エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

防災公園

 

ソーラーパネル内蔵のLED公園看板

目次

防災公園とは 機能 現状と問題点 問題解決 用途 メニュー
 
防災公園とは

防災公園の役割

防災公園とは、地域の災害避難を目的として設計された都市公園や緩衝緑地をいいます。非常時の防災拠点としての役割を担っており、安全対策を向上するための整備が敷かれています。人口が密集する都市部においては、震災および二次災害の火災が発生すると、避難所に人が集中しパンク状態になる恐れがあります。こうした中、防災関連施設と連携して被災者を受け入れる体制を構築できる点において、防災公園が災害時に果たす役割は非常に大きいと言えます。

防災公園に求められる機能

防災公園に求められる機能

 

広域避難場所として
広域避難場所は、「地震などによる火災が延焼拡大して地域全体が危険になったとき」に避難できる場所として定義されています。火災の輻射熱から身体を守るためにおよそ10ヘクタール以上の敷地が必要とされています。広大な敷地を有する場合は、救援や輸送を行うためのヘリポートや仮設住宅を備えるケースもあります。また、防災用の備蓄倉庫および非常用トイレ、かまどベンチを有し、一時的な生活に対応しています。

 

一次避難所として
災害時の危険を回避するために限定的に避難する場所をいいます。待機する場所として設定されているため、長期にわたって避難生活を行うなどには適していません。一次避難所から避難拠点を目指すケースも多いため、経路案内マップなどの設備が必要となります。自治体の位置づけにより異なりますが、備蓄倉庫や非常用トイレなどの整備が行われておらず、設備面で一般的な公園と差がない場合もあります。

 

緩衝緑地として
緩衝緑地とは、一般市街地への大気汚染、騒音、振動、悪臭等の公害の防止を目的とした分離遮断地帯をいいます。コンビナート地帯など、公害や災害を生じさせる恐れがある場所と市街地を遮断する機能を備えます。

 

平常時において
広大な敷地を生かした運動・レクリエーション施設や地域コミュニティの拠点となるよう、一般的な公園としての機能が求められます。平常時の利用機能に関しては、各自治体ごとに様々なサービスの提供が行われています。
↑このページの先頭へ

防災公園の現状と問題点

防災公園の現状と問題点

防災公園は防災拠点として補助対象ともなり、全国に普及が進められています。そうした中で、早急に解決すべき問題として以下のようなポイントが挙げられています。
トイレ問題
過去の災害において、避難所生活で最も不便に感じると指摘されている事柄のひとつが排泄に関する問題です。防災公園では、非常用トイレや持ち運びが可能な簡易トイレが備えられていますが、数が足りなくなる恐れが大きいとされています。断水の場合は通常のトイレが使用不可となるため、浄化槽の設置が必要となるものの、電力の使用が前提であったり、収容人数を換算して大型のタイプを使用しなければならず、システムの規模が大きくなりすぎ導入費用が膨れ上がってしまいます。

 

電力問題
大きな災害が発生した際、電力インフラが途絶えてしまう可能性は非常に高いとされています。大雨や台風で河川氾濫が発生した場合など、漏電事故を防止するため意図的に電力供給をストップするケースもあります。電力が使用できなくなると、通信の不通や照明(信号機などを含む)の不点灯が大きな問題となります。例えば、通話やインターネットの接続に影響を及ぼす恐れがあり、情報収集・安否確認といった災害時の緊急手段の遅延に繋がります。また、照明が使用できなくなると、交通機関の麻痺に加えて夜間の安全が失われてしまいます。周囲に灯りが無い状況は、被災者の精神面に悪影響を及ぼす危険もあります。

 

認知不足
防災公園をはじめ避難場所の情報は各自治体から公開されていますが、認知面での課題があります。広告・PRに大きな費用を投じるのが困難であることも多く、住民の防災意識が低い場合は情報が上手く浸透しません。また、土地勘に疎い旅行者やビジター、外国人にとっては防災公園の存在すら知らないケースも珍しくないため、突然の避難行動であっても対応できるような「分かりやすい防災整備」が求められます。
↑このページの先頭へ

問題解決とこれからの防災公園

問題解決とこれからの防災公園

 

防災公園は、地域社会と密接に結び付いた存在になり、日常的な利用が促進され、親しまれることが重要です。地域コミュニティが失われつつある中で、災害発生時にだけ助け合うというのは現実的ではありません。防災公園を利用した地域コミュニティの形成については、各自治体から様々なアイデアが出されています。祭事やバザーなど自治の催しをはじめ、避難訓練の実施、スポーツイベントといった住民同士が触れ合う機会の提供が進められています。


また、防災公園の設備についても、更なる機能性の向上が求められます。例えば、非常用電源を普及させ、被災者を分散することで1拠点への集中による混雑を解消したり、インターネット基地局や固定電話などの設置により通信の信頼度を高めることなどが挙げられます。防災公園への誘導案内に関しては、ハザードマップの他、市街地に看板やマップ、標識を設置するなどのインフラ整備により改善が可能です。
↑このページの先頭へ

デザインソーラーパネル公園看板の用途例

地図・マップ
地図・マップ
指示・注意書き
指示・注意書き
観光案内
観光案内
喫煙所
喫煙所
トイレ
トイレ
壁面緑化
壁面緑化
立ち入り禁止
立ち入り禁止
防災・避難
防災・避難
↑このページの先頭へ

ラインナップ:公園看板

大きさから選ぶ(彫刻面板)
SLB-S04
SLB-S04

W360*H360*D37mm

SLB-S6036
SLB-S10040

W607*H352*D37mm

SLB-S10040
SLB-S10040

W1000*H420*D37mm

大きさから選ぶ(印刷面板)
SLB-S04C
SLB-S04C

W360*H360*D37mm

SLB-S6036C
SLB-S6036C

W607*H352*D37mm

SLB-S10040C
SLB-S10040C

W1000*H420*D37mm

サイン・看板への組み込み
SLB-
S005-KU
SLB-S01C-KU
SLB-
S01/C-KU
SLB-S04C-KU
SLB-
S04/C-KU
SLB-S6306C-KU
メニュー:公園看板
デザインソーラーパネル公園看板
に関するお問い合わせ
無料お見積りはこちら
資料のご請求はこちら

 

WEBでのお問い合わせ

↑このページの先頭へ