エコフューチャー株式会社

ソーラーパネル内蔵型LEDバス停標識

 
太陽電池内蔵型コードレスLED標識

表示板の内部にソーラーパネルを搭載した「夜間に発光するコードレスLEDバス停標識」です。バス停の名称から時刻表、広告まで多様な表示内容に対応しており、日没後も視認性を維持できます。標識が独自の発電機能を備えており、電源確保や電気・配線工事が困難な場所でも設置作業のみで簡単に導入いただけます。

 
電源不要で光るソーラーパネル内蔵型バス停標識
 
彫刻面板
 
印刷面板
 

周囲が暗くなると、明るさを感知するセンサーが稼働し自動的にLEDを点灯させます。制御装置により、有人管理が困難なバス停においても余計なコストを掛けることなく自動で照明をコントロールします。

DSPの特徴を動画で確認
 
バス停の整備と現状
 
バス停標識の整備

バスターミナルなど複数バス路線の発着点とされている停留所では、商業施設をはじめ様々な設備が整えられており、利用者の満足度も高くなっています。一方、街中を離れた郊外のバス停では、電源が敷かれていなかったり照明さえ備わっていないケースも多く存在しており、周囲が暗くなると案内板や時刻表の確認に困難が伴ってしまいます。

 

利用者が安心してバスに乗車できることはもちろん、より快適にサービスを享受してもらうためには、停留所における各種設備を整えて利便性を高め、誰もが気軽にアクセスできるような環境づくりが必要となります。

 
公共交通機関における標識の問題点
 
公共交通機関標識の問題点

昨今、外国人をはじめとした訪日旅行者やビジターが急激に増加している中で、交通インフラ整備の改善が重視されています。 主要都市だけでなく、ローカルの駅や空港、バス停などでも多言語表記が進み、利用者の利便性向上が図られています。

 

標識の場合は、言語が分からない外国人のために、各国共通の「ユニバーサルデザイン」をピクトグラムとして用いたり「多言語表記」の原則に基づき、英語や中国語を追記するといった施策が求められています。

 
夜間における案内板や目印の視認性
 
夜間におけるバス停標識の視認性

人のアクセスが集中する都市部ではインフラ整備の改善が以前から進められています。一方で、地方の観光地などでは旧来の標識・案内板がそのまま使用されているケースも多く、外国人旅行客のアクセス向上には課題が残されています。

 

また、日本は治安が良いため、夜間開催のイベントや夜景観賞など日没後の観光も活発に行われます。しかし、周囲が暗くなってしまうので案内板などの目印が見えなくなり、現在地を見失い帰り道を探して困惑するといったトラブルが発生しています。

 

電源不要・コードレスで光るバス停標識

 
デザインソーラーパネル バス停標識
 
バス停標識の構造

デザインソーラーパネル(DSP)とは、内蔵の太陽電池が発電した電力を用いて夜間にLED照明を点灯させるバス停標識です。スタンドアローン仕様で終日を通して視認性を確保できる「ソーラーパネル内蔵のコードレスLED表示板」です。

 
デザインソーラーパネル バス停標識の機能
光る標識の機能

標識に内蔵された太陽電池が日中の太陽光で発電し、生成したエネルギーをバッテリーに蓄電します。夜になると蓄えた電力でバス停標識が明るく発光します。

 
デザインソーラーパネル バス停標識のメリット
 
電気工事および配線不要で夜間に発光
    電気工事および配線不要で夜間に発光
容易にバス停の視認性改善が可能!

郊外や山林道といった電力の融通が困難な環境でも、新規に工事を施すことなくバス停をリニューアルできます。

 
 
景観への配慮と省スペース化を実現
    景観への配慮と省スペース化を実現
標識とソーラーパネルを一体化した構造!

太陽電池の露出を抑えた外観構造により、バス停を含む周囲の景観に配慮した導入が可能です。

 
 
サインスタンドとの組み合わせ
    サインスタンドとの組み合わせ
利用者に対して複合的な情報を提供!

バス停のサインスタンドにデザインソーラーパネルを組み込むことで、電子機器への電力供給を行ったり、多様な情報を一体的に発信できます。

 
電源不要で光るバス停標識の詳細
 
メリット一覧   資料のダウンロード   お問い合わせ
 

デザインソーラーパネル バス停標識の特徴

 
バス停標識における各種情報発信を明るく鮮明に
 
バス停の情報を明るく表示   町なかで光るバス停

デザインソーラーパネルの設置により、電力の確保が困難なバス停でも標識や時刻表の点灯表示が可能となります。また、夜間帯の照明は視認性の向上といったメリットだけでなく犯罪行為の抑止にも繋がるため、地域の安心・安全にも寄与できます。バス停の機能性を高め、同時に利用者や近隣住民に寄り添った公共性の高いインフラ整備を実現します。

 
サインシステムや独立スタンドへの組込み
 
サインシステムへの組込み   山間部で光るバス停

サインシステムや独立スタンドへの組込みにより、バス停における情報(時刻表や広告など)の複合的な表示が可能となります。黒く機械的な外観の太陽光パネルを外部に出さない特殊な製品デザインとなっており、周囲の景観を阻害しない自然な設置を実現します。筐体サイズや表示内容など、お客様のご要望に応じたご提案を行っています。

 
取付けと維持管理の容易さ
 
取付けと維持管理の容易さ
 

外部電源が不要であるため、導入の際にかかる電気工事や配線工事を省略することができます。また、バッテリーには市販のニッケル水素単三蓄電池を採用(交換頻度の目安:5年毎)しており、通常の電池交換と同じ方法で簡単にメンテナンスを行っていただけます。

 
バス停への無線LANスポットの導入
 
バス停と無線LAN

デザインソーラーパネルが発電した電力を使用し、公衆無線LANスポットを稼動させる機能の付加も可能です。外国人観光客など、国内の通信に制限がある場合でも、バス停においてインターネットを利用できるようになります。
※3G/格安SIMなどの通信サービスを利用し、回線設備を整えることもできます

 

新しい用途でのバス停標識活用

 
新しい用途でのバス停標識活用
 

デザインソーラーパネルの電力をセンサーや通信機器などの動力源とすることで、従来まで実現できなかった新しい用途でのバス停活用が可能となります。

DSPソリューション
 
導入ケース1 バス停のデータ収集
 
バス停のデータ収集

デザインソーラーパネルを搭載したバス停標識にカウント機能付きカメラを搭載することで、停留所を利用するユーザー情報を収集できます。カメラおよび通信機器に必要な電力を太陽光発電にて賄い、電気工事を施さず導入を容易にしています。入手したユーザー情報は、バスの効率的な運行や周辺観光地・商業施設と連携したサービス、コンサルティング業務など様々な場面で活躍します。

 
導入ケース2 時刻表の書き換え
 
時刻表の書き換え

デザインソーラーパネルを搭載したバス停標識に電子ペーパーを搭載することで、遠隔操作にて時刻表の変更が可能となります。表示物の張り替えにかかるコストの削減に繋がります。また、タイムリーな運行情報やニュース、広告などの表示により、停留所の付加価値を向上する多様なサービスの展開にもご活用いただけます。

 

デザインソーラーパネル標識の用途例

 
バス停
 
喫煙所
 
AED
バス停   喫煙所   AED
 
不法投棄
 
セキュリティ
 
車止め
不法投棄   監視カメラ   車止め
 
パーキング
 
鉄道
 
マップ・案内板
パーキング   鉄道   マップ・案内板
 

LED標識 ラインナップ

 
SLB-S04/C │ S6036/C │ S10040/C
DSP標識
 
メニュー
 
DSP標識   デザイン
 
設置事例   Q&A
 
取付け   安心保証とお客様サポート
 
お問い合わせフォーム WEBでのお問い合わせ
↑このページの先頭へ
 
トップページ 製品ラインナップ   DSPソリューション 会社概要 お問い合わせ
設置事例 デザインソーラーパネル(DSP)   無線LANアクセスポイント 企業コンセプト 資料請求
動画一覧 表札 銘板 避難標識 セキュリティカメラ アクセス  
  標識 公園看板 工事看板 見守りシステム 採用  
  街灯 時計 LEDブロック 情報発信 ニュースリリース  
        遭難防止システム メディア掲載  
  CDSP ライトパネル LEDボード データ収集    
 
エコフューチャー株式会社 エコフューチャー株式会社
Copyright (C) 2010 EcoFuture Co., Ltd. All Rights Reserved.