エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページ防災ラボ ≫ 災害に備える

災害に備える

地震や津波などの自然災害は前触れもなく突然やってきます。甚大な被害をもたらす自然災害ですが、日ごろからの備えによって、損害や危険性を軽減させることは十分に可能です。ここでは、予めご家庭で簡単にできる災害への備えについて記載しています。
目次

家の中での対策 家族の安否確認
 
災害から身を守るために

災害から身を守るためには、事前の備えが重要となります。ここでの「備え」とは、避難生活に役立つアイテムやツールではなく、災害が発生した際の安全確保に対する事柄を指しています。予知が困難な震災を中心として、災害からの被害をなるべく減少させるための「事前にできる取り組み」をご紹介しています。

家の中での対策

災害に備える

 

家具の固定
震災の発生時、タンスや本棚などの家具が倒れてくることが予想され、とても危険です。特に、重くて背の高い家具は覆いかぶさられて圧死したり、ぶつかって大怪我をする恐れがあります。転倒の危険性がある家具は、基本的に壁や床に固定します。

 

家具の配置
睡眠中の災害に備えて、寝室や子ども部屋にはできるだけ家具を置かないようにします。必要な場合はなるべく小さい家具を選択するとともに、倒れた時にぶつかったり出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置に気を付けましょう。

 

タンス・食器棚など
タンスや食器棚といった重たくて大きい家具については、震災による揺れの影響を受けやすいため、床側をストッパーなどで固定し、天井側はポール式器具などで固定します。棚の上には重たい物を置かないようにしましょう。食器棚の扉が開くと中のガラスや食器などが落ちて割れ、床に散乱してしまう危険がありますので、留め具などで揺れが発生しても勝手に開かないようにします。

 

テレビなどの家電製品
テレビや電子レンジなどの家電製品については、震災による激しい揺れが起こると飛んできてぶつかる危険があります。市販の粘着マットや耐震テープなどを使用して床や台に固定するようにしましょう。

 

火元の処理
料理や暖房などで火を利用している場合は、火元を消して安全を確保します。台所に消火器を備えておくと良いでしょう。但し、津波が発生した場合や火事の勢いが強まっている場合など、緊急の避難を要する場面では無理に火を消そうとせず、身の安全を第一に考えて行動してください。

 

窓ガラス
ガラスが割れて床に散らばると、足を怪我してしまい危険です。物が当たっても割れないよう強化ガラスに替えたり、表面に飛散防止フィルムを張ると安全性が高まります。できれば、部屋内にスリッパや安全対策の靴を用意しておくと便利です。

 

家屋の補強
大雨や台風の場合、屋根の損壊や家屋に飛翔物が当たるなど、大きなダメージを受けることが予想されます。こうした災害は、事前に天気予報などで勢力や到達時間などを確認できますので、事前に補強を行うなどの対策をしておくことで被害を抑えられます。

 

家族の安否確認
家族が別々に暮らしているときに災害が発生した場合、電話が繋がり難くなったり、インフラの損壊などが予測され安否確認が取り難くなる恐れがあります。お互いの安否を確認できるよう、普段から安否確認の方法や集合場所などを事前に話し合っておくことが大切です。
↑このページの先頭へ

防災ラボ:メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED避難標識

 

災害への備えに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ