エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページ防災ラボ ≫ JIS規格災害避難誘導デザイン

JIS規格災害避難誘導デザイン

JIS規格災害避難誘導デザイン

避難誘導デザインにおけるJIS規格

平成28年に経済産業省から「JISZ8210 案内用図記号改正」および「JISZ9098 災害避難誘導標識システム制定」が発表されました。このページでは、災害発生時の避難誘導デザインにおけるJIS規格について説明しています。

 
JISZ8210 案内用図記号

JISZ8210は災害避難のためのピクトサイン規格ですが、地域住民だけでなく観光客の利用も視野に入れた誘導案内を可能にするため、災害種別を表す図記号等が追加されました。その内容は「洪水 / 内水氾濫」「土石流」「津波 / 高潮」「崖崩れ・地滑り」「大規模な火事」および注意図記号である「土石流注意」「崖崩れ・地滑り注意」の7つとなっています。(※ピクトサインの詳細は防災用ピクトグラムをご参照ください)
こうした図記号は、JISZ9098でも記載されている通り、避難所の場所や名称、距離などを示した情報と組み合わせた形での表示を想定しています。

JISZ9098 災害避難誘導標識システム

JISZ9098 災害避難誘導標識システム

JISZ9098では、災害避難誘導のデザインに関して含まれるべき情報の規定と避難場所に至る道のりへの設置方法が規定されています。災害避難誘導デザインについては、災害種別の注意図記号や避難場所図記号が定められており、ピクトサインを見ただけで避難情報が認識できるようになっています。(英語表記はこちらをご参照ください)

 

災害避難誘導標識システム

※組み合わせた形の災害避難誘導デザインは下記のような形となります。

組み合わせデザイン   組み合わせデザイン
出典:内閣府「災害種別図記号による避難場所表示の標準化の取組に関する通知」平成28年3月

 

↑このページの先頭へ

追加分のJIS規格ピクトグラム

洪水 / 内水氾濫

洪水は、大雨などによって河川から水が溢れ出し、陸地へ浸水していく災害です。日本では、大規模な台風や集中豪雨による堤防の破堤から洪水被害が多く発生していましたが、河川の堤防整備が進んだことによって降雨による洪水は減少したとされています。


内水とは、堤防で守られた「人が住む土地」にある水をいいます。雨水の量が都市の処理能力を超えると内水氾濫が発生するとされており、排水用の水路などが水位を増して浸水してしまうケースが多くあります。


近年では、ゲリラ豪雨など局地的な大雨が多発している影響もあり、内水氾濫による被害が日本各地で増えています。内水氾濫は比較的ゆっくりとした動きであるため、避難指示の誘導に従って行動をすることで生命の危機は回避しやすくなっています。


一方、浸水は家屋や機器などに悪影響を及ぼす危険が高く、経済的に大きなダメージを与える可能性があります。住宅様式や都市開発といった要因が被害の影響を左右するため、個別の対策には限度があるとされています。


緊急的な回避方法として、短時間大雨情報が発表された際に家具や電子機器などを2階以上若しくは高い位置に避難させたり、なるべく頑丈な建物に移動するといった行動が求められます。

 

土石流

土石流とは、土砂が雨水や地下水に混ざって河川を流下する災害をいいます。主に、渓流内に堆積している土砂が豪雨による多量出水のはたらきで流動化し、流れ落ちることによって発生します。


台風や大雨、地震といった災害の影響で引き起こされ、その予兆としては、山鳴りや川水の濁りなどが挙げられます。日本国内では特に、九州・中国地方に多く発生しており、ゲリラ豪雨の頻発や火山灰などの脆い地層が原因とされています。


土石流は流れが早いため、災害が起こってから逃げるのは困難です。つまり、対策としては土石流を発生させないための施策が必要となります。具体的には、砂防のダムの作成または流れる力を拡散させる形状の整備などが挙げられます。


しかし、これらは国や自治体の取り組みとなるため、個人としての注意点としては、豪雨の際の早急な避難やできるだけ山に近づかないといった行動が重要です。

 

津波 / 高潮

津波と高潮はいずれも沿岸部を襲う水害ですが、その性質が異なっています。津波は大規模な地震などによって引き起こされる海底から海面までの海水全体の動きをいいます。波長がとても長く、波の山が見えるわけではないため、沖では津波を感じることがないとされています。


一方、高潮は発達した低気圧の影響により強風で高波が発生して海面の高度が高くなる現象をいいます。高潮は波長が短いため、沿岸や沖で激しい波打ちが確認されます。


津波と高潮を比較して、危険度がより高いのは津波です。2011年に発生した東日本大震災や2004年のスマトラ沖地震の津波により人々の生命や生活に大きな被害を与えたことは記憶に新しいことと思います。津波は海岸を超えて陸上や河川を逆流しながら進行しますが、その流れが非常に早く、周囲を飲み込みながら建物や道路を破壊していきます。


津波や高潮の対策には、堤防や避難タワーの建設といったインフラ設備が挙げられますが、日常からの啓もう活動が重要とされています。例えば、自治体が公表しているハザードマップを確認して避難ルートを覚えておいたり、避難所の位置を確認しておき、いざという時に1秒でも早い避難行動に繋げられるようにします。

 

崖崩れ / 地滑り

崖崩れとは、台地の急斜面から土砂が崩れ落ちる現象をいいます。降雨により地面に水分が染み込むことで地層が緩んでしまい崩れることが原因とされます。また、地震の影響により崖崩れが生じる危険もあるため、とっさの避難が困難な災害です。


崖崩れの予兆としては、崖から水分が流れ出したり、小石が落ちる、ひび割れが発生するといったものがあります。こうした要因が確認された場合は災害を警戒し、安全な場所への移動が求められます。


地滑りは、緩い斜面においてゆっくりと土砂が移動する現象です。主な原因は地下水の増加とされています。地盤の土塊が緩み、大雨や雪解けなどの影響で広範囲に広がりながら、下流にある家屋などを巻き込み流れ落ちます。


地滑りにも、地面のひび割れや陥没、地鳴りといった予兆があるため、雪解けの季節や豪雨の際には注意深く観察する必要があります。
↑このページの先頭へ

防災ラボ:メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED避難標識

 

JIS規格災害避難誘導デザインに関する
お悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ