エコフューチャー株式会社

 

トップページ
製品ラインナップ
設置事例
ソリューション
お問い合わせ
会社概要

トップページ防災ラボ ≫ 防災サインの外国語表記

防災サインの英語表記

防災標識デザイン

目次

避難場所の英語表記 マップの英字表記
 
外国語表記の注意点

訪日外国人旅行客の増加に伴って、公共性の高い看板や標識を作成する際は、日本語に併せて外国語表記を記載することが一般的なルールとなりました。一方で、外国語表記に明確な表示規定はなく、各自治体において内容が異なっています。ここでは、防災サインで多く用いられる英語表記について紹介しています。

訪日外国人への配慮

訪日外国人への配慮

 

避難所には、その用途に応じて複数の種類が存在します。日本語が分かる場合は表示板や案内板の意味を正しく理解することができますが、外国人旅行者など言葉に対する壁がある方々には言語サポートが必要となります。


一般的に多く用いられる言語としては「英語」「中国語」「韓国語」が挙げられます。重要性が高い英語に関してはJIS規格などでも記載が求められています。防災関連の表示板であること、避難所の種類、避難先の名称といった項目に外国語が記されます。


防災関連の外国語は普段触れる機会が少ないことに加えて、日本語と外国語で表現のニュアンスに微妙な差が生じる可能性があります。単に直訳するのではなく、JIS規格での推奨例や海外での表示内容を参考にすることも方法のひとつです。
↑このページの先頭へ

防災サインに用いられる英語表記

防災サインに用いられる外国語表記

 

一時避難場所
一時避難場所は、災害が発生した場合に緊急的に逃げ込む場所となっています。英語では「Temporary Evacuation Shelter(Site)」や「Temporary Gathering Location」といった表記が用いられています。但し、「evacuation」は、そこから退去させるべき地域という意味も含んでいるため、避難の意味をもつ「refuge」や集まる地点という意味の「gather」を使用する場合もあります。

 

広域避難場所
広域避難場所は、10ヘクタール以上の土地をもつ大規模の避難場所をいいますが、避難生活をする場所としての機能は備えていません。緊急避難場所とも呼ばれ「Evacuation Area(Site)」や「Designated Refuge Area」「Emergency Assembly Area」などの表記が使用されています。公園など屋外の大規模施設が主であることから「Area」がよく用いられます。

 

避難所
避難所とは、別称「指定避難所」とも呼ばれ、避難生活をする場所としての機能を備えます。多くの場合「Evacuation Shelter」や「Emergency Shelter」「Refuge Shelter」と記載されます。「Shelter」は収容所や建物といった意味合いをもつため、防災設備を備えた避難所などに多く併記されます。

 

避難経路
避難経路とは、最短又は安全に到着できる指定避難場所への誘導を促すルートをいいます。各種避難場所へ向かうための「経路案内」であることを記す「Evacuation Route」の英字表記が多く使用されます。経路案内では、視覚的な情報として矢印や表示板からの距離情報も併せて記されます。

 

対象となる災害
避難の対象となる災害の種類についても、英字表記が求められます。例えば、水害の一種である洪水は「Flood from rivers」、内水氾濫は「Flood from inland waters」と表記されます。その他、土石流は「Debris flow」、崖崩れ・地滑りは「Steep slope failure, landslide」、津波は「Tsunami」、火事は「Fire disasters」と表記されます。
↑このページの先頭へ

防災マップに用いられる外国語表記

津波避難情報標識

防災パンフレットには指定区域内の避難場所が記載されており、多くの場合、外国人の方にも理解できるよう言語フォローが行われています。緊急時の対処や行動、連絡先といった具体的な内容が掲載されていることもあり、いざという時の必需品となります。


また、屋外に整備されている防災マップは、主に避難場所へのルートを示すために活用されています。緊急時は一刻の時間を争うこともあり、一秒でも早く安全な場所へたどり着けるように経路を誘導します。避難所のピクトサインや矢印にはJIS規格などの一般化されたデザインを採用し、各地点には外国語表記を備えておく必要があります。
↑このページの先頭へ

防災ラボ:メニュー

ソーラーパネル内蔵のコードレスLED避難標識

 

防災サインの英語表記に関するお悩みやご相談はこちら

お問い合わせフォーム

↑このページの先頭へ