり、新しい価値を生み出します。

DSPソリューション
 
用途例1:パトランプ・ブザーの作動
パトランプ・ブザーの作動
  • センサーにより「人の通行」をキャッチして、パトランプやブザーを作動します

  • 視覚および聴覚に直接訴えかける表現により、工事に関する注意を喚起します

  • デザインソーラーパネルからそれぞれの部品/センサー類へ、電力供給を行うことが可能です

 
用途例2:工事情報を発信
工事情報を発信
  • ビーコンや可視光通信を備え付けることで、通行人が所有するスマートフォンに対して電子情報を発信できます

  • 工事の詳細内容や期間といった情報を通知でき、社会的役割を果たすためサポートとして役立ちます

↑このページの先頭へ
デザインソーラーパネル工事注意看板の使用条件
デザインソーラーパネル工事注意看板の使用条件
点灯時間の例

点灯時間

3〜15時間/日(任意設定)

無日照対応日数

〜5日間(満充電・12時間発光/日)

推奨受光時間

晴れ日に2〜3時間以上

設置の方角

東西南 ※北面設置の場合は別途ご相談ください

 

※できるだけ建物や木などの影に入らない(日照時間が長い)場所をお選びください
※使用条件を満たすことができない場合、「AC電源仕様」のオプションも承っております
※北向きで推奨受光時間を満たすことができない場合、ソーラーパネルを別途設置する「セパレート仕様」のオプションも承っております

 

「晴れの日に2〜3時間以上直射日光が当たる場所」へご設置ください。5日間無日照(雨や雪など)が続いたとしても、2〜3日程度晴天の日があればバッテリー満充電の状態まで回復することが可能です。
※設置環境や天候にて異なる場合がありますので、ご注意ください
※発電シミュレーションの詳細はこちらをご参照ください

 

↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル工事看板の用途例

工事注意
工事注意
交通誘導
交通誘導
立ち入り禁止
立ち入り禁止
危険・警告
危険・警告
仮囲い・ゲート
仮囲い・ゲート
安全保安
安全保安
仮歩道
仮歩道
車両規制
車両規制
↑このページの先頭へ
工事看板ラインナップ
大きさから選ぶ(彫刻面板) ※単位:mm
SLB-S04
SLB-S04

387*387*D40

SLB-S6036
SLB-S10040

634*379*D40

SLB-S10040
SLB-S10040

1027*447*D40

大きさから選ぶ(印刷面板) ※単位:mm
SLB-S04C
SLB-S04C

387*387*D40

SLB-S6036C
SLB-S6036C

634*379*D40

SLB-S10040C
SLB-S10040C

1027*447*D40

メニュー

デザインソーラーパネル工事注意看板
に関するお問い合わせ

無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

↑このページの先頭へ